Topics トピックス

プノンペンにて落語公演を行われる桂小春團治氏にご来館頂きました。

2019年04月17日、カンボディア プノンペンにて落語公演を予定なさっておられる桂小春團治氏とコーディネーターである(資)スアーエイジアの松井代表にご来館頂きました。

 

桂氏は「世界でも通用する落語家」をキャッチフレーズとして、字幕を用いた落語を披露するなど、大変ユニークな取り組みで有名でございます。同氏はこれまでに世界最大の芸術祭であるエジンバラ・フェスティバルに日本の落語家として初めて参加なされ、国際演劇祭における招待公演、各国大使館の主催公演等により、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、フィンランド、ノルウェー、ベルギー、ブルガリア、韓国、トルコ、カナダなどで公演を行っていらっしゃいます。

またアメリカではハーバード大学、コロンビア大学、カーネギーホールや国連本部でも公演を行い成功をおさめられておられます。

 

この度カンボディアでも落語公演を行い、日本に興味を持っておられるカンボディアの方々に、さらに日本の伝統を知ってもらいたいという経緯で公演が行われます。

当館もこのご公演へ後援をさせて頂いております。

 

2019年06月05日にプノンペンへ観光をなさっていらっしゃる方は、是非ご参加なさってみてはいかがでしょうか。

 

2019年06月05日(水) 18:00 CJCC 絆ホール

(王立プノンペン大学内)

出演:桂小春團治、桂治門、林家染八、 三味線:花登益子

 

 

写真:桂小春團治氏(真ん中)、松井代表(右)、当館名誉領事(左)

Pictures: Mr. Koharudanji Katsura(Left), Mr. Matsui (Right), Honorary Consul Mr. Yamada

 

当館スタッフが在日カンボジア留学生協会主催のお正月パーティーにゲストとして出席致しました。

2019年4月13日、今年もたくさんの参加者で賑わいました。このように毎年たくさんの方々が参加なさるのは、それだけカンボディアが注目されている表れと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

このお正月パーティーでは、新メンバー(カンボディアからの留学生)の紹介や、カンボディアお正月恒例のトロットダンスなどのパフォーマンスが行われました。

 

また今年は、今年の6月にカンボディアにて落語を行う予定である桂小春團治氏も参加なされ、カンボディアでのイベントのご紹介とこれまでの同氏の活動の説明をなされました。

 

この後、乾杯及び会食がスタートし、普段なかなか味わうことのできないカンボディア料理に参加者の皆様は舌鼓をうちました。会食後、カンボディアのお正月恒例のゲームやダンスなどが催され、参加者は最後まで楽しむことが出来ました。

 

今後とも当館は在日カンボジア留学生協会に協力させて頂き、カンボディアと日本の友好関係に少しでも協力出来ればと存じます。

 

 

写真:在日カンボジア留学生協会(関西地方)の会長の挨拶

PictureOpening speech by the president of Khmer Student Association in Kansai

 

写真:カンボディアお正月恒例のトロットダンス

PictureTrot Dance as the Cambodian New Year’s activity

 

写真:新メンバーの方々

PictureNew members of Khmer Student Association in Kansai

 

写真:カンボディアの伝統ダンス

PictureTraditional Dance as the Cambodian New Year’s activity

 

 

写真:桂小春團治氏からの紹介

Picture: Introduction by Mr. Koharudanji KATSURA

 

 

写真:カンボディア料理

PictureCambodian cuisine

 

 

当館スタッフが関西領事団年次総会に参加致しました。

2019年4月11日、当館スタッフが関西領事団年次総会に出席致しました。

 

毎年行われているこの年次総会には各国の総領事、名誉総領事、日本国外務省の各国大使館・領事館担当者が参加なされました。

 

この総会では前回の年次総会でのアジェンダの採択、2018年度の活動報告が行われ、どのように関西領事団のメンバーが関西の企業、人々とこの一年に交流が行われたのか確認されました。

 

また最大のイベントして、今年行われたばかりである関西領事団の150周年記念にかかるイベントに関しても触れられ、会場で撮影されていた映像を視聴し、各国領事館・名誉領事館の関係者があの素晴らしいイベントをそれぞれ思い起こすことが出来ました。

 

当館スタッフは各国領事・名誉領事館の方々と交流させて頂き、情報交換をさせて頂きました。今後とも当館と致しまして、在関西のカンボディアの窓口として、カンボディアを広めていきたいと考えております。

 

写真:年次総会の様子

 

在日カンボジア留学生協会(関西地方)主催 カンボディアお正月パーティのご案内

 

在日カンボジア留学生協会(関西地方)より、カンボディアお正月パーティーの

ご案内を頂きました。

 

日 程: 2019年04月13日(土) 17:00~20:30

 

場 所: 兵庫国際交流会館多目的ホール 3F

阪神本線「岩屋」駅より徒歩3分

東海道本線(JR神戸線)「灘」駅より徒歩5分

 

参加費: 社会人 2000 円

学生  1500 円

小学生     無料

 

 

皆様、カンボディアのお正月を体験できる、大変貴重なイベントです。

奮ってご参加ください。

 

当館が協力しているJAPFの2019年度春期インターンシップの修了式が当館で行われました。

 

2019年3月26日に日本アジア振興財団(JAPF)が主催した春季インターンシップの修了式が当館にて執り行われました。

 

今回は28名ほどの大学生の皆様がカンボディアやベトナムを訪れて、提携機関の施設や学校等を訪問し、カンボディアの現状に関して見識を広められました。あいにくスケジュールが重なってしまい、ご参加頂いた学生は少なかったですが、一人一人から経験されたことをたくさんお聞きすることが出来ました。

 

式に参加した学生には山田名誉領事の代理として当館スタッフが修了証書を手渡し、カンボディアの現状に関する意見交換が行われました。参加した生徒一人一人から、カンボディアでの体験したこと、カンボディアへ訪れた後にどのように自分で考えるようになったかなど、成長なされた皆様から色々なお話を聞かせて頂きました。

 

当館と致しまして、今回インターンシップに参加なされた学生の皆様にはこの度のご経験を通して得た新しい価値観を糧に。今後とも更に自己啓発に励み、頑張って頂きたいと存じます。

 

今後とも引き続き当館はJAPFの活動に協力し、日本の皆様にカンボディアに興味を持って頂けるよう活動していきたいと考えております。

 

写真:インターンシップ参加者と当館スタッフ

 

On 26th March 2019, the Spring internship closing ceremony of JAPF was held at Honorary Consulate of Cambodia in Osaka. The students who joined this internship visited schools and project sites of JAPF and they could study the current situation of Cambodia. The staff of Honorary consulate handed the certificates to each student and gave his lecture that the current situation of Cambodia and the relationship with other countries at the international society.

 

日本銀行大阪支店 山田支店長を囲む会に参加致しました。

2019年02月22日、当館スタッフがアジア協会アジア友の会が主催した日本銀行大阪支店山田支店長を囲む会に参加致しました。今回は山田支店長により「関西経済の最近の動向について」お話し頂きました。

 

タイトルの通り難しいイメージもありましたが、山田支店長のユーモア溢れる軽快なトークで分かりやすくご説明頂き、参加者は聞き入っておりました。

 

世界経済と日本経済、関西経済の現状と展望に関してお話しになられ、特に関西経済に関し、インバウンドの恩恵がどこの都道府県よりもあり、比較的経済は好調と言える状況であるとおっしゃっておりました。さらに大阪府内におけるインバウンドの影響は0.2%の経済効果を与えており、毎年1%未満の経済成長下で、0.2%は大変大きな意味を持っているとの事です。外資系企業の大阪府への誘致状況においても、45%がインバウンド関連の企業の進出であるとのことでした。

 

第2部の懇親会では参加者と山田支店長が交流をし、当館スタッフも山田支店長に挨拶をさせて頂き、カンボディアの経済状況に関して意見交換をさせて頂きました。

 

今後ともこのようなイベントに参加させて頂き、関西及び日本の経済情報などを踏まえ、関西におけるカンボディアの代表として、交流を深めていきたいと考えております。

 

写真:山田支店長のお話しの様子

 

写真:山田支店長のお話しの様子2

 

当館山田名誉領事が関西領事団150周年記念ガラディナーに出席致しました。

2019年02月01日、帝国ホテル大阪にて行われた関西領事団150周年記念ガラディナーに当館山田名誉領事が出席致しました。

 

当館が所属しております関西領事団は創立150周年を迎え、一世紀半にも及ぶ活動を通し、これまでの活動を祝し、記念のイベントを行う事となりました。

 

1868年に神戸港が開港し、国際貿易が始まると、この地に外国の使節団が置かれました。当初は“神戸領事団”と呼ばれておりましたが、1959年に“神戸・大阪領事団”、そして1984年に現在の名前となりました。

 

この記念すべき年に高円宮妃久子殿下をご来賓にお迎えし、この素晴らしいイベントが行われました。

 

このイベントの開始前には高円宮妃久子殿下と領事団のメンバーとの記念撮影が行われ、当館山田名誉領事も参加致しました。ガラディナー前には、特別なスペースにて出席者とのカクテル等と共に交流をする時間も設けられました。

 

ガラディナーでは、特別な演目として、大槻 文藏氏による半能「石橋」大獅子が行われ、出席者はその迫力と磨き上げられた芸術に大いに盛り上がりました。

 

開催の辞にて、関西領事団 団長であるラファエル・アパリシオ氏による挨拶が行われました。来賓祝辞として、高円宮妃久子殿下による挨拶も行われました。続いて、日本国外務省特命全権大使(関西担当)である石川和秀氏により乾杯が行われ、会食が始まりました。

関西領事団のメンバー及び関係者以外にも一般参加者として関西圏の企業なども参加し、各テーブルでは各々の方々が話に花を咲かせ、素晴らしい時間となりました。当館もテーブルを共にした方々にカンボディアに関するお話をさせて頂き、カンボディアへの興味をもって頂くことが出来ました。

 

会食終了後、Kimono Projectと題して、各国をイメージした着物の発表があり、ステージではモデルの方々が特別な着物に身を包み、ファッションショーも行われました。華やかなデザインの着物に参加者はその美しさに心を奪われておられました。

 

もう一つの演目として、東京音楽大学ピアノ演奏家コースに在籍している太田 糸音氏の演奏も行われました。同氏は全日本学生音楽コンクール中学校の部にて全国1位、その他でも数々の賞を獲得し、大変注目されている若手ピアニストです。メンデルスゾーン、リストとショパンの曲目を華麗に弾かれ、その素晴らしい音色に出席者は酔いしれておりました。

 

最後に関西領事団 副団長であるディーター・ソンマー・ハルダー氏による閉会の辞が行われ、この記念イベントが幕を閉じました。当館の写真掲載以外にも、ABCテレビ様等のメディアにもイベントの内容が取り上げられておりますので、ご興味のある方は是非ご確認ください。

 

在大阪カンボディア王国名誉領事館も設立より、もうまもなく20年目を迎えます。これまでを振り返りますと大変感慨深い気持ちです。次の時代に向け、関西領事団と共に関西地域、そして日本とカンボディアの両国関係のために今後とも貢献できるよう尽力してまいります。

 

 

写真:高円宮殿下との記念写真

 

写真:高円宮殿下との記念写真(関西領事団メンバーのみ)

 

写真:カンボディア王国をイメージした着物

 

写真:会場の様子 

 

 

写真:各国をイメージした着物の発表の様子

 

 

 

神戸市北区広陵町自治会館(カンボディア・パビリオン)への産経新聞社取材に当館スタッフが同行致しました。

2019年01月31日、神戸市北区広陵町自治会館(カンボディア・パビリオン)への産経新聞社取材に当館スタッフが同行致しました。

 

同自治会は1970年の大阪万博にて使用されたカンボディア・パビリオンを同地に移築し、現在は自治会集会所として使用されている全国に一つしかない非常に珍しく、大変貴重な存在です。

 

長年、保存修復にかける活動をなされてこられた同自治会会長の田中様の努力が実り、昨年改修工事が終了したばかりです。修復工事にはパビリオンの見どころの一つとも言える屋根瓦の交換も行われ、5,600枚以上の新しい瓦が張り替えられました。

 

こうした中、大阪万博誘も決定した経緯からカンボディア・パビリオンへの注目が更に集まり、産経新聞大阪本社の記者様より取材の依頼を受け、当館が協力させて頂く事となりました。

 

産経新聞の記者様は、幼少の頃より同地域に住まわれている田中自治会長に関する質問、カンボディア・パビリオンが当時のディベロッパーにより移築された時のお話、改修工事にかかるエピソード、そして2025年の大阪万博によせる思い等を質問されておられました。

 

質問に答える田中自治会長は饒舌に質問に答え、昔を懐かしく回想され、終始優しい笑顔で回答なされておられました。特に田中自治会長は次の万博にて使用されるパビリオン(レガシー)が閉幕後にどのように扱われるのか、パビリオンを持つ町の地域住民として大変興味があるとアツく語っておられました。

 

また毎日、地域住民のクラブ活動にも使用されているミニ体育館の役割もあるカンボディア・パビリオンではヨガのクラスが行われており、館内の装飾と共に産経新聞記者様のお写真におさまりました。

 

当館は今後ともカンボディア・パビリオンのPR及びカンボディアへの観光及びビジネス投資活動のアピールに貢献していきたいと存じます。

 

 

写真:取材の様子(田中自治会長と産経新聞の記者様)

 

 

写真:取材の様子(田中自治会長と産経新聞の記者様)

 

 

写真:地域住民のクラブ活動の様子

 

関西領事団150周年記念レセプションに当館山田名誉領事が出席致しました。

2019年01月28日に大阪府庁咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)49階にて行われた関西領事団150周年記念レセプションに当館山田名誉領事が出席致しました。

 

関西領事団の創設150周年を記念して、大阪府・大阪市・関西領事団の共催で行われました。

 

本レセプションは大阪府松井知事の挨拶にて始まり、松井知事はG20や大阪万博などこれから大阪の地で行われるイベントに関して、熱い思いを述べておられました。

 

続いて、アパリシオ関西領事団長の挨拶が行われ、これまでの関西領事団の歩みをご説明なされました。

 

外務省特命全権大使(関西担当)の石川氏の乾杯の挨拶により、宴が始まり、出席者の歓談が行われ、大阪の有名な日本酒やタコシャンもふるまわれ、出席者は大阪の特別な味に舌鼓を打ちました。

 

当館山田名誉領事は松井知事、吉村市長の両氏にご挨拶をさせて頂き、神戸市にあるカンボディアパビリオン、並びにカンボディアに関連するお話をさせて頂きました。

 

在大阪カンボディア王国名誉領事館として、今後とも大阪及び関西にカンボディアの魅力をアピールし、地域に貢献させて頂ければと考えております。

 

写真:松井知事によるご挨拶

 

 

写真:関西領事団 団長のアパリシオ総領事(パナマ共和国)によるご挨拶

 

 

写真:外務省特命全権大使(関西担当)の石川氏による乾杯のご挨拶

 

 

写真:会場の様子

 

 

写真:松井知事と山田名誉領事

 

 

写真:吉村市長と山田名誉領事

 

近畿総合通信局主催「第二回 災害情報伝達に関するセミナー “アンサー”プログラム」に参加致しました。

2019年01月11日、大阪合同庁舎第1号館2階大会議室にて、近畿総合通信局の主催により開催されました「第二回 災害情報伝達に関するセミナー」に当館スタッフが参加致しました。

 

今回のセミナーは昨年11月05日に開催された第一回目の「災害情報伝達に関するセミナー」に続き開催されました。関西の地方自治体の防災担当者の皆様等から要望を踏まえ、アンケートに寄せて頂いた貴重なご質問や意見などを踏まえて、改めて課題解決に向け、それぞれの知恵を出し合う場として設けられました。

 

近畿総合通信局長の大橋氏より開会の挨拶が行われ、第一部に大阪管区気象防災部 地震情報官の菊田氏より、「南海トラフ地震に関する情報」にかかる講演が行われ、南海トラフ地震は多様性があり、西暦1400年頃以降より概ね100~150年の間隔で大規模地震が繰り返し発生されると説明なされました。また今後30年以内に70~80%の確率で発生するため、日ごろからの地震に対する一人一人の意識が大切であるとおっしゃっておられました。大阪府において、最大津波が5m、最速到達時刻は59分頃と言われております。

 

第二部では防災にかかる機器展示紹介として、6社ほどが参加し、防災無線、スピーカー、情報共有ネットワーク及びそれにかかる機器の紹介をなされました。

 

第三部と第四部では有識者の皆様によるパネルディスカッションが行われ、各専門分野の方が、今後起こりうる大地震にどのように各自治体が取り組むべきか、熱い議論をなされました。特にNPO法人多言語センターFACIL理事長でおられる吉富様が指摘なされていた情報弱者に陥ってしまう外国籍の人々への理解、相互協力が必要であると指摘し、各地域住民がより積極的に外国籍の人々と関わることが重要であるとおっしゃっておられました。

 

今回のセミナー出席を踏まえ、当館としても今後起こりうる災害に備え、関西に住まうカンボディアの皆様と連絡を取り合い、情報を共有していきたいと考えております。

 

写真;会場の様子

 

 

写真;会場の様子

 

 

写真:パネルディスカッションの様子

 

 

写真:展示コーナーの様子