Topics トピックス

Pchum Ben Festival・プチュンバン祝日(10/5~7)

Here’s wishing all our Cambodian friends and everyone celebrating this festive occasion, a Happy Pchum Ben Festival!

カンボジア国民の皆様、及びプチュンバンをお祝いする皆様、良いプチュンバン祝日をお過ごしください!

 

「アセアン・フォトコンテスト2021」写真展(10/4~18)

堺市役所(文化観光局 国際部 アセアン交流推進室)主催の「アセアン・フォトコンテスト2021」写真展が、2021年10月4日(月)~18日(月)に開催されます。

 

今年の6月~8月の間に、「アセアン諸国で撮影した」、または「日本で撮影したアセアンを感じることのできる」撮影作品の公募が行われました。今回の写真展では、119作品の応募から50作品が展示され、その中の8作品に各賞が授与されています。

 

今年は、カンボジアをテーマにした優良賞作品1点とその他4点の応募作品が展示されます。

 

写真を通じて、カンボジアや他のアセアン諸国の魅力に触れてみたい方は、「アセアン・フォトコンテスト2021」写真展へ是非足をお運びください!

 

写真展の詳細は、下記の通りです。

期間:2021年10月4日(月曜日)から10月18日(月曜日)
午前9時から午後9時、但し最終日は正午まで

場所:堺市役所 高層館1階エントランスホール

URL:http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/kokusai/aseankoryu/aseanweek/shashinten/asean-photo-contest-2021.html

 

2020年ドバイ国際博覧会が開催されます

本日(10月1日)から2022年3月31日まで、ドバイ国際博覧会が開催されます。

ドバイ国際博覧会は、昨年の10月から開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、今年に延期になりました。

 

今回のドバイ国際博覧会には、192か国及び国際機関が参加しています。テーマは、「Connecting Minds, Creating The Future(心を繋いで、未来を創る)」です。会場は、さらに3つのサブテーマ「Sustainability」ゾーン、「Opportunity」ゾーン、「Mobility」ゾーンに分かれています。そして、それぞれのゾーンのテーマに合わせて、各国のパビリオンが出展されています。

 

ちなみに、カンボジア館は、「Sustainability」ゾーンにあります。カンボジア館のデザインはネット上では未公開ですが、テーマとして、カンボジアの豊かな伝統文化と、さらにカンボジアの自然生態系や農業における持続可能な開発のビジョンが紹介されているとのことです。

国際博覧会といえば、各国の特色あるパビリオンのデザインを見られることが、ハイライトの1つです。

2020年ドバイ国際博覧会のカンボジア館は、一体どのようなデザインなのか、公開が本当に楽しみです。コロナによる渡航規制がなければ、実際に現地に行ってこの目で見ることが出来るのに。残念!

 


参考文献:

 

カンボジアでも、エアタクシー実現の可能性が!

2021年9月21日(火)、カンボジアの学生たちが有人ドローン試作機を開発したとネットニュースで報道されました。

 

首都プノンペンの渋滞の解消を当初の目的に、プノンペンにある「National Polytechnic Institute of Cambodia(NPIC)」の学生たちが、学校の椅子やプロペラなどを利用し、有人ドローンを製作しました。渋滞の解消だけでなく、消火活動やプノンペン市内で乗客を運ぶエアタクシーとしての利用を目指したいそうです。

 

有人ドローン試作機は、体重60キロまでの人を運ぶことが可能であり、10分間ほどで約1キロメートルを飛行できるそうです。有人ドローン試作機の開発期間は3年間で、開発費は約20,000米ドル(220万円)だそうです。

 

現在の有人ドローン試作機は、高さ4メートルまでしか上昇できませんが、学生たちは将来的にはより高く、より遠くまで飛行できる、体重制限が60キロ以上の有人ドローンの製作に取り組んでいきたいと語っています。

 

2025年の大阪・関西万博の際に、大阪府・市がSkyDriveと共同開発を進めている「空飛ぶクルマ」とともに、カンボジア産の「エアタクシー」が大空を自由に飛行できるようになれば、万博の成功に花を添えることになるでしょう。

 


参考文献:

  • Reuters, “Buckle Up: Cambodia Students Build Manned Drone to Aid Community”, 21 September 2021, by https://www.reuters.com/world/buckle-up-cambodian-students-build-manned-drone-aid-community-2021-09-21/

 

メコン川にまつわる雑学!(9月26日・世界川の日)

Trivia About Mekong River! (26 Sep・World Rivers Day)

(Article in English follows after Japanese)

本日は「世界川の日」なので、カンボジアを流れる、有名なメコン川についての雑学をご紹介します!

 

  1. メコン川は、世界で12番目、アジアで7番目に長い川です。
  2. 川の長さは、水源のチベット高原から河口の南シナ海まで、約4,500kmあります。
  3. メコン川は、6か国(中国、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム)を流れています。
  4. 地域によって、川の名称が変わります。それぞれ、Lancang(中国)、Mekang Myit(ミャンマー)、Mae Nam Kong(タイ・ラオス)、Tonle Thum(カンボジア)、Cuu Long(ベトナム)と呼ばれています。
  5. アマゾン川に次いで、世界で2番目に生物多様性のある川です。
  6. メコン川には、メコンオオナマズ、イラワジイルカ、カワウソ、メコンオオゴイなどが生息しています。
  7. メコン川は、周辺地域において、漁業や農業へのサポートという重要な役割を担っています。
  8. 近年、河川上流でのダム建設や気候変動により、メコン川の水位と自然の生態系に大きな影響が出ています。

 


We celebrate World Rivers Day today with some trivia about the famous river that flows through Cambodia ー Mekong River!

 

  1. Mekong River is the 12th longest river in the world and 7th longest river in Asia
  2. Mekong River has a length of about 4,500km, stretching from the river source in the Tibetan Plateau to the river mouth at South China Sea
  3. The river flows through six countries ー China, Myanmar, Thailand, Laos, Cambodia and Vietnam
  4. The river name differs in each country ー Lancang(China)、Mekaung Myit(Myanmar)、Mae Nam Kong(Thailand・Laos)、Tonle Thum/Tonle Mekong(Cambodia)、Cuu Long(Vietnam)
  5. Mekong River is the second most biologically diverse area after the Amazon River
  6. The Mekong Giant Catfish, Irawaddy dolphins, otters and Giant barb are some of the animals that can be found in the Mekong River
  7. Mekong River is an important source of support in fishing and agriculture for people who live around the river
  8. In recent years, due to dam construction upriver and climate change, it has brought about impact to Mekong River’s water level and natural habitat

 


参考文献・Reference(s)

  • Wikipedia, Mekong, https://en.wikipedia.org/wiki/Mekong
  • Mekong Delta Tours, “5 Interesting Facts of Mekong”, https://www.mekong-delta-tours.com/news/5-interesting-facts-of-mekong-river.html

 

世界自殺予防デー(9月10日)

World Suicide Prevention Day (10 Sep)

今年の6月に発行された世界保健機関の「2019年度世界自殺報告書」によると、2019年の自殺による死亡者数は、ASEAN諸国10か国のランキングで、カンボジアは7位となりました。

According to the “Suicide Worldwide in 2019” report, released in June this year by the World Health Organization (WHO), Cambodia ranked seventh amongst the ten ASEAN countries with number of deaths due to suicide in 2019.

 

2019年 自殺死亡者数(アセアン地域)

Number of Suicide Deaths in 2019 (ASEAN Region)

  1. ベトナム Vietnam: 7,249
  2. インドネシア Indonesia: 6,544
  3. タイ Thailand: 6,147
  4. フィリピン Philippines: 2,325
  5. マレーシア Malaysia: 1,823
  6. ミャンマー Myanmar: 1,565
  7. カンボジア Cambodia: 800
  8. シンガポール Singapore: 650
  9. ラオス Laos: 390
  10. ブルネイ Brunei: 12

 

カンボジアの自殺による死亡者数は、近隣諸国と比べるとそれほど多くはありませんが、自殺はカンボジアでも深刻な社会問題となっています。カンボジアのNGO団体「Transcultural Psychosocial Organization (TPO) Cambodia」によりますと、カンボジアでは精神疾患の方々に対する質の高い保健サービスの提供や支援などは、まだまだ不足しているそうです。また、現在カンボジアには、独自の「国家自殺対策戦略」がないようです。クメールルージュによる大虐殺、そして貧困の状況が、カンボジアの社会における精神疾患の原因であると言われています。

While Cambodia’s suicide death rates may not be as high as compared to its neighbouring countries, it is still a major concern in Cambodia. According to Cambodian NGO, “Transcultural Psychosocial Organization (TPO) Cambodia”, there is still a lack of quality health services and support for people who are suffering from mental health or psychological problems in Cambodia. And unlike Japan, currently Cambodia does not have a National Suicide Prevention Strategy as well. It is said that the Khmer Rouge Genocide and poverty in the country are some of the factors leading to mental health issues in the Cambodian society.

 

自殺は、世界共通の健康問題です。自殺は、個人的な問題ではなく、社会に関わる問題です。自殺という社会問題を防止するためには、私達がさらに関心を持ち、問題に取り組む意識が必要です。

Suicide is a global health concern. Suicide should not be an individual problem but a problem of everyone, and it requires more of our attention and awareness to tackle this social issue.

 

世界自殺に関する基本情報・Key Facts About Global Suicides

(1) 世界で毎年約70万人が自殺によって死亡している。

Every year about 700,000 people die by suicide globally.

 

(2) 15~19歳の年齢層の若者の死亡原因として、自殺は4位である。

Suicide is the fourth leading cause of death amongst young people aged 15-19.

 

(3) 世界中の77%の自殺は低中所得国で発生。

77% of global suicides occur in low- and middle-income countries.

 

(4) 世界的によくある自殺手段は、殺虫剤による服毒、首吊り、そして拳銃である。

Common methods of suicide globally are, self-poisoning by pesticide, hanging and firearms.

 

***********************

心の健康に関する相談は、日本厚生労働省(まもろうよこころ)電話: 0570-064-556(日本語対応)、またはTELL Japan 電話:03-5774-0992(英語対応)へご連絡ください。

カンボジアでの相談は、TPO Cambodia 電話:+855 (0) 23 63 66 991へご連絡ください。

 

If you need help, you can call the Japan Ministry of Health, Labour and Welfare (Mamorouyo Kokoro) at 0570-064-556 (Japanese-speaking), or TELL Japan at 03-5774-0992 (English-speaking).

In Cambodia, you can call TPO Cambodia at +855 (0) 23 63 66 991.

 


参考文献・Reference(s):

  • International Association for Suicide Prevention, “World Suicide Prevention Day New Theme”, 15 April 2021, https://www.iasp.info/2021/04/15/world-suicide-prevention-day-new-theme/
  • Khmer Times, “Suicide A Major Concern With 800 Lives Lost In Cambodia Each Year”, Sar Socheath, 22 June 2021, https://www.khmertimeskh.com/50878655/suicide-a-major-concern-with-800-lives-lost-in-cambodia-each-year/
  • World Health Organization, “Suicide”, 17 June 2021, https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/suicide
  • World Health Organization, “Suicide Worldwide In 2019”, 16 June 2021, https://www.who.int/teams/mental-health-and-substance-use/suicide-data
  • World Health Organization, “National Suicide Prevention Strategies”, 30 November 2018, https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/279765/9789241515016-eng.pdf
  • 国家自殺対策戦略, 2020年3月5日, https://jssc.ncnp.go.jp/file/pdf/NationalSuicidePreventionStrategies_JSSC.pdf
  • カンボジアにおける自殺の状況と自殺対策, https://jssc.ncnp.go.jp/file/pdf/SPRJ2018_1_6.pdf
  • TPO Cambodia, “The Need For Mental Health Care In Cambodia”, https://tpocambodia.org/the-need/
  • 日本厚生労働省, まもろうよこころ, https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
  • TELL Japan, https://telljp.com/

 

シンガポール航空利用者向け – シンガポール経由時の規制について(9月9日より発効)

About Transit Requirements In Singapore From 9 Sep (For Singapore Airlines Flight Users)

シンガポールを経由し、カンボジアへ渡航予定の方に、下記シンガポール政府による乗り継ぎ規制についてお知らせいたします。

For travellers who are travelling to Cambodia via transit flight in Singapore, please be informed of the following transit requirement by the Singapore government.

 

2021年9月9日より、該当国(日本を含め)に対し、シンガポールへの入国、または、シンガポールにて乗り継ぎする旅行者は、出国地にて出発の48時間以内に新型コロナウイルスPCR検査を受け、陰性証明書を取得する必要があります。また、出国地で飛行機に搭乗する前に、48時間以内に取得した陰性証明書の提示が必要となります。

From 9 September 2021, all travellers entering Singapore or transiting flights in Singapore, are required to take Covid-19 PCR test with negative test certificate issued within 48 hours before departure from their point of embarkation (for certain countries including Japan). Travellers are also required to present the negative test certificate prior to boarding.

 

上記規制の詳細については、下記シンガポール保健省、シンガポール入国管理局、もしくはシンガポール航空会社のホームページをご確認ください。

ご不明な点は、直接シンガポール航空会社にお問い合わせ下さい。

For more information on the above requirement, please refer to the Singapore Ministry of Health (MOH), Singapore Immigration & Checkpoints Authority (ICA) or Singapore Airlines website below. You may also contact Singapore Airlines directly for any clarifications required.

 

 

在日外国人労働者向け「労働条件ハンドブック(カンボジア語)」

Working Conditions Handbook (Khmer Language) for Foreign Workers in Japan

厚生労働省のHPに外国人労働者向け「労働条件ハンドブック(カンボジア語版)」が掲載されましたので、共有させていただきます。

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/040330-19.html

日本在住のカンボジア国籍の労働者、もしくはこれから日本の会社に就労予定のカンボジア国籍の方は、参考までにぜひご覧ください。

***********************************************************************

The Japan Ministry of Health, Labour and Welfare has released a “Working Conditions Handbook” in Khmer Language for Cambodia nationals who are currently working in Japan, and/or for Cambodia nationals who are planning to come to Japan for job employment.

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/040330-19.html

 

東京2020パラリンピック・カンボジア出場選手

本日(8月24日)から9月5日まで、東京2020パラリンピックが開催されます。

 

カンボジア王国からは、選手1名が出場する予定です。

  • 競技:陸上男子100m 車いすT54クラス
  • 選手:Van Vun(ヴァン・ヴォン)
  • 出場日程:9月1日(水)「予定」

 

Van Vun選手は、カンボジア・カンダール州出身です。3歳の時に患ったポリオのせいで、後遺症が残ったそうです。Van Vun選手は、2011年に車いす陸上競技を始めて以来、東南アジアパラ競技大会(ASEAN Para Games)や、2016年のリオ・パラリンピックにもカンボジア王国の代表として出場されています。

 

Van Vun選手のご健闘をお祈りしています!皆さんもご声援をよろしくお願いいたします!!

 


参考文献・Reference(s):

  • International Paralympic Committee, https://www.paralympic.org/vun-van

 

ピザハット・カンボジア初上陸!

Arrival of Pizza Hut in Cambodia!

(Article in English follows after Japanese)

Pizza Hut parlour in Phnom Penh with its Khmer-inspired facade. Photo Credit: Pizza Hut Cambodia Facebook

8月12日、カンボジア初のピザハットが、プノンペン市のロシアンマーケット近くにオープンしました!

「え!、カンボジアでピザを食べる人はたくさんいるの?」と思われた皆さん!そうなんです、近年カンボジアではピザを食べる人口が増えてきている(働く若者の可処分所得の増加に伴い、外食の機会が増えてきている)ようです。このため、ピザハットはこの2-3年のうちに30店の新店舗の開店を予定しています。

 

現在カンボジアでは、タイ最大のピザチェーン店「ザ・ピザ・カンパニー」が2005年の7月のオープン以来人気を博しており、他にもアメリカの「ドミノピザ」(2014年12月にオープン)、シンガポールの「ペッツォピザ」(2018年5月にオープン)、フィリピンの「イェローカブピザ」(2020年1月にオープン)、アメリカの「パパジョーンズ」(2021年3月にオープン)、日本とベトナムの「ピザ 4P’s」(2021年7月にオープン)等が続々と開店しています。これだけたくさんの選択肢があると、どこのピザにするか、迷ってしまいますね!

2020年の統計によると、日本では『ドミノピザ』が一番人気で、2位は『ピザーラ』、3位は『ピザハット』という結果でした。ドミノピザやピザハットのような世界的に人気のあるチェーン店は、現地の食材を使ったレシピをメニューに加えるなど、特色のあるセールスを展開しています。日本では「照りマヨチキンピザ」や、「明太子ピザ」など、日本ならではのメニューがたくさんありますが、カンボジアではどんな地元の味のピザが開発されるのか、とても興味が湧きますね!

 

ピザに関する面白情報:

  1. ピザの周りの生地(「ピザの耳」)は、イタリアで「コルニチョーネ」という正式名がある。
  2. 「ハワイアン・ピザ」はハワイではなく、カナダが発祥。

 

**************************************************************************

On August 12th, the first Pizza Hut in Cambodia opened near the Russian Market. As pizza is slowly becoming more popular in Cambodia, Pizza Hut plans to gain a bigger slice of the Pizza market by opening another 30 locations over the next couple of years. As disposable income in Cambodia has been rapidly increasing, more people have been looking for places to eat outside.

 

Currently, The Pizza Company, a Thailand-based pizza franchise that first opened in Cambodia in July 2005 is one of the leading pizza franchises in Cambodia. Others include US-based Domino’s Pizza (opened in December 2014), Singapore-based Pezzo Pizza (opened in May 2018), Philippines-based Yellow Cab Pizza (first opened January 2020), US-based Papa John’s Pizza (opened in March 2021), and Japanese and Vietnam based Pizza 4P’s (opened in July 2021). Which pizza franchise would you like to order from?

 

Here in Japan, Domino’s Pizza is the most popular pizza brand, according to a market research done in 2020. Second and third being Pizza-La and Pizza Hut respectively. International food chain stores usually add local-flavoured products to their menu. In Japan, we have Teriyaki Chicken with Mayo-flavoured pizza and Marinated Pollock Roe pizza, but what about Cambodia? Are you looking forward to finding out what kind of local Khmer toppings they would use too?!

 

Fun Facts about Pizza:

  1. Pizza crusts are actually called Cornicione in Italy.
  2. “Hawaiian Pizza” originated in Canada.

 


参考文献・References :

  • Deniro’s Pizza, “36 Amazing Facts You Didn’t Know About Pizza”, https://denirospizza.com/36-amazing-facts-you-didnt-know-about-pizza/
  • I Sheep, “ピザデリバリーの歴史 シェア1位の移り変わり”, https://i-sheep.jp/blog/pizzadelivery_history/
  • Khmer Times, “US’s Pizza Hut to Debut in Cambodia this month”, https://www.khmertimeskh.com/50909353/uss-pizza-hut-to-debut-in-cambodia-this-month/
  • Live Japan Perfect Guide, “驚きのメニューが勢ぞろい! 日本独自のピザの世界”, https://livejapan.com/ja/in-tokyo/in-pref-tokyo/in-akihabara/article-a0001054/
  • The Phnom Penh Post, “Pizza Hut set to open shop later this month” https://www.phnompenhpost.com/business/pizza-hut-set-open-shop-later-month
  • Yahoo Finance, “Pizza Hut International Debuts in Cambodia with Ambitious Plans to Deliver World-Class Experience to the Growing Pizza Eating Culture”, https://finance.yahoo.com/news/pizza-hut-international-debuts-cambodia-020000957.html