Topics トピックス

2018年-2019年 年末年始休館のお知らせ/Closing Notice

2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)休館日とさせていただきます。尚、休館の特別措置として12月27日(木)申請分は12月28日(金)に、 12月28日(金)申請分は1月7日(月)にお渡し致します。

 

Please note that we will be closed from the 29th of December 2018 to the 6th of January 2019.
As a special measurement, visas applied on the 27th of December will be given back on the 28th.
Those applied on the 28th will not be ready until the 7th of January.
Thank you very much for your understanding.

参議院議員の石川先生主催のパーティーに山田名誉領事が出席致しました。

2018年10月12日、山田名誉領事が参議院議員の石川先生が主催するパーティーに出席致しました。石川先生には当館が主催したカンボディア‐日本外交樹立60周年記念行事(カンボディアのHIV孤児の写真展)へのご協力を頂いた経緯から交流をさせて頂いております。

 

本パーティーには公明党の山口那津男氏もお越しになり、これまでの石川先生の活躍を参加者にもわかりやすく説明頂きました。石川先生は日本の議員の中で唯一アラビア語が堪能な人材であり、外務省に勤務なさっていた頃に中東にて支援が必要な現場で自衛隊の方々と共に積極的に活動された経験をお持ちです。さらにG20の大阪誘致にも多大な貢献をなされました。こうした経緯から今の日本には無くてはならない政治家であると山口代表が力説されておられました。

 

またセミナーでは特別講演として、関西経済連合会にて会長を務められた森詳介氏が「関西経済の現状と課題」と題して、講演をなされ、関西経済が抱えている問題と今後の展望をわかりやすく説明頂きました。

 

第二部の懇親会では太鼓の演奏も行われ、大勢の参加者が石川先生と交流されました。当館山田名誉領事とスタッフも挨拶をさせて頂き、今後ともカンボディアへのご協力をお願い致しました。これからも石川先生のご活躍を願っております。

 

写真:公明党の山口代表

 

 

写真:会場の様子

 

 

写真:石川先生と山田領事

 

 

山田名誉領事が日本カンボジア協会主催のフン・セン首相閣下歓迎昼食会と日本メコン首脳会議レセプションに出席致しました。

2018年10月8日、当館山田名誉領事が日本カンボジア協会主催したフン・セン首相閣下歓迎昼食会に参加致しました。この昼食会にはフン・セン首相閣下及びプラック・ソコン副首相兼外務大臣、ソク・チェンダ・ソピア開発評議会事務局長が参加なされ、日本カンボジア協会からは理事を中心とした方々が参加なされました。昼食会ではフン・セン首相閣下が日本側の参加者一人一人と意見を交わし、ご自身の考え、カンボディア政府の今後の政策を熱心に語っておられました。

 

昼食会終了後、フン・セン首相閣下は当館山田名誉領事へお声がけ頂き、共にゴルフをした事等、昔の思い出を優しく語っておられました。プラック・ソコン副首相兼外務大臣と着任したばかりであるウン・ラチャナ駐日大使閣下に山田名誉領事は挨拶をさせて頂き、今後のカンボディアと日本の更なる友好のためにお互い協力しあう事を確認致しました。

 

また同日夜には首相官邸で行われた日本メコン首脳会議レセプションにも山田名誉領事は出席致しました。このレセプションは第10回日本・メコン地域諸国首脳会議に際して各国の親睦を深めるために行われました。

 

この会議にはフン・セン カンボジア王国首相、グエン・スアン・フック ベトナム社会主義共和国首相、トンルン・シースリット ラオス人民民主共和国首相、プラユット・ジャンオーチャー タイ王国首相とアウン・サン・スー・チー ミャンマー国家最高顧問兼外務大臣及び関係者が将来のメコンと日本の協力指針とするSDGsを推進するために出席なされました。

 

同レセプションにて、山田名誉領事はメコン諸国に関係の深い参加者の皆様と今後のメコン諸国と日本との更なる関係発展のために意見交換を交わしました。メコン諸国と日本のより良い関係のために、当館も微力ながら貢献していければと考えております。

 

写真:フン・セン首相閣下と山田名誉領事

 

写真:ウン・ラチャナ駐日大使閣下と山田名誉領事

 

 

写真:フン・セン首相閣下との全体写真

 

写真:会場の様子

 

写真:山田名誉領事、大野名誉領事(ラオス)、夏目名誉領事(ベトナム)

 

安倍首相、フン・セン首相、西村 内閣官房副長官と山田名誉領事

 

 

 

当館スタッフが堺・アセアンウィーク レセプションに参加致しました。

2018年10月9日に堺市が主催する「堺・アセアンウィーク2018」にかかるレセプションに当館スタッフが参加致しました。今年で10年目となる同市主催のイベントでは毎年アセアン各国の学生の皆様を招聘し、堺市を中心とする市民との交流を通して、相互理解を深めるためのイベントです。

 

レセプションには堺市副市長の狭間氏、外務省大阪事務所の特命全権大使(関西担当)の石川氏、在関西領事館(アセアン内)の関係者、アセアンの学生及び堺市内の一般の方々も出席されました。

 

今年も各国の学生が民間大使として、堺市内の学校、企業等へ訪問し、見識を深めるため交流が行われます。また堺市以外の方でも気軽に参加できる、堺アセアンひろばが10月14日に堺市役所前のMinaさかいにて10時~16時に行われる予定です。このイベントには以前当館ホームページにて紹介させて頂きましたカンボディア料理店のニャムニャム食堂様も出店される予定です。その他にもワークショップ広場(各国のお菓子や色々なアクティビティーを体験できる)、子ども民族衣装体験(民族衣装試着のうえ記念撮影あり)、クイズラリー(クイズに回答頂いた方の中から先着で民芸品を抽選のうえ進呈)、ベトナムサンドペインティング実演会、さらに10月9~18日まで、アセアンに関係する写真展(堺市役所 本館1F エントランスホールにて)、10月15・16日にはアセアン映画フェスタ(パンジョ5階、パンジョホールにて)などたくさんのイベントが開催されますので、皆様も是非奮ってご参加ください。

 

当館もこのイベントに関してカンボディアもっと皆様に知って頂くために、宣伝等で協力させて頂いております。

 

写真:会場の様子

 

 

写真:カンボディアからの留学生(左から2&3番目)

 

カンボディア王国政府閣僚に関する報告

2018年7月29日に行われたカンボディア王国国内の総選挙後、閣僚は下記の通りに                                  なっております(2018年9月6日変更)。

 

首 相:(1名) フン・セン(Hun Sen)

 

各省大臣(◎は副首相、※は上級大臣、☆は女性)

 

内務大臣:ソー・ケーン(Sar Kheng)◎

国防大臣:ティア・バニュ(Tea Banh)◎

外務国際協力大臣:プラック・ソコン(Prak Sokhon) ◎

経済財政大臣:オーン・ポンモニラット(Aun Porn Moniroth)※

農林水産大臣:ヴェーン・サコン(Veng Sakhon)

農村開発大臣:ウック・ラーブン(Ouk rabun)

商業大臣:パン・ソラサック(Pan Sorasak)

鉱業・エネルギー大臣:スイ・サエム(Suy Sem)

工業・手工芸大臣:チャム・プラシット(Cham Prasidh)※

計画大臣:チャーイ・トーン(Chhay Than)※

教育・青少年・スポーツ大臣:ハン・チュンナロン(Hang Chuon Naron)

社会問題・退役軍人・青少年更正大臣:ボン・ソート(Vorng Saut)

国土整備・都市化・建設大臣:チア・ソパラ(Chea Sophara) ◎

環境大臣:サイ・サムオル(Say Samal)

水資源・気象大臣:リム・キアンハオ(Lim Kean Hao)

情報大臣:キュー・カニャリット(Khieu Kanharith)

司法大臣:アン・ボンバタナ(Ang Vong Vattana)

国会関係監査大臣:マエン・サムアーン(Men Sam An)◎☆

郵便電気通信大臣:トラム・イウテック(Tram Iv Teuk)

保健大臣:モム・ブンヘーン(Mam Bun Heng)

公共事業運輸大臣:スン・チャントール(Sun Chanthol)※

文化芸術大臣:プーン・ソコナー(Phoeung Sakona)☆

観光大臣:タオン・コン(Thong Khon)

宗教大臣:ハム・チャエム(Him Chhem)※

女性大臣:イン・カンタパビー(Ing Khantha Phavi)(Dr.)

労働職業訓練大臣:イット・ソムヘーン(Ith Sam Heng)

公務員大臣:ペイッ・ブントゥン(Pich Bunthin)

民間航空庁長官:マオ・ハーバナル(Mao Havannal)

 

当館が協力しているJAPFの2018年度夏期インターンシップの修了式が当館で行われました。

2018年9月26日に日本アジア振興財団(JAPF)が主催した夏季インターンシップの修了式が当館にて執り行われました。

 

今回も70人以上の大学生の皆様がカンボディアやベトナムを訪れて、提携機関の施設や学校等を訪問し、カンボディアの現状に関して見識を広められました。

 

式に参加した学生には山田名誉領事の代理として当館スタッフが修了証書を手渡し、カンボディアの現状に関する意見交換が行われました。参加した生徒一人一人から、カンボディアでの体験したこと、カンボディアへ訪れた後にどのように自分で考えるようになったかなど、色々なお話を聞かせて頂きました。

 

当館と致しまして、今回インターンシップに参加なされた学生の皆様には経験を通して得た新しい価値観を元に今後とも更に自分の自己啓発に励み、頑張って頂きたいと存じます。

 

今後とも引き続き当館はJAPFの活動に協力し、日本の皆様にカンボディアに興味を持って頂けるよう活動していきたいと考えております。

 

 

写真:インターンシップ参加者と当館スタッフ

 

On 28th Sep 2018, the summer internship closing ceremony of JAPF was held at Honorary Consulate of Cambodia in Osaka. The students who joined this internship visited the school and project sites of JAPF and they studied the current situation of Cambodia. The staff of Honorary consulate handed the certificates to each student and gave his lecture that the current situation of Cambodia and the relationship with other countries at the international society.

 

当館スタッフが外務省大阪分室主催関西領事団対象「緊急事態対応説明会」に参加致しました。

2018年9月19日、外務省大阪分室主催の関西領事団を対象とした緊急事態対応説明会に当館スタッフが参加致しました。

 

この説明会は6月8日に起こった大阪府北部地震と8月28日の台風21号の影響をうけて、関西領事団からの依頼で行われることとなりました。

 

プログラムは石川外務省関西担当大使の挨拶に始まり、大阪府危機管理室城田課長補佐による大阪府内の防災対策、この日の為に東京からいらっしゃった消防庁国民保護室の谷神係長によるJアラートを用いた情報伝達の説明が行われました。

 

特に台風21号の関西圏での影響は深刻であったため、各国領事館の皆様は真剣にお話を聞き入っておられ、質疑応答の際にはたくさんの質問をされておりました。災害時の情報発信に関する質問が多く、どこで最新の情報を入手することが可能なのかに対して、大阪府と外務省が連携してより良い情報発信環境を整えていくとの回答がありました。

 

また外務省大阪分室の浅野室長より、災害時の外国人の方々への情報配信として、気象庁、大阪防災ネット、Osaka Emergency Informationなどのご紹介がありました。

 

天災等は起こらないことが一番ですが、起こってしまった場合を考え、日頃からの危機管理が大事であると改めて認識する機会を得た説明会となりました。当館としても在関西のカンボディア人の皆様への情報発信を強化していきたいと考えております。

 

気象庁:http://www.jma.go.jp/jma/indexe.html

大阪防災ネット:http://www.osaka-bousai.net.e.add.hp.transer.com/pref/index.html

Osaka Emergency Information: https://osaka-info.jp/en/page/emergency

 

写真:会場の様子                     写真:会場の様子

 

カンボジア王国観光省日本事務所の根来様にご来館頂きました。

2018年8月31日、カンボジア王国観光省日本事務所(株式会社オーバーシーズ・ネットワーク)の根来様と他スタッフの方々にご来館頂きました。

 

カンボジア王国観光省日本事務所は同国政府より、株式会社オーバーシーズ・ネットワーク社が委託を受けて運営をされていらっしゃいます。

 

以前は、グリーントラベル社が委託を受けてその業務を行っており、当館山田名誉領事とも親しくさせて頂いておりました。

この度、この業務を引き継がれた株式会社オーバーシーズ・ネットワーク様より、ご挨拶も兼ねてご訪問頂きました。

 

ご挨拶に加え、2019年10月に開催予定の観光イベントの協力依頼もご説明頂き、イベントの際、是非協力くださいとのお言葉を頂戴致しました。

 

当館も今後のカンボディア観光の更なる発展のために、少しでも貢献できればと存じます。このイベントの詳細に関しまして、確認次第、随時当館ホームページにて、ご案内させて頂きたいと存じます。

 

写真:カンボジア王国観光省日本事務所(株式会社オーバーシーズ・ネットワーク)の根来様(右)と西澤様(左)

 

 

大阪万博誘致活動のため三宅議員と杉江議員にご来館頂きました。

2018年8月17日、大阪万博誘致活動のために大阪府議会議員の三宅議員と杉江議員にご来館頂きました。杉江議員は現在、2025大阪万国博覧会 誘致推進議員連盟事務局長をなさっておられます。

 

この度、両議員にご来館頂き、大阪万博誘致への熱い思いを語って頂きました。

当館もカンボディアでございますが、大阪に位置しており、関西活性化のために少しでもお力になれればと考えております。

 

山田名誉領事は前回大阪で行われた1970年大阪万博の際に使用されたカンボディアパビリオンが神戸の広陵町に今でも自治会館として地域住民の交流場となっている事を説明しました。三宅議員と杉江議員は大変興味深く聞き入っておられ、そのカンボディアパビリオンの話を議会でも取り上げたいとおっしゃっておられました。

 

万博開催地決定は11月に決定予定です。それまでに当館も微力ではありますが、大阪開催のために協力出来ればと考えております。

 

 

 

写真:三宅議員、杉江議員と山田名誉領事

 

 

 

JAPF夏季インターンシップにかかる勉強会が当館にて開かれました。

2018年8月7日、JAPF(日本アジア振興財団)主催の夏季インターンシップにかかる勉強会が在大阪カンボディア王国名誉領事館にて開かれました。

 

今回のインターンシップに参加する学生の皆様にご来館頂き、当館スタッフにカンボディアへ訪問する前に疑問に思っている事、心配に思っている事等に関して質問行って頂きました。学生の皆様からは積極的に質問して頂き、カンボディア在住経験のある当館スタッフが回答させて頂き、学生の皆様は真剣に聞き入っておられました。

 

このインターンシップは2つのコースに分かれており、カンボディアとベトナムを訪問する2カ国コースは8月19~30日(12日間)の日程を予定しております。もう一つの1カ国コースは9月2~9日(8日間)の日程で、カンボディアのみを訪問する予定です。

 

学生の皆様には将来国際的に活躍して頂くためにも、たくさんの事を経験して頂き、知見を増やして頂きたいと思います。

 

9月に予定している修了式にて、成長した学生皆様のお顔を拝見出来ることを心待ちにいたしております。

 

 

写真1:勉強会の様子

 

 

写真2:集合写真