Topics トピックス

プノンペン首都~カンダール州除き、カンボジア国内移動規制を解除

2021年4月25日(日)、カンボジア政府は、4月7日に発効した「国内移動規制及び全国の観光施設閉鎖」を解除することを発表しました。しかし、プノンペン首都とカンダール州からは、引き続き他州への移動が禁止されています。

 

また、プノンペン首都とカンダール州のロックダウン【当初期間:4月15日(木)~28日(水)】は、5月5日(水)まで延長されることになりました。

 

同時にカンボジア政府は、プノンペン都内とカンダール州内において、新型コロナウイルス感染状況の深刻度により、3つのカラーゾーンに区分するシステムを導入しました。「赤色ゾーン」は、感染状況が非常に深刻、「オレンジ色ゾーン」はやや深刻、「黄色ゾーン」は深刻度が低いことを表します。赤色ゾーンの在住者は、不要不急の外出は一切禁止となります。緊急医療を受ける必要がある方、または、医療関係者や軍兵関係者などのエッセンシャルワーカーは例外となっています。

 

カンボジアでは、今年2月20日に発生した市中感染事件を原因とする感染者数が、昨日で10,000人を越えました。「感染者数:10,555人、死亡者数:79人(4月27日時点)」。

今後も厳しい規制が続くことが予想されます。ビジネスで渡航される方は、在カンボジア日本大使館(https://www.kh.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)、もしくはカンボジア日本人会(http://www.jacam.cc/)からの情報をご確認ください。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “PM Lifts Travel Ban And Reopens Closed Tourism Destinations Nationwide”, Tith Kongnov, 25 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50845130/pm-lifts-travel-ban-and-reopens-closed-tourism-destinations-nationwide/
  • Khmer Times, “Lockdown Extended Three Zone System Introduced According to Severity of Virus”, Tith Kongnov, 27 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50845936/lockdown-extended-three-zone-system-introduced-according-to-severity-of-virus/

 

在大阪カンボディア王国名誉領事館、開館20周年を迎えました!

Honorary Consulate of the Kingdom of Cambodia in Osaka Marks 20th Anniversary!

(English message follows after Japanese)

本日4月26日をもちまして、当館は開館20周年を迎えました!

関係先各所より祝賀メッセージやお花などを頂戴しております。皆様、誠にありがとうございます。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、残念ながら20周年記念式典を執り行うことはできませんでした。そこで、ささやかではありますが、スタッフより山田名誉領事へ特別なケーキをプレゼントいたしました。

 

山田名誉領事は、「開館以来カンボジアと日本の懸け橋となるべく懸命に活動していたら、あっという間に20年が過ぎていた。これからも健康に留意して、両国のために更に頑張っていきたい」と申しておりました。

 

皆様、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます!

 

****************************************************************************

Our Honorary Consulate of the Kingdom of Cambodia in Osaka turned 20 today!

 

Our warmest thanks to our business associates and affiliated partners for the congratulatory flowers and messages received for this occasion.

 

Due to the ongoing Covid-19 pandemic, we were not able to hold any commemorative events to commemorate our 20th Anniversary this year. In lieu of that, a mini celebration was held within our office with a special cake presented to our Honorary Consul Mr. Yamada.

 

Honorary Consul Mr. Yamada shared that in the blink of an eye, 20 years have passed as he gave his best to foster the diplomatic relations between Japan and Cambodia ever since the opening of the Honorary Consulate office. He hopes to continue to do his best to contribute to both countries while placing importance on health at the same time. For that, the continuous support from all our business associates and affiliated partners is needed as well.

 

(上記写真 Photos above)

山田名誉領事へ特別な20周年ケーキをプレゼント。そして、経済再生担当、西村大臣より頂いた祝賀メッセージ。Special 20th Anniversary cake presented to Honorary Consul Mr. Yamada, and congratulatory message received from Minister of State for Economic and Fiscal Policy.

(下記写真 Photos below)

20年前の開館式典の際。Throwback to year 2001 during the opening ceremony of our Honorary Consulate office.

 

梅田経済新聞にて開館20周年記事

梅田経済新聞(オンラインニュース)にて当館の開館20周年について掲載されました!

 

記事はこちらです。

梅田・茶屋町のカンボジア名誉領事館が20周年 大阪・関西万博に意気込み – 梅田経済新聞 (keizai.biz)

皆様、是非ご覧ください!

 

梅田経済新聞の皆様、この度、記事の取材・掲載をしてくださり、誠にありがとうございました!

オークン!オーキニ!

 

Happy Khmer New Year・クメール正月

Here’s wishing all our Cambodian friends and everyone celebrating this festive occasion, a Happy Khmer New Year!

 

Unfortunately, this year, due to the Covid-19 community infection outbreak in Cambodia in February, Khmer New Year festive celebrations were impossible. In order to curb the further spread of Covid-19 in the local community, the Cambodian government has requested all Cambodia citizens and residents to engage in “New Year At Home!”.

 

Both Cambodia and Japan are struggling with the rising local Covid-19 infection cases, and we sincerely pray that the outbreak situation can be placed under control soonest. We’d like to also wish all Cambodia citizens and residents continued good health and prosperity for the New Year.

 

カンボジア国民の皆様、及びクメール正月をお祝いする皆様、クメール正月、あけましておめでとうございます!

 

今年は、2月の新型コロナウイルス大規模市中感染拡大の影響で、カンボジアでは大規模なクメール正月のお祝いが規制されています。感染拡大防止のため、カンボジア政府から、カンボジア国民・居住者に対し「New Year At Home!(クメール正月はステイホームを!)」との要請がありました。

 

カンボジアも日本も、毎日厳しいコロナ感染状況が続いております。一刻も早くコロナ感染拡大が収まりますよう心よりお祈り申し上げますとともに、カンボジア国民・居住者の皆様の益々のご健勝とご繁栄を祈念いたしております。

 

カンボジア国内移動一時禁止

カンボジア政府は、カンボジア市中における新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨日(4月7日)から4月20日(火)まで、一時的にカンボジア国内移動を禁止することを発表しました。

 

カンボジア国内移動規制の詳細は、下記の通りです。

 

  • 州間の越境を禁止(ただし、プノンペン首都~カンダール州を除く)
  • カンボジア全土の観光施設は2週間閉鎖
  • 陸上輸送、海上輸送、鉄道輸送を目的とする通行は可能
  • 緊急救援やゴミ収集を目的とする交通も通行可能
  • カンボジア労働職業訓練省の許可を得ている場合は、工場・職場へ労働者の輸送は可能
  • 他州の最寄りの病院や医療センターにて緊急医療を受ける必要がある場合、同伴者は本人を含め4人以下
  • その他、越境する必要がある場合、個別にカンボジア政府からの許可が必要

 

また、プノンペン首都は、4月1日から14日まで、午後8時~午前5時の夜間外出や飲食店営業(デリバリー・テイクアウトは除く)、大人数が集まることは禁止されています。

 

 

規制・禁止令に違反した場合は、罰金もしくは懲役が科されますので、くれぐれもご注意ください。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “Government Imposes Inter-Provincial Travel Ban To Stem The Spread of Covid-19”, 7 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50834982/govt-imposes-inter-provincial-travel-ban-to-stem-the-spread-of-covid-19/
  • Khmer Times, “14-day Curfew Imposed Across Phnom Penh Strict Action Against Curfew Violators”, Tith Kongnov, 2 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50833113/14-day-curfew-imposed-across-phnom-penh-strict-action-against-curfew-violators/

 

最終回「Smart Action, Buy Local Cambodia」、大阪で開催中!

「Smart Action, Buy Local Cambodia」イベント(最終回)が開催中です!今回は大阪の池田市に来ています!

 

現在コロナ禍でカンボジアへの渡航は難しい状況ですが、「Smart Action, Buy Local Cambodia」で、日本にいながらにして「カンボジア」を感じることが出来ます!イベントには様々なメード・イン・カンボジアの商品ブランドが集まっています。カンボジア各地を旅する気分を味わってもらいたい、という発想だそうです。そして、今回は商品の購入だけではなく、イベント会場でもあるカフェで、期間限定のカンボジア料理も食べられます。カフェスペースは座席数が少ないため、事前にカフェへご確認いただくことをお勧めいたします。

会場近くには、大阪の桜の名所の一つである「五月山公園」があります。「五月山公園」の桜はすでに開花していて、今週末に満開を迎えるようです。「五月山公園」でキレイな桜を見るついでに、是非「Smart Action, Buy Local Cambodia」会場へも足を運んでみてください!

 

開催期間
2021年3月13日(土)〜3月29日(月)
11:30 – 19:00(月曜、火曜定休)

 

会場
cafe gallery phteah (プテア)
〒563-0055
大阪府池田市菅原町10-8
Tel: 072-737-53266

 

アクセス
阪急宝塚線池田駅下車徒歩5分
池田駅東口の交差点から桜通りを五月山方面へ
二つ目の点滅信号を右折
一つ目の路地を入ってすぐです
(菁菁苑の看板が出ています)

 

カンボジアビジネスビザ申請時に必要な情報・書類(追加)

Required Information and Documents for Cambodia Business Visa Application (Latest Update)

(Notice in English follows after Japanese)

カンボジア政府より、2021年3月11日付で、在外カンボジア王国大使館・名誉領事館にてビザ申請の際、下記情報・書類の提出が必要となる旨通知がありました。

 

  1. カンボジア企業からの「保証証明書」、または、「招へい証明書」

 

  1. カンボジアの滞在先・住所、電話番号

 

  1. カンボジア滞在中の活動計画書

 


With effect from 11 March 2021, the following information and documents are to be submitted during visa application.

 

  1. Copy of Letter of Guarantee or Letter of Invitation from company/counterpart in Cambodia

 

  1. Accommodation/address and contact details in Cambodia

 

  1. Copy of itinerary during stay in Cambodia

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

International Women’s Day 国際女性デー

今日は国際女性デーです!毎年3月8日は、世界各地で女性の功績を称え、女性の政治的平等を提唱する記念日です。カンボジアでも、国際女性デーは公式な祝日です。今回は国際女性デーを記念して、活躍している3名のカンボジア女性をご紹介させていただきます。

 

1)Vannary San

Photo credit: South China Morning Post

Vannary San氏は、カンボジア人ファッションデザイナーです。カンボジア現地の経済的に困難な状況にある人々を援助しながら、カンボジアの伝統的なシルク産業の復興を使命として活動しています。カンボジアは、クメール・ルージュ統治下で多くの職人が姿を消してしまったため、伝統的なシルク産業は衰退という危機に瀕しています。Vannary San氏は、シルク産業の復興を目指し、たゆまぬ努力を続けています。カンボジアの伝統的な技術を用い、様々なシルク製品を製造し販売しています。2003年にはプノンペンで自らのブティック「Lotus Silk」を立ち上げ、公正な給与・待遇や環境のいい職場を現地の人々に提供しています。また、多くの人にカンボジアの伝統的なシルク産業を知ってもらうため、2019年7月にプノンペンで博物館「The Silk House」をオープンしました。Vannary San氏は、現在カンボジア国内で最も注目されている女性起業家の一人です。

 

2)Kounila Keo

Photo credit: WhenInPhnomPenh.com

Kounila Keo氏は、カンボジアのブロガーであり、ディジタルメディアの先駆者と言われています。2007年に自身のブログ「Blue Lady Blog」を立ち上げ、ブログを通じてカンボジアの社会問題について率直に語っています。それ以降、AFPやBBC、LA Timesなどの有名な海外メディア会社に勤務し、2017年にはForbes(フォーブス)紙の『 30 Under 30 Asia(30アンダー30・アジア)』の一人に選ばれました。現在、カンボジアで自分のメディアコンサルティング会社を経営しながら、地元のライター達がプノンペンを紹介するサイト「WhenInPhnomPenh.com」を運営しています。

 

3)Catherine Harry

Photo credit: WhenInPhnomPenh.com

Catherine Harry氏は、カンボジアの若い啓蒙活動家です。タブーを物ともせず、普段人前では語られないような話題について、皆とは違った切り口で表現しています。自身のFacebookやユーチューブチャネル「A Dose of Cath」で、生理や安全な性行為、性的暴力、妊娠中絶手術など、女性の性に関する話題について忌憚なく意見を述べています。Catherine Harry氏も、2018年のForbes(フォーブス)『 30 Under 30 Asia(30アンダー30・アジア)』の一人に選ばれています。

 


参考文献:

  • The Culture Trip, “10 Inspirational Cambodian Women You Should Know”, Marissa, 4 July 2018, https://theculturetrip.com/asia/cambodia/articles/10-inspirational-cambodian-women-you-should-know/
  • Ready For, “Lotus Silk”, https://readyfor.jp/projects/lotussilk
  • The Culture Trip, “Cambodian Female Entrepreneur Vannary San”, Marissa, 12 March 2018, https://theculturetrip.com/asia/cambodia/articles/profile-cambodian-female-entrepreneur-vannary-san/
  • Forbes, “30 Under 30 Asia”, https://www.forbes.com/profile/kounila-keo/?sh=3731d6af6799
  • Channel News Asia, “Forbes Honour Young Cambodian Who Defies Culture In Gender Equality Fight”, Pichayada Promchertchoo, 4 February 2021, https://www.channelnewsasia.com/news/asia/forbes-young-cambodian-defies-culture-in-gender-equality-fight-10090020

 

カンボジア・シハヌークビル州 一時出入り禁止措置について

シハヌークビルのシンボル、「ゴールデンライオン」。Photo credit: Agoda.com

カンボジア政府は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨日(3月4日)より沿海都市シハヌークビルへの一時出入り禁止を発表しました。クメールタイムズによりますと、先月2月20日に発生した市中感染事件の影響によりシハヌークビル州でも感染者が急増したため、カンボジア国民や旅行者に対し、シハヌークビルへの往来を一時禁止することになったそうです。しかし、必要な物資の輸送や緊急救援を目的とする交通などは、影響なしに通行可能となっています。

 

シハヌークビル州へ訪問を予定されている方は、当該規制についてご注意ください。

 

また、カンボジア政府は新型コロナウイルス接触確認システム「Stop Covid」を導入しました。「大阪コロナ追跡システム」と同様の仕組みですが、アプリではなく、QRコードを用います。ホテルやレストラン、店舗などの入り口に提示されているQRコードを、利用客にを読み取ってもらう方式です。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “Sihanoukville Close to Travellers Due To Covid-19 Outbreak”, Taing Rinith, 4 March 2021, https://www.khmertimeskh.com/50820768/sihanoukville-close-to-travellers-due-to-covid-19-outbreak/
  • Khmer Times, “Over 10,000 Locations Registered For QR Code Stop Covid”, 23 February 2021, https://www.khmertimeskh.com/50816879/over-10000-locations-registered-for-qr-code-stop-covid/

 

カンボジア・アニメーション映画「フナン」

カンボジアのクメール・ルージュ時代を題材にした実写版の映画作品は多数ありますが、アニメーション映画の数は多くありません。本日は、クメール・ルージュ時代が舞台のアニメーション映画「フナン(Funan)」を紹介させていただきます。

 

「フナン」は、2018年にドゥニ・ドー(Denis Do)監督(36歳)により制作されたアニメーション映画です。昨年12月25日に日本でも初公開されました。映画は、1975年クメール・ルージュ初期に、主人公の一人であるカンボジア人の母親が4歳の息子とはぐれてしまうところから始まります。大変な苦難を乗り越えながら息子を探し出し、再会するまでの経緯を綴った物語です。映画は、クメール・ルージュ時代のドゥニ・ドー氏の母親と家族の実際の体験を基に製作されたそうです。ドゥニ・ドー氏は、フランス出身ですが、カンボジアとフランス、中国にルーツがあります。

 

ちなみに、映画タイトルの「フナン」は、1世紀~6世紀のインドシナ半島(現在のタイ、カンボジア、ベトナム)に存在した古代ヒンズー教王国の名前(扶南)が由来だそうです。

 

カンボジアにおけるクメール・ルージュの歴史や、クメール・ルージュ統治下でカンボジア国民の皆さんがどのような経験をされたのかをより深く知りたい方は、是非映画「フナン」をご覧ください。

 

映画は、下記の劇場(関西地方)で上映予定です。

  • シネ・ヌーヴォX劇場(大阪):2月27日~3月19日
  • 出町座劇場(京都):3月5日~3月18日
  • 塚口サンサン劇場(兵庫):3月5日~11日

 

上映スケジュール等の詳細については、下記のURLからご確認いただけます。

https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=funan#area03

 

<映画予告編>


参考文献: