Topics トピックス

プノンペン首都~カンダール州除き、カンボジア国内移動規制を解除

2021年4月25日(日)、カンボジア政府は、4月7日に発効した「国内移動規制及び全国の観光施設閉鎖」を解除することを発表しました。しかし、プノンペン首都とカンダール州からは、引き続き他州への移動が禁止されています。

 

また、プノンペン首都とカンダール州のロックダウン【当初期間:4月15日(木)~28日(水)】は、5月5日(水)まで延長されることになりました。

 

同時にカンボジア政府は、プノンペン都内とカンダール州内において、新型コロナウイルス感染状況の深刻度により、3つのカラーゾーンに区分するシステムを導入しました。「赤色ゾーン」は、感染状況が非常に深刻、「オレンジ色ゾーン」はやや深刻、「黄色ゾーン」は深刻度が低いことを表します。赤色ゾーンの在住者は、不要不急の外出は一切禁止となります。緊急医療を受ける必要がある方、または、医療関係者や軍兵関係者などのエッセンシャルワーカーは例外となっています。

 

カンボジアでは、今年2月20日に発生した市中感染事件を原因とする感染者数が、昨日で10,000人を越えました。「感染者数:10,555人、死亡者数:79人(4月27日時点)」。

今後も厳しい規制が続くことが予想されます。ビジネスで渡航される方は、在カンボジア日本大使館(https://www.kh.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)、もしくはカンボジア日本人会(http://www.jacam.cc/)からの情報をご確認ください。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “PM Lifts Travel Ban And Reopens Closed Tourism Destinations Nationwide”, Tith Kongnov, 25 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50845130/pm-lifts-travel-ban-and-reopens-closed-tourism-destinations-nationwide/
  • Khmer Times, “Lockdown Extended Three Zone System Introduced According to Severity of Virus”, Tith Kongnov, 27 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50845936/lockdown-extended-three-zone-system-introduced-according-to-severity-of-virus/

 

カンボジア国内移動一時禁止

カンボジア政府は、カンボジア市中における新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨日(4月7日)から4月20日(火)まで、一時的にカンボジア国内移動を禁止することを発表しました。

 

カンボジア国内移動規制の詳細は、下記の通りです。

 

  • 州間の越境を禁止(ただし、プノンペン首都~カンダール州を除く)
  • カンボジア全土の観光施設は2週間閉鎖
  • 陸上輸送、海上輸送、鉄道輸送を目的とする通行は可能
  • 緊急救援やゴミ収集を目的とする交通も通行可能
  • カンボジア労働職業訓練省の許可を得ている場合は、工場・職場へ労働者の輸送は可能
  • 他州の最寄りの病院や医療センターにて緊急医療を受ける必要がある場合、同伴者は本人を含め4人以下
  • その他、越境する必要がある場合、個別にカンボジア政府からの許可が必要

 

また、プノンペン首都は、4月1日から14日まで、午後8時~午前5時の夜間外出や飲食店営業(デリバリー・テイクアウトは除く)、大人数が集まることは禁止されています。

 

 

規制・禁止令に違反した場合は、罰金もしくは懲役が科されますので、くれぐれもご注意ください。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “Government Imposes Inter-Provincial Travel Ban To Stem The Spread of Covid-19”, 7 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50834982/govt-imposes-inter-provincial-travel-ban-to-stem-the-spread-of-covid-19/
  • Khmer Times, “14-day Curfew Imposed Across Phnom Penh Strict Action Against Curfew Violators”, Tith Kongnov, 2 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50833113/14-day-curfew-imposed-across-phnom-penh-strict-action-against-curfew-violators/

 

カンボジア・シハヌークビル州 一時出入り禁止措置について

シハヌークビルのシンボル、「ゴールデンライオン」。Photo credit: Agoda.com

カンボジア政府は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨日(3月4日)より沿海都市シハヌークビルへの一時出入り禁止を発表しました。クメールタイムズによりますと、先月2月20日に発生した市中感染事件の影響によりシハヌークビル州でも感染者が急増したため、カンボジア国民や旅行者に対し、シハヌークビルへの往来を一時禁止することになったそうです。しかし、必要な物資の輸送や緊急救援を目的とする交通などは、影響なしに通行可能となっています。

 

シハヌークビル州へ訪問を予定されている方は、当該規制についてご注意ください。

 

また、カンボジア政府は新型コロナウイルス接触確認システム「Stop Covid」を導入しました。「大阪コロナ追跡システム」と同様の仕組みですが、アプリではなく、QRコードを用います。ホテルやレストラン、店舗などの入り口に提示されているQRコードを、利用客にを読み取ってもらう方式です。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “Sihanoukville Close to Travellers Due To Covid-19 Outbreak”, Taing Rinith, 4 March 2021, https://www.khmertimeskh.com/50820768/sihanoukville-close-to-travellers-due-to-covid-19-outbreak/
  • Khmer Times, “Over 10,000 Locations Registered For QR Code Stop Covid”, 23 February 2021, https://www.khmertimeskh.com/50816879/over-10000-locations-registered-for-qr-code-stop-covid/

 

カンボジア入国規制(2020年12月12日時点)「要約」

Cambodia’s Entry Requirement (as of 12 Dec 2020) ー A Recap

カンボジア入国規制の詳細について、下記のPDFをご確認ください。

For more details, please refer to below PDF.

 

PCR検査/陰性証明書を発行する日本医療機関の検索・Clinic Search (PCR Test/Certificate Issuance in Japan) 

 

1)日本経済産業省・Ministry of Economy, Trade and Industry Japan(TeCOT)

2)日本渡航医学会・Japanese Society of Travel and Health

 

FORTE Covid-19保険購入・FORTE Covid-19 Insurance Purchase

※加入手続きについて、不明な点がございましたら、当館にお問い合わせください。

 

カンボジア初のコロナ感染症例から1年

Photo by Vann Soben, Nikkei Asia

カンボジアで初めて新型コロナウイルス感染症例が発見されてから、今日でちょうど一年になります。

 

2020年1月27日、カンボジア保健省(MOH)は、カンボジアで初の”Novel Coronavirus”(新型コロナウイルス)の感染事例が確認されたと発表しました。当時、Covid-19との正式な名前はまだつけられていませんでした。感染者第一号は、4日前に家族旅行で中国・武漢からカンボジア・シハヌークビルに渡航してきた60歳の中国籍の男性でした。

 

それ以降、カンボジア国内では、海外からの入国・帰国者から感染者が相次いで発見されました。感染拡大防止のため、カンボジア政府は4月のクメール正月の祭日を延期し、学校や公共施設などを閉鎖しました。また、空港での入国規制も厳しくし、一時観光査証発行の停止やPCR検査による陰性証明書、Covid-19対応の保険購入やデポジットを入国条件に追加しました。

 

厳しい規制が功を奏し、一時カンボジアの国内感染状況は少し落ち着いていましたが、昨年の11月~12月頃に、再び2つの大きなクラスター(11.3事件と11.28事件)が発生しました。また、今年の年始には、タイから帰国した移民労働者の感染クラスターが確認され、現在も感染者が増え続けています。

 

2021年1月26日現在、カンボジアにおけるコロナ感染者数は累計460名、治癒数は412名となっています。他国と比べると、感染者数は多くはなく、死亡者も現時点ではいません。しかし、残念ながらそれは安心して良いという理由にはなりません。この先状況がどのように変わっていくかは、誰にも予測できないからです。

 

世界中では、いまだに新型コロナウイルスが感染拡大を続けていますし、変異種への感染が発見される事例もありました。ワクチン接種が各国で始まったとはいえ、それでコロナウィルスが完全にこの世から無くなる訳ではないのです。今後も常にコロナウィルスの感染リスクを警戒し、日常生活において感染予防対策を怠らず続けていくことが、非常に大切だと思います。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “One Year On From The First Covid-19 Case In Cambodia”, 26 January 2021, https://www.khmertimeskh.com/50807376/one-year-on-from-the-first-covid-19-case-in-cambodia/
  • Phnom Penh Post, “First Case of Coronavirus Reported In The Kingdom”, Long Kimmarita and Khorn Savi, 27 January 2020, https://www.phnompenhpost.com/national/first-case-coronavirus-reported-kingdom

 

ANA、成田~プノンペン直行便2月より再運休

Suspension of ANA Direct Flight (Narita to Phnom Penh) from February

全日本空輸 (ANA)は、東京 (成田)~カンボジア (プノンペン)の直行便について、2021年2月1日より、再運休することを発表しました (2020年12月15日時点)。成田~プノンペンの直行便は、新型コロナウイルス感染の影響により、昨年の4月以来2度目の運休となります。

 

詳細につきましては、下記ANAホームページをご確認ください。

 

また、日本~カンボジア路線に関しましては、現在他に韓国(ソウル)経由、またはシンガポール経由の飛行機が運航されています(2021年1月19日時点)。

フライトスケジュールの最新情報については、各航空会社へお問い合わせください。

 


On 15 December 2020, Nippon Airways (ANA) has announced the re-suspension of the direct flight from Tokyo (Narita) to Cambodia (Phnom Penh) from 1st February 2021. This is the second time the direct flight has been suspended ever since April last year due to the Covid-19 pandemic.

 

For more details, please refer to below ANA homepage link:

 

Meanwhile, flight route from Japan to Cambodia is still operational via transit flights in Korea or Singapore (as of 19 January 2021). For more of the latest updates, please contact the respective airlines below.

 

関西3府県、再び緊急事態宣言

Second State of Emergency for 3 Prefectures in Kansai

(English notice follows after Japanese)

本日1月14日より来月7日まで、大阪、京都、兵庫の関西3府県に、再び緊急事態宣言が出されました。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、当館にご来館の際には、マスクの着用及び手指消毒をよろしくお願いいたします。

併せて、皆様の不要不急の外出・移動の自粛へのご協力をお願い申し上げます。

いつもありがとうございます!ORKUN!

 


The Japan government has announced a second State of Emergency for three prefectures in the Kansai area – Osaka, Kyoto and Hyogo, with effect from today until 7 February next month.

To stop the further spread of Covid-19 and to protect yourself and others, we ask all visitors to our Honorary Consulate office to put on mask and disinfect your hands with the hand sanitizer available.

We also urge everyone to avoid any unnecessary outdoor movement and stay home where possible.

Please stay safe and we thank you for your kind cooperation! ORKUN!

 

新型コロナウイルス関連 カンボジアへの入国制限の改定について (2020年12月12日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement During Covid-19 (Effective 12 Dec 2020)

標題につきまして、新しい情報を追加いたしましたので、下記のPDFをご確認ください。

With regards to subject mentioned, we have add on new information. Please refer to below updated PDF.

 

追加・Update:

2020年12月12日より、すべてのカンボジア国民も、カンボジア帰国の際、出発の72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書(英文)の取得が必要となります。

From 12 Dec 2020 onwards, all Cambodian nationals returning to Cambodia are required to have Covid-19 testing certificate (in English), indicating negative result and issued within 72 hours prior to departure.

 


このたび、カンボジアにて新型コロナウイルスの市中感染者が急増していることに伴い、感染拡大予防のため、カンボジア保健省は、2020年12月12日より、カンボジア入国に際し、下記の予防・隔離対策を実施すると発表しました。

 

a) カンボジア短期滞在者への「支払い保証」(Sponsorship Mechanism)の発給を一時に停止します。

b) 下記に該当する、すべてのカンボジア渡航者は、カンボジア入国後、14日間の強制隔離となります。

  • すべての外国人ビジネス渡航者
  • カンボジア王国発行のパスポート、または他国のパスポートを所持するカンボジア国民

c) PCR検査によって、新型コロナウイル陽性者であると判明した場合、陽性者と接触確認を迅速かつ確実にするため、MOHのホームページやSNSにて陽性者の身元が公開されます。

 

詳しくは、下記のPDFをご確認ください。

 


Due to the recent increase in Covid-19 cases in Cambodia and to curb the spread of Covid-19, Cambodia’s Ministry of Health (MOH) announced the following measures for entry into Cambodia, effective from 12 December 2020.

 

a) Temporary suspension of Sponsorship Mechanism for short-term travellers to Cambodia.

b) All travellers to Cambodia, as per below, will be subjected to 14-day compulsory quarantine upon arrival.

  • All foreign business travellers
  • Cambodian nationals, who hold a Cambodian passport or a foreign passport

c) To facilitate faster tracing of individuals who have been in contact with Covid-19 patients, details of travellers who are tested positive for Covid-19 will be immediately made known on MOH website or social media site.

 

For more details, please refer to the below PDF:

 

新型コロナウイルス関連 カンボジアへの入国制限の改定について (2020年11月18日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement During Covid-19 (Effective 18 Nov 2020)

標題につきまして、新しい情報を追加いたしましたので、下記のPDFをご参考ください。

With regards to subject mentioned, we have add on new information. Please refer to below updated PDF.

改定のポイント・Revision Pointer(s):

⇒ お支払保証証明書の申請に関しては、カンボジアで14日間以内滞在の外国人ビジネス渡航者のみとなります。

⇒ Sponsorship application only for foreign business travellers with stay of 14 days or less in Cambodia.

 


2020年11月11日、カンボジア保健省より、コロナ下でのカンボジアへの渡航ついて、一部の入国制限及び「支払い保証」を改定する旨通知がありました。2020年11月18日より有効です。詳しくは、下記のPDFをご確認ください。

 

On 11 November 2020, Cambodia’s Ministry of Health has announced of a new revision made to some of the entry requirements and the implementation of the Sponsorship Mechanism, for travellers going into Cambodia during Covid-19 period. The revision will go into effect from 18 November 2020. Please refer to below PDF for more information.

 


改定のポイント:

  1. 外国人渡航者に関しましては、以前の4つカテゴリーから、「支払保証のある外国人ビジネス渡航者」及び「一般的な外国人ビジネス渡航者」の2つカテゴリーとなります。
  2. 支払保証者となるカンボジアの会社は、申請する際、同時に外国人渡航者の14日間滞在活動計画書を登録する必要があります。
  3. カンボジア入国前のホテル予約(PCR検査結果待機のため)が必要なくなります。
  4. 支払保証のある外国人渡航者は、カンボジア到着後のPCR検査で結果が陰性、かつ同じ飛行機で到着した渡航者に陽性者がいない場合、強制隔離なしで、事前に申請した14日間の活動計画書に従い行動することが可能です。
  5. 一般的な外国人渡航者は、カンボジア到着後のPCR検査の結果が陰性・陽性に関わらず、14日間の強制隔離が必要となります。

Revision pointers

  1. With regards to Foreign Business Travellers, from the 4 categories previously, it has been reduced to 2 categories ー “Foreign business travellers with sponsorship” and “General foreign business travellers”.
  2. The sponsor company in Cambodia, is required to submit a 14-day activity schedule of the business traveller, during sponsorship application.
  3. Hotel reservation (to await PCR test result) before departure is no longer required.
  4. Business travellers who are sponsored, can carry out activities as per their 14-day activity schedule submitted without mandatory quarantine, if tested negative and have no same flight passengers tested negative.
  5. General business travellers are subjected to 14-day mandatory quarantine after arrival, regardless if tested negative or positive.

 

カンボジア「11.3事件」について

昨日、現在自主隔離中のフン・セン首相が、自身のフェイスブックページで「11.3(11月3日)事件」について言及されました。

「11.3事件」とはどういった事件なのか、まだご存知ない方のために、経緯についてご説明いたします。


 

2020年11月3日(火)

ハンガリーのピーター・シーヤールトー外務大臣が、ハンガリー大使館の開設式に出席するため、カンボジアを訪問しました。会場で、フン・セン首相、プラック・ソコン外務大臣をはじめとする高官と会談しました。

 

2020年11月4日(水)

ピーター・シーヤールトー外務大臣がタイを訪れた際に、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

そのニュースが発表された後、カンボジア外務省は、前日ピーター・シーヤールトー外務大臣と接触したすべての人々(カンボジア首相や外務大臣を含む)及び開設式の出席者などに対し、PCR検査と自主隔離を要請しました。直接または間接の接触者数はおよそ900人以上にのぼるとのことです。

 

2020年11月8日(日)

ハンガリー外務大臣の警護として派遣されていたカンボジア人男性1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。同日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、カンボジア教育・青年・スポーツ省は、プノンペンとカンダル州にあるすべての公立・私立学校を2週間閉鎖すると発表しました。また、カンボジア保健省も、全国の娯楽施設(カラオケ、バー、クラブ、映画館、博物館など)を一時的に閉鎖すると発表しました。

 

2020年11月9日(月)

カンボジア保健省は、在カンボジアハンガリー大使館の大使とカンボジア高官2名が新型コロナウイルスに感染していることを発表しました。結果、本日現在のカンボジアの新型コロナウイルス感染者数は300人となりました。


 

今回の事件の経緯はご理解いただけましたでしょうか。今後、カンボジアへ渡航予定のビジネスマン、そしてカンボジア在住の日本人の皆様方には、改めてしっかりとした新型コロナウイルスの感染予防策を講じていただくようお願いいたします。マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを遵守し、そして密になる場所への不要不急の外出はお控えください。やむを得ず外出をされる場合には、念のため、訪問先及び接触した方の情報を記録しておかれることをおすすめいたします。

 

新型コロナウイルスに感染された方の一日も早いご回復とともに、新型コロナウィルスの早期の終息を心よりお祈り申し上げます。

 


参考文献: