Topics トピックス

カンボジアへの入国制限の改定について(2022年3月17日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement (Effective from 17 March, 2022)

この度カンボジア保健省より、入国制限の改定について発表がございました。

 

要点は以下の通りとなります。

  1.  カンボジアへの出発72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出が必要なくなりました。
  2.  カンボジア到着時の抗原検査が実施されなくなりました。
  3.  アライバルビザ(カンボジア入国時:空港等で申請するビザ)の発給が再開されます。
  4.  新型コロナ対応の医療保険に加入し、加入証明書を持参してください。

注1)1.につきましては、カンボジア入国時のPCR検査陰性証明書の提示は撤廃されましたが、日本出国時及び経由地での取り扱いは確認できておりません。ご利用になる航空会社等に各自お問い合わせをお願いいたします。
注2)既に新型コロナ対応の医療保険に加入されている方は、新規で加入していただく必要はございません。

 

なお、接種が2回完了されている方(最終接種から2週間以上経過の必要あり)は、従来通り接種された地方自治体発行の接種証明書(英文)をご用意ください。

 

また、発表には、「到着時のPCR検査陰性証明書の提出と抗原検査は撤廃されるが、カンボジア政府としては、渡航者自身で抗原検査を実施しコロナウィルスに感染していないことを確認して欲しい」との意向が記されておりました。

 

詳細情報が追加されましたら、随時HP上でお知らせいたします。

 

 

The Ministry of Health of Cambodia has announced the revision of the entry restrictions.

The main points are as follows

– A negative PCR test certificate within 72 hours of departure to Cambodia is no longer required.
– Antigen testing upon arrival in Cambodia is no longer required.
– Arrival visas (upon entry into Cambodia: visa to be applied for at the airport, etc.) will resume being issued.
– Please purchase medical insurance covering COVID-19 and bring the certificate of coverage with you.

【Note 1】 As for 1., the requirement to present a negative PCR test certificate upon entry into Cambodia has been eliminated; however, we have not been able to confirm how this is handled at the time of departure from Japan and at transit points.
Please contact your airline.
【Note 2】Those who already have medical insurance for COVID-19 do not need to purchase new insurance.

 

For those who have already been vaccinated twice (more than two weeks must have passed since the last vaccination), please have the vaccination certificate (in English) issued by the local government where you were vaccinated.

 

The announcement also stated that “the submission of a negative PCR test certificate and antigen test upon arrival will be eliminated, but the Cambodian government would like travelers to conduct their own antigen test to confirm that they are not infected with the coronavirus.”

 

We will update more detailed information as soon as it becomes available.

 

 

3月3日 ひな祭り ー クメールスタイル

Photo credit: Banjureth Art Facebook.

 

今日はひな祭りです。ひな祭りに、ひな人形を飾るお家も多いのではないでしょうか?

 

カンボジアにひな祭りのような行事はありませんが、なんとクメール伝統衣装をまとったバービー人形を作る職人がいらっしゃいます。シェムリアップ出身のデザイナー、Cheab Sibora氏です。

 

写真:クメール伝統衣装のバービー人形のデザイナー、Cheab Sibora氏。Photo credit: Banjureth Art Facebook.

 

Cheab Sibora氏は、多くの人にカンボジアの伝統文化や芸術、そしてクメールの歴史を知ってもらいたいと、2011年からバービー人形のためにクメール伝統衣装のデザインを始めたそうです。Cheab Sibora氏がデザインしたバービー人形は、クメール古典舞踊のアプサラ衣装や、カンボジア25州のご当地文化に触発された衣装などを着用しています。衣装の裁縫やアクセサリー製作は、すべて手作業で行われています。

Photo credit: Banjureth Art Facebook.

 

Cheab Sibora氏のクメールスタイルバービー人形は、非常に精巧で独創的な工芸品ですので、カンボジア国内外でとても人気が高いようです。ちなみに、これらのバービー人形は一体$30~$50(約3500円~6000円)で販売されているそうです。現在、商品の購入・配送は、カンボジア国内のみとなっています。購入に興味がおありの方は、下記公式フェイスブックページにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか(英語対応のみ)。

Banjueth Art:https://www.facebook.com/Apsara.Barbie/?ref=page_internal

 

ちなみに、今日カンボジアは、「ナショナル・カルチャー・デー(National Culture Day)」です。今年は、「Youth for National Culture(カンボジア文化における若者の役割)」というテーマが掲げられています。カンボジアは、歴史と文化が非常に豊かな国です。カンボジアの伝統文化と芸術を広く世界に伝えるためにも、Cheab Sibora氏のような、古くからの文化と新鮮な感性をミックスさせる才能を持った、若いアーティストの力が必要だと思います。

 


参考文献・Reference:

  • Khmer Times, “Creation and Preservation of National Identity Encouraged for National Culture Day” by Tith Kongnov, 23 February 2022, https://www.khmertimeskh.com/501030000/creation-and-preservation-of-national-identity-encouraged-for-national-culture-day/
  • Phnom Penh Post, “The Cambodian Designer Making Barbie Dolls in Traditional Costume” by Pann Rethea, 14 December 2018, https://www.phnompenhpost.com/post-life-arts-culture/cambodian-designer-making-barbie-dolls-traditional-costume
  • Khmer Times, Apsara Barbie Creator Spreads Khmer Culture One Doll At A Time” by Seng Solydeth, 26 September 2017, https://www.khmertimeskh.com/83422/apsara-barbie-creator-spreads-khmer-culture-one-doll-time/

 

日本アセアンセンター「カンボジアの最新の政治・経済事情」 開催のご案内

*********************************************************************************

【日  時】第2回:202239日(水)1500分~1600分(日本時間)

【会  場】オンライン Zoom

【講  演】カンボジア総合研究所 CEO/チーフエコノミスト 鈴木 博 氏

【主  催】国際機関 日本アセアンセンター

【対  象】ASEAN地域にご関心のある方

【言  語】日本語

【参 加 費】無料

【詳  細】https://www.asean.or.jp/ja/wp-content/uploads/sites/2/1_Cambodia_20220309.pdf

【申 込 み】https://data.asean.or.jp/form/seminar/app_seminar.aspx?id=65582785

【問 合 先】国際機関 日本アセアンセンター 貿易投資クラスター

Email: info_ti@asean.or.jp  TEL03-5402-8006