Topics トピックス

関西学院千里国際中等部・高等部への訪問・講演を致しました。

  2017年2月20日 山田名誉領事と当館スタッフが箕面市にあります関西学院千里国際中等部・高等部へ訪問し、カンボジアの教育に関する講演を致しました。

 

 今回の講演は生徒の皆様はGrade7(12~13歳):80名、Grade11(16~17歳): 25名に参加頂きました。この学校の皆様は5年前にカンボジアの子供たちへのための募金を行い、その寄付金で学校を立てた経緯があります。この学校寄贈をきっかけにカンボジアの教育に生徒の皆様が興味を持ち、是非最寄りのカンボジア窓口である当館にカンボジアの教育について説明してほしいとご連絡を頂き、実現にいたりました。

 

 カンボジアの教育の現状と題し、カンボジアの教育システムと、その問題等に関して、山田名誉領事と当館スタッフが説明し、その後に質疑応答の時間を設けました。生徒の皆様からは非常にたくさんの質問を頂き、残念ながら講演時間内に全ての質問に回答しきれないほどでした。質問をして頂くために生徒の皆様は予習をしっかり行って頂いたようで、ユーモア溢れる質問から、難しい質問まで様々な質問を頂きました。

 

  今後もこのような関わりを持たせて頂けるように連絡・情報交換等をさせて頂ければと心より願っております。またGrade11の生徒の皆様はカンボジアへ訪問を予定されているようですので、訪問の際にたくさんの事を経験して頂き、カンボジアの魅力を体感して頂きたいと思います。そして、カンボジアから帰って来られた際には是非感想を聞かせて頂きたいと思います。

 

  これからも、両国の発展のために関西学院千里国際中等部・高等部の皆様にはカンボジアと関わって頂きたいと思います。

左から:生徒による学校内でのカンボジアへの寄付の案内、参加頂いた生徒の皆様、山田名誉領事講演の様子、募金活動の様子

 

山田名誉領事が理事を務める公益社団法人アジア協会アジア友の会主催の晩餐交流会に山田名誉領事が出席し、基調講演を行いました。

  2017年2月17日、山田名誉領事が理事として所属している公益社団法人アジア協会アジア友の会が主催する晩餐交流会東南アジアの親日国カンボジアの可能性を知ろう~在大阪カンボジア王国名誉領事館 山田英男名誉領事を囲んで~に山田名誉領事が出席し、基調講演を行いました。

 

 この催しには日本銀行理事 大阪支店長の宮野谷様もご出席し、ご挨拶をなされました。大阪の地理的優位性に触れられ、インバウンド客が日本へ旅行に来た際、一番大阪に集まっており、今後はアジアの首都を目指せる可能性があることを力強く語っておられました。

 

 山田名誉領事の基調講演では、自身が名誉領事を務めることになった経緯やその職務、カンボジアの基本情報や、これまで会われてきたカンボジア政府の要人に関してお話になりました。参加者の皆様は普段聞くことのできない内容に聞き入っておられました。

 

 この基調講演後に設けられた質疑応答の時間ではカンボジアに飲食店出店を経営されている経営者の方々から、カンボジアの日本食レストランの出店状況や雇用に関する質問等を頂き、山田名誉領事が自身のカンボジアでのビジネス経験やカンボジアでのネットワークから培った情報を元に質問に回答致しました。

 

 今後も公益社団法人アジア協会アジア友の会のご活動に協力させて頂き、同会とカンボジアの今後の益々の発展のために山田名誉領事ならびに在大阪カンボジア名誉領事館は活動を続けて参ります。

 

在日カンボジア留学生協会主催 第一回日本語スピーチコンテストへの後援及び審査員として参加致しました。

2016年12月24日に開催されました在大阪カンボジア王国名誉領事館が後援している在日カンボジア留学生協会主催の第一回日本語スピーチコンテストに審査員としてお招き頂きました。

 

 このスピーチコンテストの目的は日ごろ日本語習得に勤しんでいるカンボジア人留学生の皆様に机での勉強だけではなく、たくさんの人の前で日本語を話す機会を経験してもらうために開催されることとなりました。この経験を通して、さらに日本語を話すことに自信をもってもらう事を目指しています。参加者の皆さまは日ごろの勉強と留学生活を通して、感じられた思いをそれぞれ熱く語っていらっしゃいました。参加者の皆様は留学年数が異なりますが、どの方が優勝しても納得出来る白熱したスピーチコンテストとなりました。

 

IMG_4292IMG_4297

(スピーチコンテストの様子)

 

第一回のスピーチコンテストは、受賞者は以下の方々です。

 

最優秀賞: ヘエン モセニット(Heang Mosenith)さん

優秀賞:リエン チャンダー(Leang Chanda)さん

審査員特別賞: チウ エッタイ(Chhiv Exthai)さん

 

IMG_4305

(参加者の皆さま 左から:タン・ワンリックさん、ピア・シンチアン、ヘエン・モセニットさん、チウ・エッタイさん、リエン・チャンダーさん)

 

 IMG_4313IMG_4315

(受賞式の様子)

 

見事最優秀賞に輝いたヘエン モセニットさんはカンボジアを離れ、日本へ留学した経験から感じた努力していくために“我慢”する事が大切であることについてお話になられ、今後も様々なことにチャレンジしていきたいとやる気に満ち溢れたスピーチをされました。 

 

今後も留学生の皆様には日本での生活を通して、たくさんの経験をし、夢に向かって頑張っていって頂きたいです。当館も微力ながら応援していきます。

 

 

特定非営利活動法人Touch in PEACE 代表の田岡氏と森氏にご来館頂きました

2016年12月8日、特定非営利活動法人Touch in PEACE代表の

田岡氏と同組織所属の森氏にご来館頂き、カンボジア訪問にかかる活動報告を行って

頂きました。

森氏を含む5名が11月25日より、一週間ほどカンボジアプノンペン近郊にあるHIV

孤児院(NHCC)へ訪問し、アートセラピーをメインに行われました。

過去、マッサージセラピーをメインに活動なされておられましたが、これまでの経験を

もとに多くの子供たちを対象に行うことが出来るアートセラピーを取り入れ、

300人の子供たちを対象に活動を行われました。

 

15310670_1229387543820834_1482557493_n15327611_1229387673820821_991716406_n
(アートセラピーの様子: それぞれ思い思いに表現しています。)

 

15401284_1229387897154132_1018392408_n15403039_1229387907154131_472199154_n

 (アートセラピーの時間にて、いつもよりも明るい笑顔が見られます)

 

今回アートセラピーでは粘土や絵などを用いた芸術活動を行ってもらい、思い思いに自己表現をして楽しんでもらい、楽しむことで免疫力を向上させることが目的です。

普段、粘土や絵の具などに触れる機会が少ない子供たちは、この活動に大変興味を示し、非常に楽しんでもらうことが出来たそうです。

このアートセラピー活動を通して、自己治癒力が高められ、さらにそれらの作品から専門家が子供達の状態を把握し、今後のセラピーの方針決定にも役立てることが出来ると今回の訪問の成果をあつく語っていらっしゃいました。 

当館はこれらの活動を長年応援しており、今後も他機関と連携し、更なる応援をしていきたいと考えております(カンボジアに関するイベントへの参加を打診中)。催しに関して、スケジュールが確定次第、ご案内致します。

 

査証申請料金変更のお知らせ(日本語・English)

在大阪カンボジア王国名誉領事館は、2016年 12月19日(月)申請分より、カンボジア入国査証申請料金を下記の通り変更致します。

‐ 観光ビザ-  4,400円
‐ 商用ビザ-  4,900円
We would like to announce that Visa fees will change as below from the 19th of December 2016.

Tourism visa : 4,400 Yen.

Business visa : 4,900 Yen

在日カンボジア留学生協会(関西地方)主催のイベント案内

20161201163840594_0001

20161201163840594_0002

年末年始休館のお知らせ/Holiday Closing Notice(日本語・English)

2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)休館日とさせていただきます。尚、休館の特別措置として12月27日(火)申請分は12月28日(水)に、 12月28日(水)申請分は1月5日(木)にお渡し致します。

 

Please note that we will be closed from the 29th of December 2016 to the 4th of January 2017 for the New Year’s holiday.
As a special measurement, visas applied on the 27th of December (Tuesday) will be given back on the 28th (Wednesday).
Those applied on the 28th will not be ready until the 5th of January 2017.
Thank you very much for your understanding.

神戸市広陵町カンボジアパビリオンにて文化祭が開催されました(日本語・English)

2016年11月3日、神戸北区広陵町自治会館(通称パビリオン)にて文化祭が行われました。自治会館は1970年の大阪万博の際にカンボジア館として使用された建物を移築されたもので、45年以上経った今でも地域の方に愛され、大切に使用されています。

On the 3rd of November, 2016 a Cultural Festival was held at the Autonomy Hall of Koryo-cho Kita-ku Kobe, commonly known as the Pavilion. The Pavilion was of Cambodia’s in Expo’70 held in Osaka, and was relocated to Koryo-cho. Even after 45 years, it is loved and cared by the community.

dscn1452

(パビリオン外観/The appearance of the Pavilion)

文化祭には、地域の方々をはじめ、カンボジアの大学建築学部の教授、関西圏のカンボジア人留学生、当館スタッフが参加しました。パビリオン内には、カンボジアの孤児院の子供たちが描いた絵や、カンボジアについての紹介ポスターが展示され、広陵町とカンボジアとの結びつきが感じられました。留学生からは「カンボジアの建物が大切に使われていることに感動した」という感想がありました。

Many attended the Festival including the people of the community,  professors from the Faculty of Architecture of a University in Cambodia, Cambodian students studying in the Kansai area and staffs from the Honorary Consulate of Cambodia in Osaka. The Pavilion turned into an exhibition, displaying pictures drawn by orphans in Cambodia and information posters about the country, along with arts and works of the children in the community. It showed the strong connection between Koryo-cho and Cambodia. ‘We were delighted to see the traditional building of Cambodia being cherished.’ one Cambodian student commented.

dscn1440

(孤児院の子供が描いた絵/The drawings by the orphans of Cambodia)

パビリオンは大阪万博の貴重な文化財として、またカンボジアとの友好のシンボルとして今後も後世に受け継ぐために改修工事をすることが決まりました。改修完了は2020年の予定だそうです。在大阪カンボジア王国名誉領事館としても改修工事を要望していたので決定を嬉しく思います。

As the Pavilion is an important cultural property of the Expo, and is now a symbol of friendship between the two countries needed to be passed on to the future, it is decided to be repaired. The work is due to complete in 2020. The Honorary Consulate had also been demanding for repairment, so we are grateful for the project to be confirmed.

dscn1480

(左から広陵町自治会長、建築学部の教授2名、在大阪カンボジア王国名誉領事館スタッフ、九州大学助教授、スタッフ/From left: The President of the resident’s association, The Professors from Cambodia, Consulate Staff, An assistant Professor from Kyushu University, Staff)

12歳未満の方のビザ申請に関して(日本語・English)

2016年9月1日より12歳未満のお子様用ビザ(無料)は廃止となりました。12歳未満であっても通常の観光ビザ(Tビザ)、商用ビザ(Eビザ)を取得していただくこととなり料金が発生致しますのでご注意ください。

 
12歳未満の方の料金:

観光ビザ(Tビザ) 4,200円

商用ビザ(Eビザ) 4,700円

 

From September 1st 2016, Minor Visa: visas for under the age of 12(Tm, Em) has fallen into disuse. From now on, all applicants will need a Tourist Visa (T) or Business Visa (E) up to their requests with a payment shown below.

 
Prices for Visas under the age of 12:

Tourist Visa (T) 4,200 JPY

Business Visa (E) 4,700 JPY

 

カンボジア王国 チア・キムタ特命全権大使が大阪を訪問されました(日本語・English)

7月28日から29日にかけて、在日本カンボジア大使館よりチア・キムタ特命全権大使、チャイ・マカラ一等書記官らが大阪を訪問されました。
28日には市役所にて吉村市長と、翌29日には府庁にて松井府知事を表敬訪問されました。チア・キムタ大使は、カンボジアの発展状況を説明し、大阪を拠点とする日本企業のカンボジアへの投資と進出を望んでいることを伝えられました。また、市長・府知事ともにカンボジアと日本の友好関係のさらなる強化を目指すことで合意し、政治、経済、投資、文化、観光、教育など、様々な事柄に対する意見交換を行いました。
H.E. Chea Kimtha, Ambassador of the Kingdom of Cambodia in Tokyo, made an official visit to Osaka on 28-29th of July.
During the visit, the Ambassador paid a courtesy call to Mr. Yoshimura, the Mayor of Osaka City and Mr. Matsui, the Governor of Osaka prefecture. The Ambassador explained the situation of development in Cambodia, and her hopes for Osaka-based Japanese companies to make investments and expand their business into Cambodia. Both sides exchanged opinions on several genres including politic, economy, investment, culture, tourism and education, also agreeing to deepen the relationship between Japan and Cambodia.
市長
(左から 山田英男名誉領事、チア・キムタ特命全権大使、吉村洋文大阪市長、チャイ・マカラ一等書記官)
(From left, Honorary Consul Hideo Yamada, H.E. Chea Kimtha, Mayor Hirofumi Yoshimura, First secretary Chay Makara)

不調
(松井一郎大阪府知事表敬訪問)
(Courtesy call to Prefectural Governor Ichiro Matsui)

また、もうひとつの訪問目的として、カンボジアの留学生・技能実習生との食事会も開催しました。彼らの暮らしや仕事環境、勉学状況についてお話しを聞かれました。日本語、文化を学ぼうと努力しながらも、来日したばかりで苦労することも多い彼らを激励されていました。
Another purpose of the visit was to hold a gathering with the Cambodian students and technical interns working and studying in Osaka. Having lunch/dinner with them, the Ambassador asked about their working and studying conditions. She encouraged them on their efforts in learning Japanese and the culture in a new environment.
13900177_1045137572229662_6861069783212444607_n
(チア・キムタ大使と山田英男名誉領事を囲む技能実習生とのお食事会後の集合写真)
(The gathering with H.E Chea Kimtha, Honorary Consul Hideo Yamada and the Cambodian technical interns)

留学生
(留学生とのお食事会後の集合写真)
(The gathering with the Cambodian Students)

このほかにも、大阪を代表する企業や団体の要人との名刺交換会を在大阪カンボジア王国名誉領事館事務所にて開催しました。
In addition, the Ambassador attended a meeting at the Honorary Consulate of Cambodia in Osaka, and exchanged business cards with the key people of Companies and Organizations of Osaka.
view_image