Topics トピックス

アンコール遺跡レゴモデル@大阪「PIECE OF PEACE」展覧会

2021年11月20日(土)から12月12日(日)まで、大阪・心斎橋のPARCOにて、「PIECE OF PEACE『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展 PART-4 FINAL」が開催されています。

 

「PIECE OF PEACE」展覧会といえば、各国の世界遺産の『レゴ®ブロック』作品展示がハイライトです。2003年に東京で始まり、日本国内や海外などを巡回し、世界中で約370万人が「PIECE OF PEACE」展示会を訪れたそうです。展示会は、世界遺産の保護活動を通じて、世界平和や環境保護に関する教育の促進を目的として、約18年間続いてきました。

 

今回「PIECE OF PEACE」展示では、カンボジア王国を代表する「アンコール」と「シンハ像・ナーガ像」の『レゴ®ブロック』作品を見ることができます。

「シンハ像・ナーガ像」は、今回が大阪における初展示となります!「PIECE OF PEACE」実行委員会は、2012年に日本ユネスコ協会連盟の「バイヨン寺院シンハ・ナーガ」彫像修復プロジェクトに寄付しました。その支援によって、2020年8月ついに「シンハ・ナーガ」彫像の修復が完了したのです!

 

もちろん、皆様に愛されている「アンコールワット」レゴモデルも展示されています!

 

大阪唯一の世界遺産「大仙陵古墳」レゴモデルも初展示です!

 

「PIECE OF PEACE」展覧会は今回が最終開催となりますので、是非この機会をお見逃しなく、イベント会場へ足を運んでみてください!海外旅行に行けなくても、「PIECE OF PEACE」展覧会で世界一周旅行と同じぐらい素敵な体験ができますよ!

 

「PIECE OF PEACE」展覧会詳細については、下記の公式サイトからご確認いただけます。

https://www.pofp.jp/exhibition/exhibition_osaka/

 


参考文献:

  • 公益財団法人 日本ユネスコ協会連盟、「バイヨン寺院ナーガ像・シンハ像彫像修復プロジェクト」、2020年10月26日、https://www.unesco.or.jp/activitiesitem/worldheritageitem/8136/

 

成城石井でカンボジアチキンカレー(レトルト)販売中

現在、スーパーマーケットの成城石井で【カンボジアチキンカリー・599円(税抜)】が販売されています。

【カンボジアチキンカリー】は、東京・池袋で中華料理店を経営されている、カンボジア出身のシェフの監修によって作られたレトルト食品です。なかなか日本ではカンボジアのカレーを食べる機会がありませんので、早速成城石井に足を運び、買ってみました!

 

カレーには、鶏肉のほかに、ジャガイモではなく、サツマイモ(珍しい!)が入っています。サツマイモに関係があるのかは分かりませんが、最初の一口は、とても甘い味がしました。しかし、辛味があとからやって来て、「辛っ!」と思いました。再度パッケージを確認したところ、大辛とのことでした・・・。ですので、辛さに弱い方には、少々キツイかもしれません。

 

【カンボジアチキンカリー】は未知の味がしたにもかかわらず、かなり美味しいと思いました。おうちで気軽に味わえるエスニック料理として、是非一度お試しください。※事前にお水の用意も忘れずに←これ、結構大事!

 

カンボジア難民の大富豪を題材にした映画「The Donut King (ドーナツキング)」が上映中

本日11月19日(金)より、大阪のシネ・リーブル梅田劇場にて、映画「The Donut King(ドーナツキング)」が上映されています。

 

「The Donut King(ドーナツキング)」は、70年代にカンボジア内戦からアメリカ・カリフォルニア州へ逃れたカンボジア難民のTed Ngoy(テッド・ノイ)氏についてのドキュメンタリー映画です。デット・ノイ氏は、アメリカ・カリフォルニア州で自らの力でドーナツ店を設立し、ドーナツの経営で大成功を収めたため、アメリカで多くの人に「ドーナツキング」と呼ばれるようになりました。また、ドーナツ店の経営を通じて、アメリカにいるカンボジア難民への雇用支援なども積極的に行っていたそうです。

 

テッド・ノイ氏のアメリカン・ドリームや難民から大富豪になった経緯などに興味を持たれた方は、是非映画「ドーナツキング」をご覧ください!

 

上映劇場やスケジュールの詳細については、下記「ドーナツキング」の公式サイトからご確認いただけます。

http://donutking-japan.com/

 

 

カンボジアへの入国制限の改定について (2021年11月15日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement (Effective from 15 Nov 2021)

標題につきまして、新しい情報を追加いたしました。詳細は下記のPDFをご確認ください。

【改定のポイント】

  • すべてのワクチン接種済渡航者は、カンボジア入国後、抗原検査(Antigen Rapid Test)を受検し、15分~20分間待機する必要があります。抗原検査の結果が陰性と判明した場合、隔離免除となります。
  • ビジネス活動でカンボジアへ渡航される方に求められていた、カンボジア政府設定の資格申請システム(Cambodia Data Exchange)から取得する支払い保証証明書・招へい証明書の空港での提出が不要となりました。

 

大阪市立中央図書館へクメール語絵本を寄贈いたしました

2021年11月2日(火)、山田名誉領事の代理として、当館の館長が大阪市立中央図書館へクメール語の絵本「រឿង:ម៉ាគឺជាសត្វអណ្ដើកមាស(翻訳:テントウムシのマーちゃん)」10冊を持参し、寄贈させていただきました。

(写真提供:大阪市立中央図書館)

大阪市立中央図書館には、日本語以外の多くの外国語(英語や中国語、タイ語など)の書籍が所蔵されています。しかし、クメール語の本は、まだなかったそうです!大阪市立中央図書館の利用者の皆様にクメール語の絵本に触れる機会を持っていただくため、今回は当館にあるクメール語の絵本を寄贈させていただきました。

 

カンボジア語の絵本を通じて、大阪府在住のあらゆる世代の方々に、クメール語やクメール文化、そしてカンボジアへの関心を持っていただければと思っております。

大阪市立中央図書館には、他にも様々なカンボジア関連の蔵書(小説や辞書、ガイドブックなど)がございます。「カンボジアについての本を探したい!」、または「カンボジアの本を読みたい!でもいきなり買うのはちょっと…」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度大阪市立中央図書館を訪ねてみてください。

 

今回の寄贈について、大阪市立図書館のホームページにも掲載していただきました。URLはこちらです↓。

https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=14418&comment_flag=1&block_id=510#_510

 

11月関西・カンボジア関連イベントのご案内

11月に関西で開催されるカンボジア関連のイベントを一気にご紹介いたします!

 

1)11月3日(水・祝): 「広陵町文化祭」@カンボジアパビリオン

  • 日時:10時~14時
  • 場所:カンボジアパビリオ・広陵町自治会館集会所(兵庫県神戸市北区広陵町2丁目28−2)
  • 内容:カンボジア関連の展示のみの開催

 

2)11月7日(日): NPO法人ま心「外国語講座(中国語&カンボジア語)」

 

3)11月10日(水): 葛城煙火株式会社展示会・カンボジア花火プロジェクト&トークセッション

 

4)11月11日(木): JETRO・カンボジア「新投資法セミナー」ウェビナー

URL: https://www.jetro.go.jp/events/bda/bd950bd3baab0ecc.html?fbclid=IwAR0bHtURF4oo5G0CLxiti-yDdjKJ5AuZErZj1YvUKCg3QJtpBoFbucFcgqo

 

5)11月16日(火): アセアン映画フェスタ2021「カンボジアの染織物」上映

URL: https://www.city.sakai.lg.jp/shisei/kokusai/aseankoryu/aseanweek/sonota_program/aseanfilmfesta2021.html

 

6)11月28日(日): IKTT (クメール伝統織物研究所) 展示販売会 @ 京都・法然院

Photo Credit: IKTT
  • 日時:12時~16時
  • 場所:法然院(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町 ※京都駅から市バス5番 錦林車庫行 浄土寺下車 徒歩10分)

 

カンボジアへの入国制限の改定について (2021年10月18日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement (Effective from 18 Oct 2021)

(English follows after Japanese)

標題につきまして、新しい情報を追加いたしました。詳細は下記のPDFをご確認ください。

  1. カンボジア入国制限改定について(2021年10月18日発効)
  2. カンボジア入国制限改定まとめ(2021年10月18日発効)_ 日本語版

改定のポイント

  • ワクチン接種済渡航者に対する隔離期間が短縮されました。
  • ビザ免除国・地域に該当する渡航者は、ビザなしでカンボジアへの入国が可能となります。
  • 観光ビザ(T visa)の申請・発給が再開されました。しかし、Arrivalビザはまだ停止中です。

 


With regards to subject mentioned, we have add on new information. Please refer to below updated PDF.

  1. Revision to Cambodia’s Entry Requirement (Effective From 18 October 2021)
  2. Cambodia Entry Requirement Summary (Effective from 18 October 2021)_ English Version

Revision Pointer(s):

  • Reduction of quarantine period for fully vaccinated travellers.
  • Travellers holding a passport under the Visa Exemption List can enter Cambodia without visa.
  • Reinstatement of Tourist “T” Visa application and issuance. However, Visa On Arrival is still not allowed.

 

Happy Pchum Ben Festival

プチュンバン祝日(10/5~7)

Here’s wishing all our Cambodian friends and everyone celebrating this festive occasion, a Happy Pchum Ben Festival!

カンボジア国民の皆様、及びプチュンバンをお祝いする皆様、良いプチュンバン祝日をお過ごしください!

 

「アセアン・フォトコンテスト2021」写真展(10/4~18)

堺市役所(文化観光局 国際部 アセアン交流推進室)主催の「アセアン・フォトコンテスト2021」写真展が、2021年10月4日(月)~18日(月)に開催されます。

 

今年の6月~8月の間に、「アセアン諸国で撮影した」、または「日本で撮影したアセアンを感じることのできる」撮影作品の公募が行われました。今回の写真展では、119作品の応募から50作品が展示され、その中の8作品に各賞が授与されています。

 

今年は、カンボジアをテーマにした優良賞作品1点とその他4点の応募作品が展示されます。

 

写真を通じて、カンボジアや他のアセアン諸国の魅力に触れてみたい方は、「アセアン・フォトコンテスト2021」写真展へ是非足をお運びください!

 

写真展の詳細は、下記の通りです。

期間:2021年10月4日(月曜日)から10月18日(月曜日)
午前9時から午後9時、但し最終日は正午まで

場所:堺市役所 高層館1階エントランスホール

URL:http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/kokusai/aseankoryu/aseanweek/shashinten/asean-photo-contest-2021.html

 

2020年ドバイ国際博覧会が開催されます

本日(10月1日)から2022年3月31日まで、ドバイ国際博覧会が開催されます。

ドバイ国際博覧会は、昨年の10月から開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、今年に延期になりました。

 

今回のドバイ国際博覧会には、192か国及び国際機関が参加しています。テーマは、「Connecting Minds, Creating The Future(心を繋いで、未来を創る)」です。会場は、さらに3つのサブテーマ「Sustainability」ゾーン、「Opportunity」ゾーン、「Mobility」ゾーンに分かれています。そして、それぞれのゾーンのテーマに合わせて、各国のパビリオンが出展されています。

 

ちなみに、カンボジア館は、「Sustainability」ゾーンにあります。カンボジア館のデザインはネット上では未公開ですが、テーマとして、カンボジアの豊かな伝統文化と、さらにカンボジアの自然生態系や農業における持続可能な開発のビジョンが紹介されているとのことです。

国際博覧会といえば、各国の特色あるパビリオンのデザインを見られることが、ハイライトの1つです。

2020年ドバイ国際博覧会のカンボジア館は、一体どのようなデザインなのか、公開が本当に楽しみです。コロナによる渡航規制がなければ、実際に現地に行ってこの目で見ることが出来るのに。残念!

 


参考文献: