Topics トピックス

当館山田名誉領事が関西領事団150周年記念ガラディナーに出席致しました。

2019年02月01日、帝国ホテル大阪にて行われた関西領事団150周年記念ガラディナーに当館山田名誉領事が出席致しました。

 

当館が所属しております関西領事団は創立150周年を迎え、一世紀半にも及ぶ活動を通し、これまでの活動を祝し、記念のイベントを行う事となりました。

 

1868年に神戸港が開港し、国際貿易が始まると、この地に外国の使節団が置かれました。当初は“神戸領事団”と呼ばれておりましたが、1959年に“神戸・大阪領事団”、そして1984年に現在の名前となりました。

 

この記念すべき年に高円宮妃久子殿下をご来賓にお迎えし、この素晴らしいイベントが行われました。

 

このイベントの開始前には高円宮妃久子殿下と領事団のメンバーとの記念撮影が行われ、当館山田名誉領事も参加致しました。ガラディナー前には、特別なスペースにて出席者とのカクテル等と共に交流をする時間も設けられました。

 

ガラディナーでは、特別な演目として、大槻 文藏氏による半能「石橋」大獅子が行われ、出席者はその迫力と磨き上げられた芸術に大いに盛り上がりました。

 

開催の辞にて、関西領事団 団長であるラファエル・アパリシオ氏による挨拶が行われました。来賓祝辞として、高円宮妃久子殿下による挨拶も行われました。続いて、日本国外務省特命全権大使(関西担当)である石川和秀氏により乾杯が行われ、会食が始まりました。

関西領事団のメンバー及び関係者以外にも一般参加者として関西圏の企業なども参加し、各テーブルでは各々の方々が話に花を咲かせ、素晴らしい時間となりました。当館もテーブルを共にした方々にカンボディアに関するお話をさせて頂き、カンボディアへの興味をもって頂くことが出来ました。

 

会食終了後、Kimono Projectと題して、各国をイメージした着物の発表があり、ステージではモデルの方々が特別な着物に身を包み、ファッションショーも行われました。華やかなデザインの着物に参加者はその美しさに心を奪われておられました。

 

もう一つの演目として、東京音楽大学ピアノ演奏家コースに在籍している太田 糸音氏の演奏も行われました。同氏は全日本学生音楽コンクール中学校の部にて全国1位、その他でも数々の賞を獲得し、大変注目されている若手ピアニストです。メンデルスゾーン、リストとショパンの曲目を華麗に弾かれ、その素晴らしい音色に出席者は酔いしれておりました。

 

最後に関西領事団 副団長であるディーター・ソンマー・ハルダー氏による閉会の辞が行われ、この記念イベントが幕を閉じました。当館の写真掲載以外にも、ABCテレビ様等のメディアにもイベントの内容が取り上げられておりますので、ご興味のある方は是非ご確認ください。

 

在大阪カンボディア王国名誉領事館も設立より、もうまもなく20年目を迎えます。これまでを振り返りますと大変感慨深い気持ちです。次の時代に向け、関西領事団と共に関西地域、そして日本とカンボディアの両国関係のために今後とも貢献できるよう尽力してまいります。

 

 

写真:高円宮殿下との記念写真

 

写真:高円宮殿下との記念写真(関西領事団メンバーのみ)

 

写真:カンボディア王国をイメージした着物

 

写真:会場の様子 

 

 

写真:各国をイメージした着物の発表の様子

 

 

 

神戸市北区広陵町自治会館(カンボディア・パビリオン)への産経新聞社取材に当館スタッフが同行致しました。

2019年01月31日、神戸市北区広陵町自治会館(カンボディア・パビリオン)への産経新聞社取材に当館スタッフが同行致しました。

 

同自治会は1970年の大阪万博にて使用されたカンボディア・パビリオンを同地に移築し、現在は自治会集会所として使用されている全国に一つしかない非常に珍しく、大変貴重な存在です。

 

長年、保存修復にかける活動をなされてこられた同自治会会長の田中様の努力が実り、昨年改修工事が終了したばかりです。修復工事にはパビリオンの見どころの一つとも言える屋根瓦の交換も行われ、5,600枚以上の新しい瓦が張り替えられました。

 

こうした中、大阪万博誘も決定した経緯からカンボディア・パビリオンへの注目が更に集まり、産経新聞大阪本社の記者様より取材の依頼を受け、当館が協力させて頂く事となりました。

 

産経新聞の記者様は、幼少の頃より同地域に住まわれている田中自治会長に関する質問、カンボディア・パビリオンが当時のディベロッパーにより移築された時のお話、改修工事にかかるエピソード、そして2025年の大阪万博によせる思い等を質問されておられました。

 

質問に答える田中自治会長は饒舌に質問に答え、昔を懐かしく回想され、終始優しい笑顔で回答なされておられました。特に田中自治会長は次の万博にて使用されるパビリオン(レガシー)が閉幕後にどのように扱われるのか、パビリオンを持つ町の地域住民として大変興味があるとアツく語っておられました。

 

また毎日、地域住民のクラブ活動にも使用されているミニ体育館の役割もあるカンボディア・パビリオンではヨガのクラスが行われており、館内の装飾と共に産経新聞記者様のお写真におさまりました。

 

当館は今後ともカンボディア・パビリオンのPR及びカンボディアへの観光及びビジネス投資活動のアピールに貢献していきたいと存じます。

 

 

写真:取材の様子(田中自治会長と産経新聞の記者様)

 

 

写真:取材の様子(田中自治会長と産経新聞の記者様)

 

 

写真:地域住民のクラブ活動の様子

 

関西領事団150周年記念レセプションに当館山田名誉領事が出席致しました。

2019年01月28日に大阪府庁咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)49階にて行われた関西領事団150周年記念レセプションに当館山田名誉領事が出席致しました。

 

関西領事団の創設150周年を記念して、大阪府・大阪市・関西領事団の共催で行われました。

 

本レセプションは大阪府松井知事の挨拶にて始まり、松井知事はG20や大阪万博などこれから大阪の地で行われるイベントに関して、熱い思いを述べておられました。

 

続いて、アパリシオ関西領事団長の挨拶が行われ、これまでの関西領事団の歩みをご説明なされました。

 

外務省特命全権大使(関西担当)の石川氏の乾杯の挨拶により、宴が始まり、出席者の歓談が行われ、大阪の有名な日本酒やタコシャンもふるまわれ、出席者は大阪の特別な味に舌鼓を打ちました。

 

当館山田名誉領事は松井知事、吉村市長の両氏にご挨拶をさせて頂き、神戸市にあるカンボディアパビリオン、並びにカンボディアに関連するお話をさせて頂きました。

 

在大阪カンボディア王国名誉領事館として、今後とも大阪及び関西にカンボディアの魅力をアピールし、地域に貢献させて頂ければと考えております。

 

写真:松井知事によるご挨拶

 

 

写真:関西領事団 団長のアパリシオ総領事(パナマ共和国)によるご挨拶

 

 

写真:外務省特命全権大使(関西担当)の石川氏による乾杯のご挨拶

 

 

写真:会場の様子

 

 

写真:松井知事と山田名誉領事

 

 

写真:吉村市長と山田名誉領事

 

近畿総合通信局主催「第二回 災害情報伝達に関するセミナー “アンサー”プログラム」に参加致しました。

2019年01月11日、大阪合同庁舎第1号館2階大会議室にて、近畿総合通信局の主催により開催されました「第二回 災害情報伝達に関するセミナー」に当館スタッフが参加致しました。

 

今回のセミナーは昨年11月05日に開催された第一回目の「災害情報伝達に関するセミナー」に続き開催されました。関西の地方自治体の防災担当者の皆様等から要望を踏まえ、アンケートに寄せて頂いた貴重なご質問や意見などを踏まえて、改めて課題解決に向け、それぞれの知恵を出し合う場として設けられました。

 

近畿総合通信局長の大橋氏より開会の挨拶が行われ、第一部に大阪管区気象防災部 地震情報官の菊田氏より、「南海トラフ地震に関する情報」にかかる講演が行われ、南海トラフ地震は多様性があり、西暦1400年頃以降より概ね100~150年の間隔で大規模地震が繰り返し発生されると説明なされました。また今後30年以内に70~80%の確率で発生するため、日ごろからの地震に対する一人一人の意識が大切であるとおっしゃっておられました。大阪府において、最大津波が5m、最速到達時刻は59分頃と言われております。

 

第二部では防災にかかる機器展示紹介として、6社ほどが参加し、防災無線、スピーカー、情報共有ネットワーク及びそれにかかる機器の紹介をなされました。

 

第三部と第四部では有識者の皆様によるパネルディスカッションが行われ、各専門分野の方が、今後起こりうる大地震にどのように各自治体が取り組むべきか、熱い議論をなされました。特にNPO法人多言語センターFACIL理事長でおられる吉富様が指摘なされていた情報弱者に陥ってしまう外国籍の人々への理解、相互協力が必要であると指摘し、各地域住民がより積極的に外国籍の人々と関わることが重要であるとおっしゃっておられました。

 

今回のセミナー出席を踏まえ、当館としても今後起こりうる災害に備え、関西に住まうカンボディアの皆様と連絡を取り合い、情報を共有していきたいと考えております。

 

写真;会場の様子

 

 

写真;会場の様子

 

 

写真:パネルディスカッションの様子

 

 

写真:展示コーナーの様子

 

2018年-2019年 年末年始休館のお知らせ/Closing Notice

2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)休館日とさせていただきます。尚、休館の特別措置として12月27日(木)申請分は12月28日(金)に、 12月28日(金)申請分は1月7日(月)にお渡し致します。

 

Please note that we will be closed from the 29th of December 2018 to the 6th of January 2019.
As a special measurement, visas applied on the 27th of December will be given back on the 28th.
Those applied on the 28th will not be ready until the 7th of January.
Thank you very much for your understanding.

当館スタッフが2018 JASSO 留学生国際交流フェスに参加致しました。

2018年12月18日(火)、公益財団法人 大阪国際交流センター様よりご招待頂きまして、2018 JASSO 留学生国際交流フェスに当館スタッフが参加致しました。

 

このイベントは独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)により運営され、日ごろ日本で勉学に励んでいる留学生の皆様がお世話になっている日本人の方々と交流をすることを目的に行われておられます。

 

今回は、35カ国、160名以上の留学生が参加し、それぞれの国の言葉で乾杯を行い、希望者が伝統舞踊・歌謡、モダンダンス、ミュージックパフォーマンス等、様々な催しが行われ、昨年と同様に盛況な宴となりました。

 

また各留学生の発表後には支援団体が提供したプレゼントを抽選にて留学生へ渡す催しも行われ、こちらも留学生が盛り上がっておりました。

 

当館と致しまして今後とも積極的にカンボディア人留学生及びJASSO様と交流を深めていきたいと考えております。

 

 

This event was organized by the Japan Student Services Organization (JASSO), to enable international students who are studying in Japan to enjoy good relations with Japanese people. The Honorary Consulate of the Kingdom of Cambodia in Osaka was invited by JASSO to join this event, so the staff of the Honorary Consulate will take part as well.

 

写真:各国の留学生がそれぞれの言語で乾杯をしている様子

Picture: Each international student cheers in their language

 

 

写真:留学生による発表

Picture: Performance by international students

 

 

写真:留学生による発表

Picture: Performance by international students

 

 

山田名誉領事が国際ロータリー 地区大会に出席致しました。

2018年12月08日、山田名誉領事が国際ロータリー第2660地区の地区大会に出席し、自身が副会長を務める公益社団法人 アジア協会アジア友の会(JAFS)の出展にも参加致しました。

 

同地区大会では、各大阪府内のロータリークラブが日頃から支援しているNGO団体などを推薦し、“友愛の広場”と題して、それらの団体の活動を更に広めるイベントも行われました。副会長を務める山田名誉領事はアジア協会アジア友の会(JAFS)の活動を広めるために同協会のスタッフと共にイベント出席者への説明を行い、たくさんの方々に広く活動を知って頂きました。

 

今後とも、カンボディア、アジアと日本とのWin-Winの関係を構築するべく、山田名誉領事及び在大阪カンボディア王国名誉領事館はアジア協会アジア友の会(JAFS)の皆様と共に、協力していきたいと考えております。

 

 

写真;山田名誉領事とアジア協会アジア友の会(JAFS)のスタッフの方と共に

 

 

写真:会場の様子

 

 

 

タイ王国プミポン前国王(ラーマ9世)生誕日及び父の日を祝うレセプションに当館山田名誉領事が出席致しました。

2018年12月05日、タイ王国大阪総領事様のご招待により、プミポン前国王(ラーマ9世)生誕日及び父の日を祝うレセプションに当館山田名誉領事が出席致しました。

 

この日はタイ王国国民が故プミポン・アドゥンヤデート前国王のご生誕を祝する日であり、タイ王国の日、また父の日とも認識されている日です。この3つの特別な機会を祝うべくレセプションが開催されました。

 

同レセプションはタイ王国大阪総領事館のナルチャイ・ニンナート副総領事の挨拶に始まり、大阪府 副知事である浜田様が松井知事の代理として挨拶をなされました。続いて外務省関西担当特命全権大使の石川様の乾杯の音頭と挨拶をなされ、立食パーティーがスタートしました。フードブースで提供されたお料理は在関西のタイ料理店がそれぞれ作られ、出席者は本格的なタイ料理に舌鼓を打ち、楽しんでおられました。

 

当館スタッフは今後共、同じASEAN諸国の国々のイベント、並びに関西領事団メンバーのイベントにも参加させて頂き、カンボディアと日本及び他の国々との更なる友好のために活動させて頂きたいと考えております。

 

写真:山田名誉領事 プミポン前国王の祭壇前にて

 

 

写真:タイ王国大阪総領事館のナルチャイ・ニンナート副総領事の挨拶

 

 

写真:外務省関西担当特命全権大使 石川様の乾杯の挨拶

 

 

写真:会場の様子

 

 

当館が後援する在日カンボジア留学生協会(関西地方)が主催するチャリティーイベントに参加致しました。

2018年12月01日(土)に開催されました在大阪カンボディア王国名誉領事館が後援する在日カンボジア留学生協会主催のチャリティーイベントに当館スタッフが参加致しました。

 

オープニングでは、会長であるピーリーホウン様から参加者へ向けての挨拶があり、続いて本チャリティーイベントの概要の説明が次年度の会長となるエッタイ様から行われました。支援対象地域であるコンポントム州のオー・タック・タラー小学校では120名いる学生に対して、施設も狭く、教師が2名のみという環境である上に、ノートや教科書も十分にない状況との説明がありました。この状況を少しでも改善することを目的として、同協会が今回も同地域へのチャリティーイベントの催しを行いました。当館もこのイベントに寄付をさせて頂き、それらは図書室の新設やその図書の提供にあてられます。

 

またイベントでは当館スタッフが挨拶をさせて頂き、参加者の皆様は普段食べる機会のないカンボディア料理に舌鼓を打ちました。立食の後は、カンボディアに関するゲームやカンボディア人留学生による歌唱、全員参加型のアクティビティーも行われ、参加者は楽しいひと時を共有されました。

 

当館と致しまして、今後とも在日カンボディア留学生協会(関西地方)の皆様と協力して、カンボディアと日本の更なる友好に繋がるべく、活動して行きたいと考えております。

 

This event is organized by the Khmer Student Association in Kansai. The staff of the honorary consulate took the part in this event, and we intend to support it with a donation to help the people in local areas of Cambodia through a donation program. We, the honorary consulate, also donated to this charity event in support of a school in the countryside of Cambodia, namely Oh Toek Thla Elementary School (Oh Toek Thla village, Kroyear commune, Santuk district, Kompong Thom Province).

 

写真:ピーリーホウン様の挨拶

Picture: The opening remarks by Ms. Phy Lyhoung

 

写真:次年度会長のエッタイ様の挨拶

Picture: The special greeting by Mr. Chiv Ek Thai

 

 

写真:留学生の皆様手作りのカンボディア料理(豚ごはん)

Picture: Cambodian food prepared by Cambodian students

 

 

写真:カンボディア人留学生により歌唱発表

Picture: Singing performance by Cambodian student

 

写真:在日カンボジア留学生協会(関西)の感謝状

Picture: Letter of thanks from the Khmer Student Association in Kansai

 

 

 

在日カンボジア留学生協会の学生様にイベント告知のためにご来館頂きました。

2018年11月28日、在日カンボジア留学生協会のホウン会長と次年度の会長となられるタイ様にご来館頂き、今週土曜日(12月01日)に開催予定であるチャリティーナイトとそれにかかる現地子供達への寄付への告知のためにご来館頂きました。

 

同協会はこのようなチャリティーイベントは5年ほど前より行っており、今年も昨年と同様に同国コンポントム州にあるオー・タック・タラー小学校(Oh Toek Thla )への支援となり、今回は図書室の整備や教材の補充などを目的とした募金活動を行なわれます。

 

当館も微力ではございますが、この募金への協力を致しております。留学生の皆様と共に現地への支援を行う事は大変意義のある活動でございます。是非興味をお持ち頂いた皆様にもチャリティーイベントへのご参加と募金へのご協力を賜れれば幸いにございます。

 

また下記、在日カンボジア留学生協会のホウン会長と次年度の会長となられるタイ様から今回のチャリティーイベントと募金に関するコメントを頂戴しておりますので、ご紹介いたします。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

私たち、在日カンボジア留学生協会(関西地方)は毎年、母国のカンボジアにて恵まれない小学校に教育支援をしています。今年は首都プノンペンから車で4時間ほどの距離にあるオータックタラー村の小学校に識字教育の支援を取り組んでいます。120名の生徒が勉強しているオータックタラー小学校は教科書と教材不足の問題を抱えています。私たちは教材を提供し、それらを持続的に使えるように、保管と利用する図書室を設け、子供たちが教材をシェアする習慣を育てたいと考えています。子供たちが本を読む事を好きになってもらうための授業企画などにも取り組んでいます。皆様のあたたかいご支援とご協力をお待ちしております。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

写真:名誉領事との面談

 

写真:名誉領事との面談

 

写真:寄付のチラシ