Topics トピックス

世界自殺予防デー(9月10日)

World Suicide Prevention Day (10 Sep)

今年の6月に発行された世界保健機関の「2019年度世界自殺報告書」によると、2019年の自殺による死亡者数は、ASEAN諸国10か国のランキングで、カンボジアは7位となりました。

According to the “Suicide Worldwide in 2019” report, released in June this year by the World Health Organization (WHO), Cambodia ranked seventh amongst the ten ASEAN countries with number of deaths due to suicide in 2019.

 

2019年 自殺死亡者数(アセアン地域)

Number of Suicide Deaths in 2019 (ASEAN Region)

  1. ベトナム Vietnam: 7,249
  2. インドネシア Indonesia: 6,544
  3. タイ Thailand: 6,147
  4. フィリピン Philippines: 2,325
  5. マレーシア Malaysia: 1,823
  6. ミャンマー Myanmar: 1,565
  7. カンボジア Cambodia: 800
  8. シンガポール Singapore: 650
  9. ラオス Laos: 390
  10. ブルネイ Brunei: 12

 

カンボジアの自殺による死亡者数は、近隣諸国と比べるとそれほど多くはありませんが、自殺はカンボジアでも深刻な社会問題となっています。カンボジアのNGO団体「Transcultural Psychosocial Organization (TPO) Cambodia」によりますと、カンボジアでは精神疾患の方々に対する質の高い保健サービスの提供や支援などは、まだまだ不足しているそうです。また、現在カンボジアには、独自の「国家自殺対策戦略」がないようです。クメールルージュによる大虐殺、そして貧困の状況が、カンボジアの社会における精神疾患の原因であると言われています。

While Cambodia’s suicide death rates may not be as high as compared to its neighbouring countries, it is still a major concern in Cambodia. According to Cambodian NGO, “Transcultural Psychosocial Organization (TPO) Cambodia”, there is still a lack of quality health services and support for people who are suffering from mental health or psychological problems in Cambodia. And unlike Japan, currently Cambodia does not have a National Suicide Prevention Strategy as well. It is said that the Khmer Rouge Genocide and poverty in the country are some of the factors leading to mental health issues in the Cambodian society.

 

自殺は、世界共通の健康問題です。自殺は、個人的な問題ではなく、社会に関わる問題です。自殺という社会問題を防止するためには、私達がさらに関心を持ち、問題に取り組む意識が必要です。

Suicide is a global health concern. Suicide should not be an individual problem but a problem of everyone, and it requires more of our attention and awareness to tackle this social issue.

 

世界自殺に関する基本情報・Key Facts About Global Suicides

(1) 世界で毎年約70万人が自殺によって死亡している。

Every year about 700,000 people die by suicide globally.

 

(2) 15~19歳の年齢層の若者の死亡原因として、自殺は4位である。

Suicide is the fourth leading cause of death amongst young people aged 15-19.

 

(3) 世界中の77%の自殺は低中所得国で発生。

77% of global suicides occur in low- and middle-income countries.

 

(4) 世界的によくある自殺手段は、殺虫剤による服毒、首吊り、そして拳銃である。

Common methods of suicide globally are, self-poisoning by pesticide, hanging and firearms.

 

***********************

心の健康に関する相談は、日本厚生労働省(まもろうよこころ)電話: 0570-064-556(日本語対応)、またはTELL Japan 電話:03-5774-0992(英語対応)へご連絡ください。

カンボジアでの相談は、TPO Cambodia 電話:+855 (0) 23 63 66 991へご連絡ください。

 

If you need help, you can call the Japan Ministry of Health, Labour and Welfare (Mamorouyo Kokoro) at 0570-064-556 (Japanese-speaking), or TELL Japan at 03-5774-0992 (English-speaking).

In Cambodia, you can call TPO Cambodia at +855 (0) 23 63 66 991.

 


参考文献・Reference(s):

  • International Association for Suicide Prevention, “World Suicide Prevention Day New Theme”, 15 April 2021, https://www.iasp.info/2021/04/15/world-suicide-prevention-day-new-theme/
  • Khmer Times, “Suicide A Major Concern With 800 Lives Lost In Cambodia Each Year”, Sar Socheath, 22 June 2021, https://www.khmertimeskh.com/50878655/suicide-a-major-concern-with-800-lives-lost-in-cambodia-each-year/
  • World Health Organization, “Suicide”, 17 June 2021, https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/suicide
  • World Health Organization, “Suicide Worldwide In 2019”, 16 June 2021, https://www.who.int/teams/mental-health-and-substance-use/suicide-data
  • World Health Organization, “National Suicide Prevention Strategies”, 30 November 2018, https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/279765/9789241515016-eng.pdf
  • 国家自殺対策戦略, 2020年3月5日, https://jssc.ncnp.go.jp/file/pdf/NationalSuicidePreventionStrategies_JSSC.pdf
  • カンボジアにおける自殺の状況と自殺対策, https://jssc.ncnp.go.jp/file/pdf/SPRJ2018_1_6.pdf
  • TPO Cambodia, “The Need For Mental Health Care In Cambodia”, https://tpocambodia.org/the-need/
  • 日本厚生労働省, まもろうよこころ, https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
  • TELL Japan, https://telljp.com/

 

世界ライオンの日 World Lion Day

(Report in English follows after Japanese)

Photo credit: Lion World Travel

本日8月10日(火)は「世界ライオンの日(World Lion Day)」です。この啓発デーの創設者はNetflixのドキュメンタリー「タイガーキング」(Tiger King)に出ている 「ビッグキャットレスキュー」(Big Cat Rescue)という動物保護団体です。この啓発デーは、ライオンの保護の大切さを多くの人に知ってもらうために創設されました。そこで、今日はライオンについて、詳しく学んでいきましょう!

 

ペットといえば、一般的に犬や猫を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、カンボジアではなんと、ライオンをペットとして飼っている男性がいるようです!まさに、巨大なネコちゃん!

 

今年の4月に、ペットとして飼育されているライオンがTikTokビデオに登場した後、カンボジアの警察が調査を始めました。そして6月27日に、NGOのワイルドライフ・アライアンス(Wildlife Alliance)の協力のもと、警察は飼い主のプノンペンにあるヴィラからライオンを押収しました。また、ライオンの飼い主は、住宅で違法に野生生物を飼育したという理由で、罰金も課せられました。

 

しかしその後、カンボジアのソーシャルメディアなどで、多くの人々からライオンを飼い主に返すべきだという声が上がったため、カンボジのフン・セン首相がこの件に介入し、正しい環境でライオンを飼育することを条件に、ライオンを飼い主の元へ戻すことに同意しました。また、既に支払われた罰金も、飼い主へ返される予定です。

 

この飼い主のライオンに対する愛情や気配りはとても素晴らしいことですが、ライオンは本来野生で暮らす動物ですので、ペットとして飼育するべきではないでしょう。

 

ライオンに関する豆知識:

  1. ライオンの群れを、英語では「プライド」(pride)と呼ぶ。
  2. ライオンの群れでは、主にメスが狩りをし、オスは群れを守る役割をしている。
  3. ライオンは「ジャングルの王」(King of the jungle) と呼ばれているが、実際はジャングルではなくサバンナに住んでいることが多い。
  4. ライオンは自然界では天敵がおらず食物連鎖のトップに君臨しているにもかかわらず、IUCN(国際自然保護連合)の絶滅危惧種に認定されている。

 

プノンペンのヴィラでペットのライオンと飼い主。The owner with his pet lion in his Phnom Penh villa. Photo credit: Ministry of Environment Cambodia.

 

Today, 10th August (Tue.) is World Lion Day. This awareness day was founded by Big Cat Rescue, an exotic feline sanctuary known for being on the Netflix documentary series Tiger King. World Lion Day celebrates and brings awareness to the importance of the conservation of Lions. So let’s increase our awareness by learning more about lions today!

 

Usually, when we hear “pets” we imagine dogs or cats. However, a man living in Cambodia actually has a lion as a pet! That’s really a giant cat for a pet!

 

After the owner’s pet lion had appeared on Tiktok videos in April this year, the Cambodian police authorities started investigations. Then on June 27, with the help of NGO Wildlife Alliance, the pet lion was confiscated from its owner at his villa in Phnom Penh. The owner was also fined by the Cambodian police for the illegal keeping of lions in private homes.

 

However, after a series of social media posts that appealed for the lion to be returned to its owner got viral, Cambodia Prime Minister Hun Sen intervened and agreed to the proposal under the condition that the lion is well contained. The fine paid will be returned to the owner as well.

 

It is a wonderful thing to witness the love and care that the owner has for his pet lion. However, we certainly do not recommend lions as pets, for they are exotic animals and born to live in the wild.

 

And below are more Fun Facts about lions to know:

 

Fun Facts About Lions:

  1. A group of lions is called a “pride”.
  2. Female lions do most of the hunting in the pride, while male lions protect their pride.
  3. Lions are often referred to as “King of the Jungle” but they usually live in savannahs.
  4. Despite being at the top of the food chain with no natural predators, lions are considered vulnerable to extinction on the IUCN Red List of Threatened Species.

 


参考文献・Reference(s):

  • The Guardian, “Pet Lion Seized From home In Cambodia Capital After Appearance on Tiktok”, 28 June 2021, https://www.theguardian.com/world/2021/jun/28/pet-lion-seized-from-home-in-cambodia-capital-after-appearance-on-tiktok
  • Khmer Times, “Man Who Kept Pet Lion In Phnom Penh Villa Fined $30,000”, 30 June 2021, https://www.khmertimeskh.com/50883735/man-who-kept-pet-lion-in-phnom-penh-villa-fined-30000/
  • BBC News, “Pet lion returned to owner after Cambodian PM’s intervention”, https://www.bbc.com/news/world-asia-57726617
  • Lion World Travel, “Celebrate world lion day with 12 amazing and important lion facts”, https://www.lionworldtravel.com/news/who-knew-12-amazing-important-lion-facts
  • IUCN Red List of Threatened Species・レッドリスト, https://www.iucnredlist.org/species/15951/115130419

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

International Beer Day・世界ビールデー

Photo credit: Wikimedia Commons

本日8月6日(金)は「世界ビールデー(International Beer Day)」です。世界ビールデーは、ビール産業に関わる人々に感謝する日です。2007年以降、日本とカンボジアを含めた80カ国で、毎年8月の第一金曜日に友達や家族が集まってビールを飲んでお祝いしています。なんだか楽しそうですね!

カンボジアには数多くのビールブランドあります。その中でもとりわけ地元の人や観光客に人気なのが、「アンコールビール(Angkor Beer) 」と「カンボジアビール (Cambodia Beer)」です。どちらのブランドのビールもアルコール度数が5%で、値段は87円程度となっています。

 

Today, 6th August (Fri.) is International Beer Day. Founded in 2007, International Beer Day celebrates the people who brew or serve beer on the first Friday of August by gathering with family and friends to drink beer. Sounds like fun doesn’t it!?

International Beer Day is celebrated in Cambodia as well. Cambodia is known for its variety in beer brands, amongst the most popular is “Angkor Beer” along with “Cambodia Beer”. Both brands have 5% ABV and cost roughly $0.8 (~\87).

 

Did You Know?

皆さん、以前「カンボジアビール」のプルタブの裏にくじが付いていたことをご存知ですか?ビールを飲んだらビールが当たるかも!景品は、ビールをもう一缶から車のポルシェマカンまで、幅広くありました。ポルシェの当選者はテレビで生放送され、さらなるビールの売り上げに貢献しました。ビールの宣伝になるいいアイデアですね!

 

“Cambodia Beer” used to have a lottery on their ring pull tabs! You could win a free beer by drinking beer! The prizes ranged from a free drink to a Porsche Macan. The winner of the Porsche Macan was given his prize on live TV, driving their sales up even more! What a great idea!

 


参考文献・Reference(s):

  • Wikipedia Commons, “Angkor and Cambodia beer”, https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Angkor_and_Cambodia_beer.JPG
  • Cambodia News English “Don’t Fret! Cambodia Beer Ring Pull Prizes Still Valid”, 13 December 2019, https://cne.wtf/2019/12/13/dont-fret-cambodia-beer-ring-pull-prizes-still-valid/

 

ノロドム・モニニヤット・シハヌーク皇太后陛下誕生日

Royal Birthday of Her Majesty Queen Mother Norodom Monineath Sihanouk

We, at the Honorary Consulate of the Kingdom of Cambodia in Osaka present our warmest best wishes of happiness, good health and longevity on this auspicious occasion of the Queen Mother of Cambodia, Her Majesty Norodom Monineath Sihanouk’s 85th birthday.

本日、カンボジアのノロドム・モニニヤット・シハヌーク皇太后陛下は、85歳の誕生日を迎えられました。当館は、ノロドム・モニニヤット・シハヌーク皇太后陛下の益々のご健勝と、王室の一層のご繁栄を祈念しております。

 

Do You Know?

Her Majesty Norodom Monineath Sihanouk’s official title is “Samdech Preah Mahaksatrey Norodom Monineath Sihanouk”, and is also known as “Preah Voreakreach Meada Cheat Khmer”, which means “Mother of the Khmer Nation” in Khmer language.

皆さんは、ノロドム・モニニヤット・シハヌーク皇太后陛下のご称号をご存じですか。

ご称号は、「Samdech Preah Mahaksatrey Norodom Monineath Sihanouk」です。

また、クメール語で「カンボジア王国の母親」を意味する「Preah Voreakreach Meada Cheat Khmer」とも呼ばれているそうです。

 


参考文献・Reference(s):

  • Wikipedia, Norodom Monineath, 10 June 2021, https://en.wikipedia.org/wiki/Norodom_Monineath

 

カンボジアノロドム・シハモニ国王陛下お誕生日

Royal Birthday of His Majesty King Norodom Sihamoni

Photo Credit: Bangkok Post

We, at the Honorary Consulate of the Kingdom of Cambodia in Osaka would like to present our warmest best wishes of happiness, good health and longevity on this auspicious occasion of His Majesty’s 68th birthday.

本日、ノロドム・シハモニ・カンボジア国王陛下は68歳の誕生日を迎えられました。当館は、ノロドム・シハモニ国王陛下の益々のご健勝と、王室の一層のご繁栄を祈念しております。

 

Since it is King Norodom Sihamoni’s birthday today, here’s a little-known fact about the King himself.

以下にノロドム・シハモニ国王陛下にまつわる豆知識を1つ紹介させていただきます。

 

King Norodom Sihamoni was awarded the Japan’s “Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum” on 11 May 2010, making him the first Cambodian King to do so. The “Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum” is Japan’s highest order, and it is the only order presented in the form of a necklace-like ornament. The order is usually presented to members of the Imperial House of Japan, former Japanese prime ministers, as well as foreign head of state/monarchs.

2010年5月11日、日本の「大勲位菊花章頸飾」がノロドム・シハモニ国王陛下に贈られました。これはカンボジア国王としては初めてのことです。「大勲位菊花章頸飾」は、日本の最高位勲章であり、頸飾の形状を持つ唯一の勲章となります。この勲章は、主に日本の皇族・王族や前内閣総理大臣、外国元首へ授与されるものです。

Photo Credit: www.antiquecoin.jp

 


参考文献:

  • Wikipedia, “大勲位菊花章頸飾”, https://ja.wikipedia.org/wiki/大勲位菊花章頸飾

 

Happy Khmer New Year・クメール正月

Here’s wishing all our Cambodian friends and everyone celebrating this festive occasion, a Happy Khmer New Year!

 

Unfortunately, this year, due to the Covid-19 community infection outbreak in Cambodia in February, Khmer New Year festive celebrations were impossible. In order to curb the further spread of Covid-19 in the local community, the Cambodian government has requested all Cambodia citizens and residents to engage in “New Year At Home!”.

 

Both Cambodia and Japan are struggling with the rising local Covid-19 infection cases, and we sincerely pray that the outbreak situation can be placed under control soonest. We’d like to also wish all Cambodia citizens and residents continued good health and prosperity for the New Year.

 

カンボジア国民の皆様、及びクメール正月をお祝いする皆様、クメール正月、あけましておめでとうございます!

 

今年は、2月の新型コロナウイルス大規模市中感染拡大の影響で、カンボジアでは大規模なクメール正月のお祝いが規制されています。感染拡大防止のため、カンボジア政府から、カンボジア国民・居住者に対し「New Year At Home!(クメール正月はステイホームを!)」との要請がありました。

 

カンボジアも日本も、毎日厳しいコロナ感染状況が続いております。一刻も早くコロナ感染拡大が収まりますよう心よりお祈り申し上げますとともに、カンボジア国民・居住者の皆様の益々のご健勝とご繁栄を祈念いたしております。

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

International Women’s Day 国際女性デー

今日は国際女性デーです!毎年3月8日は、世界各地で女性の功績を称え、女性の政治的平等を提唱する記念日です。カンボジアでも、国際女性デーは公式な祝日です。今回は国際女性デーを記念して、活躍している3名のカンボジア女性をご紹介させていただきます。

 

1)Vannary San

Photo credit: South China Morning Post

Vannary San氏は、カンボジア人ファッションデザイナーです。カンボジア現地の経済的に困難な状況にある人々を援助しながら、カンボジアの伝統的なシルク産業の復興を使命として活動しています。カンボジアは、クメール・ルージュ統治下で多くの職人が姿を消してしまったため、伝統的なシルク産業は衰退という危機に瀕しています。Vannary San氏は、シルク産業の復興を目指し、たゆまぬ努力を続けています。カンボジアの伝統的な技術を用い、様々なシルク製品を製造し販売しています。2003年にはプノンペンで自らのブティック「Lotus Silk」を立ち上げ、公正な給与・待遇や環境のいい職場を現地の人々に提供しています。また、多くの人にカンボジアの伝統的なシルク産業を知ってもらうため、2019年7月にプノンペンで博物館「The Silk House」をオープンしました。Vannary San氏は、現在カンボジア国内で最も注目されている女性起業家の一人です。

 

2)Kounila Keo

Photo credit: WhenInPhnomPenh.com

Kounila Keo氏は、カンボジアのブロガーであり、ディジタルメディアの先駆者と言われています。2007年に自身のブログ「Blue Lady Blog」を立ち上げ、ブログを通じてカンボジアの社会問題について率直に語っています。それ以降、AFPやBBC、LA Timesなどの有名な海外メディア会社に勤務し、2017年にはForbes(フォーブス)紙の『 30 Under 30 Asia(30アンダー30・アジア)』の一人に選ばれました。現在、カンボジアで自分のメディアコンサルティング会社を経営しながら、地元のライター達がプノンペンを紹介するサイト「WhenInPhnomPenh.com」を運営しています。

 

3)Catherine Harry

Photo credit: WhenInPhnomPenh.com

Catherine Harry氏は、カンボジアの若い啓蒙活動家です。タブーを物ともせず、普段人前では語られないような話題について、皆とは違った切り口で表現しています。自身のFacebookやユーチューブチャネル「A Dose of Cath」で、生理や安全な性行為、性的暴力、妊娠中絶手術など、女性の性に関する話題について忌憚なく意見を述べています。Catherine Harry氏も、2018年のForbes(フォーブス)『 30 Under 30 Asia(30アンダー30・アジア)』の一人に選ばれています。

 


参考文献:

  • The Culture Trip, “10 Inspirational Cambodian Women You Should Know”, Marissa, 4 July 2018, https://theculturetrip.com/asia/cambodia/articles/10-inspirational-cambodian-women-you-should-know/
  • Ready For, “Lotus Silk”, https://readyfor.jp/projects/lotussilk
  • The Culture Trip, “Cambodian Female Entrepreneur Vannary San”, Marissa, 12 March 2018, https://theculturetrip.com/asia/cambodia/articles/profile-cambodian-female-entrepreneur-vannary-san/
  • Forbes, “30 Under 30 Asia”, https://www.forbes.com/profile/kounila-keo/?sh=3731d6af6799
  • Channel News Asia, “Forbes Honour Young Cambodian Who Defies Culture In Gender Equality Fight”, Pichayada Promchertchoo, 4 February 2021, https://www.channelnewsasia.com/news/asia/forbes-young-cambodian-defies-culture-in-gender-equality-fight-10090020

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

#AngkorLikeNeverBefore キャンペーン

コロナ禍で落ち込んだシェムリアップ州の観光ビジネスを振興するため、カンボジアホテル協会(Cambodia Hotel Association)が「#AngkorLikeNeverBefore」というSNSキャンペーンを始めました。

 

多くの観光客の方々に「シェムリアップ・アンコール遺跡群」を訪れていただくため、キャンペーンにはプロモーションビデオが導入されています。ビデオは、シェムリアップの観光目玉スポットのアンコールワット、サーカス団「ファー」、トンレサップ湖、アプサラダンス、スバエクトーイ(影絵芝居)などを特集しています。ビデオを通じて、「観光客が少ない現在、落ち着いた雰囲気の中で、アンコール遺跡群の観光を堪能することができますよ!」ということもアピールしていきたいそうです。以前とは違った、アンコール遺跡群の魅力が味わえるようです!

 

プロモーションビデオは、下記からご覧いただけます。

 

昨年来の世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響により、カンボジアを訪れる外国人観光客の数は激減しています。カンボジア観光省が発表した2020年度旅行者数統計によりますと、2019年度の661万人から、約80%の減少があったそうです。なかでも、毎年およそ200万人もの外国人観光客が訪れていた、世界有数の世界遺産観光地「シェムリアップ・アンコール遺跡群」は、2020年度には約40万人にまで落ち込んでしまいました。

 

ワクチン接種が各国で始まっており、早期の感染収束が期待されます。以前のように海外旅行が楽しめるようになったあかつきには、アンコール遺跡群をはじめとするシェムリアップの新たな魅力に触れるため、ぜひカンボジアを訪れていただきたいと思っております。

 


参考文献:

  • Seishiron, 「カンボジア観光省旅行者数統計2003年~最新版」, https://seishiron.com/wp-content/uploads/2020/12/CAM122020.pdf
  • B2B-Cambodia, “International Travellers To Cambodia Dropped By 80% in 2020”, 21 January 2021, https://www.b2b-cambodia.com/news/international-travellers-to-cambodia-dropped-by-80-in-2020/
  • Khmer Times, “Angkor Like Never Before Campaign To Revive Siem Reap”, Taing Rinith, 18 February 2021, https://www.khmertimeskh.com/50815304/angkor-wat-like-never-before-campaign-to-revive-siem-reap/

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

Chinese New Year 春節・旧正月

Photo credit: Khmer Times

今日(2月12日)から中華圏各地で、チャイニーズニューイヤー(旧正月・春節)が15日間続きます。

 

カンボジアは祝日ではありませんが、チャイニーズニューイヤーを祝う中華系カンボジア人が多数いらっしゃるようです。チャイニーズニューイヤーは、4月のクメール正月に次ぐ、カンボジアで2番目に盛大な新年を祝うイベントになります。ちなみに、カンボジアの七不思議の1つに数えられると思うのですが、なんとカンボジアには新年を祝う行事が3つもあるのです。(もう一つは1月1日のインターナショナルニューイヤー)

 

中華系カンボジア人は、チャイニーズニューイヤーを迎えるにあたり、中華圏の他地方の人々と同様に、旧正月の様々なしきたりに従い準備を進めるようです。例えば、事前に大掃除をしたり、新年用の飾りや縁起物を飾ったり、新年用に新しい服や食べ物、飲み物などを用意したりします。また、チャイニーズニューイヤーのイブに、人々は地元に帰省し、家族や親戚と一緒に夕食をとります。そして、寺院にお参りし、家族の一年の健康などをお祈りします。期間中には、街中でもライオンダンス(獅子舞)が見られます。

Photo credit: Khmer Times

今年のチャイニーズニューイヤーは、カンボジアを含め他の中華圏の国々でも、コロナの影響で例年より小規模なお祝いになると予想されます。今年は帰省せずステイホームで、Zoomなどを利用して家族や親戚、親友と、「Gong Xi Fa Cai!(ゴン・シー・ファー・ツァイ)」(意味:幸せと繁栄をお祈りします!)と定番のフレーズで挨拶し、チャイニーズニューイヤーを過ごすという方も多いかもしれません。とても残念ですが、来年はきっと、皆で顔を合わせてニューノーマルなお祝いが出来ることでしょう。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “The Spirit of Chinese New Year Grows Stronger In Cambodia”, Mark Jayson L. Lozada, 5 February 2019, https://www.khmertimeskh.com/577544/the-spirit-of-chinese-new-year-grows-stronger-in-cambodia/
  • Xin Hua Net, “Cambodia Prepares For Chinese New Year Celebrations”, 25 January 2017, http://www.xinhuanet.com//english/2017-01/25/c_136011886.htm

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

Angkor Wat International Half Marathon アンコールワット国際ハーフマラソン大会

今週末、カンボジアでは「第25回アンコールワット国際ハーフマラソン大会」が開催されます。しかし、今回は大会史上初のバーチャルランとなります!

 

アンコールワット国際ハーフマラソン大会は、1996年に元女子マラソン選手でオリンピックメダリストの有森裕子氏らによって設立され、毎年12月にカンボジアの世界遺産アンコールワット遺跡公園で行われています。魅力的なコースなので、毎年カンボジア国内外から多くのマラソン選手やランナーが参加しています。また、同マラソン大会は、チャリティー国際認定マラソンでもあり、参加費や寄付金が子ども病院や地雷被害者などへの支援に役立てられています。

 

本来であれば、昨年の12月6日に開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大を考慮して、2021年1月24日に延期されました。しかしその後、1月18日にカンボジアオリンピック委員会(NOCC)は、コロナ感染拡大防止対策として、バーチャルラン(virtual run)を2月6日(土)~7日(日)に開催すると発表しました。

 

バーチャルランですが、2月5日(金)にNOCCの正式SNSを通じて、ライブ開幕式が行われる予定です。マラソン大会の参加者は、6日と7日のいずれかの日程でバーチャルランに参加できますが、24時間以内に登録されたレースカテゴリー(5km、10km、21km)を完走する必要があります。また、海外参加者に対しては、次回2021年12月5日開催予定の「第26回アンコールワット国際ハーフマラソン大会」に参加する際、レースタグを提示すると、参加費が25%割引になるそうです。

 

ここで、当館とアンコールワット国際ハーフマラソン大会とのつながりについて、ご説明させていただきます。

19年前(2002年)に、当館の山田名誉領事も、スペシャルゲストとして、アンコールワット国際ハーフマラソン大会に参加させて頂きました。下の写真は、当時のアンコールワット国際ハーフマラソン大会での一コマです。

 

有森さんと山田名誉領事の笑顔がまぶしいですね!


参考文献:

  • Khmer Times, “Angkor Wat International Marathon To Be Held Virtually For The First Time”, Jose Rodriguez T. Senase, 18 January 2021, https://www.khmertimeskh.com/50804568/angkor-wat-intl-marathon-to-be-held-virtually-for-the-first-time/
  • Cambodia Events, Angkor Half Marathon, http://www.cambodia-events.org/angkor-half-marathon/