Topics トピックス

カンボジアノロドム・シハモニ国王陛下お誕生日

Royal Birthday of His Majesty King Norodom Sihamoni

Photo Credit: Bangkok Post

We, at the Honorary Consulate of the Kingdom of Cambodia in Osaka would like to present our warmest best wishes of happiness, good health and longevity on this auspicious occasion of His Majesty’s 68th birthday.

本日、ノロドム・シハモニ・カンボジア国王陛下は68歳の誕生日を迎えられました。当館は、ノロドム・シハモニ国王陛下の益々のご健勝と、王室の一層のご繁栄を祈念しております。

 

Since it is King Norodom Sihamoni’s birthday today, here’s a little-known fact about the King himself.

以下にノロドム・シハモニ国王陛下にまつわる豆知識を1つ紹介させていただきます。

 

King Norodom Sihamoni was awarded the Japan’s “Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum” on 11 May 2010, making him the first Cambodian King to do so. The “Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum” is Japan’s highest order, and it is the only order presented in the form of a necklace-like ornament. The order is usually presented to members of the Imperial House of Japan, former Japanese prime ministers, as well as foreign head of state/monarchs.

2010年5月11日、日本の「大勲位菊花章頸飾」がノロドム・シハモニ国王陛下に贈られました。これはカンボジア国王としては初めてのことです。「大勲位菊花章頸飾」は、日本の最高位勲章であり、頸飾の形状を持つ唯一の勲章となります。この勲章は、主に日本の皇族・王族や前内閣総理大臣、外国元首へ授与されるものです。

Photo Credit: www.antiquecoin.jp

 


参考文献:

  • Wikipedia, “大勲位菊花章頸飾”, https://ja.wikipedia.org/wiki/大勲位菊花章頸飾

 

「ハリ・ラヤ」とカンボジアのムスリムコミュニティ

“Hari Raya” & The Cambodian Muslims Community

今日はイスラム教の祝日、「イード・アル・フィトル」、別名「ハリ・ラヤ・アイディルフィトリ」です。

この祝日は、イスラム教徒(ムスリム)が1ヶ月間の断食「ラマダン」の終わりを祝うためのものです。

 

ご存じかもしれませんが、カンボジアにもムスリムがいらっしゃいます。カンボジア人口の中で、約2~3%(300,000~400,000人)を占めており、主にチャム族、そしてマレー系カンボジア人(クメールムスリム)で構成されています。

 

カンボジアのムスリムは、他国のムスリムと同様に、イスラム教の習慣に従い、カンボジア現地のモスクへお祈りに行ったり、イスラムの祝祭日を祝ったりします。カンボジアのムスリム女性も、トゥドンやヒジャブ(ヘッドスカーフ)を被ります。また、毎年イスラム聖地であるメッカへの巡礼を行う方もいるそうです。しかし、カンボジアのムスリム、特にチャム族は、貧しい人が多いようです。チャム族のムスリムの多くは、田舎や、メコン川沿い、トンレサップ湖周辺などの集落に住み、主に農業や漁業に従事しています。

 

カンボジアのムスリムは少数派とみられていますが、近年カンボジア政府はイスラム教信仰の自由を促進し、カンボジアのムスリムコミュニティへの様々な支援活動に取り組んでいるそうです。

*******************************************************************************

Today is “Eid al-Fitr”, also known as “Hari Raya Aidilfitri”, a religious festival celebrated by Muslims around the world. The festival is to celebrate the end of Ramadan, a one-month period of fasting by Islam followers.

 

Not many people may know, but Muslim communities exist in Cambodia as well. Around 2-3% (300,000~400,000) of Cambodia’s population are Muslims, and they are made up of mainly the Cham people and Malay-Cambodians.

 

Like all Islam followers in other countries, Muslims in Cambodia follow the same Islam religion practices, such as going for prayers at local mosques in Cambodia and celebrating Islam religious festivals. Muslim women in Cambodia can also be spotted wearing the “Tudung/Hijab” head scarf. Every year it is said that some number of Cambodian Islam followers make pilgrimage to Mecca, the holiest city of Islam as well.

 

However, many Muslims in Cambodia, especially the Cham people, are actually living in poverty. The Chams can be found living in rural areas in Cambodia, as well as along the banks of Mekong River and areas surrounding the Tonle Sap lake. They mainly depend on farming or fishing for a living.

 

While Muslims in Cambodia are often seen as an ethnic minority, in recent years, the Cambodian government has allowed Islam religion to be openly practiced in Cambodia, and provides necessary financial/welfare support to the impoverished Muslim communities in Cambodia.

写真: カンボジアにあるモスク(左)とクメールムスリム女性たち(右)
Photo: A mosque in Cambodia (left) and Cambodian Muslim women (right). Photo credit: http://aac21.cocolog-nifty.com/

 


参考文献:

  • Wikipedia, カンボジアのイスラム教, https://ja.wikipedia.org/wiki/カンボジアのイスラム教
  • European Institute for Asian Studies, “Islam in Cambodia: The Fate of Cham Muslims” by Federico Sabeone, June 2017, https://www.eias.org/wp-content/uploads/2016/03/EU_Asia_at_a_Glance_Sabeone_Cham_Cambodia_2017-1.pdf
  • Khmer Times, “RHB Cambodia Brings Hari Raya Joy to 40 Families”, 10 May 2021, https://www.khmertimeskh.com/50853990/rhb-cambodia-brings-hari-raya-joy-to-40-families/

 

プノンペン首都~カンダール州除き、カンボジア国内移動規制を解除

2021年4月25日(日)、カンボジア政府は、4月7日に発効した「国内移動規制及び全国の観光施設閉鎖」を解除することを発表しました。しかし、プノンペン首都とカンダール州からは、引き続き他州への移動が禁止されています。

 

また、プノンペン首都とカンダール州のロックダウン【当初期間:4月15日(木)~28日(水)】は、5月5日(水)まで延長されることになりました。

 

同時にカンボジア政府は、プノンペン都内とカンダール州内において、新型コロナウイルス感染状況の深刻度により、3つのカラーゾーンに区分するシステムを導入しました。「赤色ゾーン」は、感染状況が非常に深刻、「オレンジ色ゾーン」はやや深刻、「黄色ゾーン」は深刻度が低いことを表します。赤色ゾーンの在住者は、不要不急の外出は一切禁止となります。緊急医療を受ける必要がある方、または、医療関係者や軍兵関係者などのエッセンシャルワーカーは例外となっています。

 

カンボジアでは、今年2月20日に発生した市中感染事件を原因とする感染者数が、昨日で10,000人を越えました。「感染者数:10,555人、死亡者数:79人(4月27日時点)」。

今後も厳しい規制が続くことが予想されます。ビジネスで渡航される方は、在カンボジア日本大使館(https://www.kh.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)、もしくはカンボジア日本人会(http://www.jacam.cc/)からの情報をご確認ください。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “PM Lifts Travel Ban And Reopens Closed Tourism Destinations Nationwide”, Tith Kongnov, 25 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50845130/pm-lifts-travel-ban-and-reopens-closed-tourism-destinations-nationwide/
  • Khmer Times, “Lockdown Extended Three Zone System Introduced According to Severity of Virus”, Tith Kongnov, 27 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50845936/lockdown-extended-three-zone-system-introduced-according-to-severity-of-virus/

 

Happy Khmer New Year・クメール正月

Here’s wishing all our Cambodian friends and everyone celebrating this festive occasion, a Happy Khmer New Year!

 

Unfortunately, this year, due to the Covid-19 community infection outbreak in Cambodia in February, Khmer New Year festive celebrations were impossible. In order to curb the further spread of Covid-19 in the local community, the Cambodian government has requested all Cambodia citizens and residents to engage in “New Year At Home!”.

 

Both Cambodia and Japan are struggling with the rising local Covid-19 infection cases, and we sincerely pray that the outbreak situation can be placed under control soonest. We’d like to also wish all Cambodia citizens and residents continued good health and prosperity for the New Year.

 

カンボジア国民の皆様、及びクメール正月をお祝いする皆様、クメール正月、あけましておめでとうございます!

 

今年は、2月の新型コロナウイルス大規模市中感染拡大の影響で、カンボジアでは大規模なクメール正月のお祝いが規制されています。感染拡大防止のため、カンボジア政府から、カンボジア国民・居住者に対し「New Year At Home!(クメール正月はステイホームを!)」との要請がありました。

 

カンボジアも日本も、毎日厳しいコロナ感染状況が続いております。一刻も早くコロナ感染拡大が収まりますよう心よりお祈り申し上げますとともに、カンボジア国民・居住者の皆様の益々のご健勝とご繁栄を祈念いたしております。

 

カンボジア国内移動一時禁止

カンボジア政府は、カンボジア市中における新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨日(4月7日)から4月20日(火)まで、一時的にカンボジア国内移動を禁止することを発表しました。

 

カンボジア国内移動規制の詳細は、下記の通りです。

 

  • 州間の越境を禁止(ただし、プノンペン首都~カンダール州を除く)
  • カンボジア全土の観光施設は2週間閉鎖
  • 陸上輸送、海上輸送、鉄道輸送を目的とする通行は可能
  • 緊急救援やゴミ収集を目的とする交通も通行可能
  • カンボジア労働職業訓練省の許可を得ている場合は、工場・職場へ労働者の輸送は可能
  • 他州の最寄りの病院や医療センターにて緊急医療を受ける必要がある場合、同伴者は本人を含め4人以下
  • その他、越境する必要がある場合、個別にカンボジア政府からの許可が必要

 

また、プノンペン首都は、4月1日から14日まで、午後8時~午前5時の夜間外出や飲食店営業(デリバリー・テイクアウトは除く)、大人数が集まることは禁止されています。

 

 

規制・禁止令に違反した場合は、罰金もしくは懲役が科されますので、くれぐれもご注意ください。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “Government Imposes Inter-Provincial Travel Ban To Stem The Spread of Covid-19”, 7 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50834982/govt-imposes-inter-provincial-travel-ban-to-stem-the-spread-of-covid-19/
  • Khmer Times, “14-day Curfew Imposed Across Phnom Penh Strict Action Against Curfew Violators”, Tith Kongnov, 2 April 2021, https://www.khmertimeskh.com/50833113/14-day-curfew-imposed-across-phnom-penh-strict-action-against-curfew-violators/

 

最終回「Smart Action, Buy Local Cambodia」、大阪で開催中!

「Smart Action, Buy Local Cambodia」イベント(最終回)が開催中です!今回は大阪の池田市に来ています!

 

現在コロナ禍でカンボジアへの渡航は難しい状況ですが、「Smart Action, Buy Local Cambodia」で、日本にいながらにして「カンボジア」を感じることが出来ます!イベントには様々なメード・イン・カンボジアの商品ブランドが集まっています。カンボジア各地を旅する気分を味わってもらいたい、という発想だそうです。そして、今回は商品の購入だけではなく、イベント会場でもあるカフェで、期間限定のカンボジア料理も食べられます。カフェスペースは座席数が少ないため、事前にカフェへご確認いただくことをお勧めいたします。

会場近くには、大阪の桜の名所の一つである「五月山公園」があります。「五月山公園」の桜はすでに開花していて、今週末に満開を迎えるようです。「五月山公園」でキレイな桜を見るついでに、是非「Smart Action, Buy Local Cambodia」会場へも足を運んでみてください!

 

開催期間
2021年3月13日(土)〜3月29日(月)
11:30 – 19:00(月曜、火曜定休)

 

会場
cafe gallery phteah (プテア)
〒563-0055
大阪府池田市菅原町10-8
Tel: 072-737-53266

 

アクセス
阪急宝塚線池田駅下車徒歩5分
池田駅東口の交差点から桜通りを五月山方面へ
二つ目の点滅信号を右折
一つ目の路地を入ってすぐです
(菁菁苑の看板が出ています)

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

International Women’s Day 国際女性デー

今日は国際女性デーです!毎年3月8日は、世界各地で女性の功績を称え、女性の政治的平等を提唱する記念日です。カンボジアでも、国際女性デーは公式な祝日です。今回は国際女性デーを記念して、活躍している3名のカンボジア女性をご紹介させていただきます。

 

1)Vannary San

Photo credit: South China Morning Post

Vannary San氏は、カンボジア人ファッションデザイナーです。カンボジア現地の経済的に困難な状況にある人々を援助しながら、カンボジアの伝統的なシルク産業の復興を使命として活動しています。カンボジアは、クメール・ルージュ統治下で多くの職人が姿を消してしまったため、伝統的なシルク産業は衰退という危機に瀕しています。Vannary San氏は、シルク産業の復興を目指し、たゆまぬ努力を続けています。カンボジアの伝統的な技術を用い、様々なシルク製品を製造し販売しています。2003年にはプノンペンで自らのブティック「Lotus Silk」を立ち上げ、公正な給与・待遇や環境のいい職場を現地の人々に提供しています。また、多くの人にカンボジアの伝統的なシルク産業を知ってもらうため、2019年7月にプノンペンで博物館「The Silk House」をオープンしました。Vannary San氏は、現在カンボジア国内で最も注目されている女性起業家の一人です。

 

2)Kounila Keo

Photo credit: WhenInPhnomPenh.com

Kounila Keo氏は、カンボジアのブロガーであり、ディジタルメディアの先駆者と言われています。2007年に自身のブログ「Blue Lady Blog」を立ち上げ、ブログを通じてカンボジアの社会問題について率直に語っています。それ以降、AFPやBBC、LA Timesなどの有名な海外メディア会社に勤務し、2017年にはForbes(フォーブス)紙の『 30 Under 30 Asia(30アンダー30・アジア)』の一人に選ばれました。現在、カンボジアで自分のメディアコンサルティング会社を経営しながら、地元のライター達がプノンペンを紹介するサイト「WhenInPhnomPenh.com」を運営しています。

 

3)Catherine Harry

Photo credit: WhenInPhnomPenh.com

Catherine Harry氏は、カンボジアの若い啓蒙活動家です。タブーを物ともせず、普段人前では語られないような話題について、皆とは違った切り口で表現しています。自身のFacebookやユーチューブチャネル「A Dose of Cath」で、生理や安全な性行為、性的暴力、妊娠中絶手術など、女性の性に関する話題について忌憚なく意見を述べています。Catherine Harry氏も、2018年のForbes(フォーブス)『 30 Under 30 Asia(30アンダー30・アジア)』の一人に選ばれています。

 


参考文献:

  • The Culture Trip, “10 Inspirational Cambodian Women You Should Know”, Marissa, 4 July 2018, https://theculturetrip.com/asia/cambodia/articles/10-inspirational-cambodian-women-you-should-know/
  • Ready For, “Lotus Silk”, https://readyfor.jp/projects/lotussilk
  • The Culture Trip, “Cambodian Female Entrepreneur Vannary San”, Marissa, 12 March 2018, https://theculturetrip.com/asia/cambodia/articles/profile-cambodian-female-entrepreneur-vannary-san/
  • Forbes, “30 Under 30 Asia”, https://www.forbes.com/profile/kounila-keo/?sh=3731d6af6799
  • Channel News Asia, “Forbes Honour Young Cambodian Who Defies Culture In Gender Equality Fight”, Pichayada Promchertchoo, 4 February 2021, https://www.channelnewsasia.com/news/asia/forbes-young-cambodian-defies-culture-in-gender-equality-fight-10090020

 

カンボジア・シハヌークビル州 一時出入り禁止措置について

シハヌークビルのシンボル、「ゴールデンライオン」。Photo credit: Agoda.com

カンボジア政府は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨日(3月4日)より沿海都市シハヌークビルへの一時出入り禁止を発表しました。クメールタイムズによりますと、先月2月20日に発生した市中感染事件の影響によりシハヌークビル州でも感染者が急増したため、カンボジア国民や旅行者に対し、シハヌークビルへの往来を一時禁止することになったそうです。しかし、必要な物資の輸送や緊急救援を目的とする交通などは、影響なしに通行可能となっています。

 

シハヌークビル州へ訪問を予定されている方は、当該規制についてご注意ください。

 

また、カンボジア政府は新型コロナウイルス接触確認システム「Stop Covid」を導入しました。「大阪コロナ追跡システム」と同様の仕組みですが、アプリではなく、QRコードを用います。ホテルやレストラン、店舗などの入り口に提示されているQRコードを、利用客にを読み取ってもらう方式です。

 


参考文献:

  • Khmer Times, “Sihanoukville Close to Travellers Due To Covid-19 Outbreak”, Taing Rinith, 4 March 2021, https://www.khmertimeskh.com/50820768/sihanoukville-close-to-travellers-due-to-covid-19-outbreak/
  • Khmer Times, “Over 10,000 Locations Registered For QR Code Stop Covid”, 23 February 2021, https://www.khmertimeskh.com/50816879/over-10000-locations-registered-for-qr-code-stop-covid/

 

カンボジア・アニメーション映画「フナン」

カンボジアのクメール・ルージュ時代を題材にした実写版の映画作品は多数ありますが、アニメーション映画の数は多くありません。本日は、クメール・ルージュ時代が舞台のアニメーション映画「フナン(Funan)」を紹介させていただきます。

 

「フナン」は、2018年にドゥニ・ドー(Denis Do)監督(36歳)により制作されたアニメーション映画です。昨年12月25日に日本でも初公開されました。映画は、1975年クメール・ルージュ初期に、主人公の一人であるカンボジア人の母親が4歳の息子とはぐれてしまうところから始まります。大変な苦難を乗り越えながら息子を探し出し、再会するまでの経緯を綴った物語です。映画は、クメール・ルージュ時代のドゥニ・ドー氏の母親と家族の実際の体験を基に製作されたそうです。ドゥニ・ドー氏は、フランス出身ですが、カンボジアとフランス、中国にルーツがあります。

 

ちなみに、映画タイトルの「フナン」は、1世紀~6世紀のインドシナ半島(現在のタイ、カンボジア、ベトナム)に存在した古代ヒンズー教王国の名前(扶南)が由来だそうです。

 

カンボジアにおけるクメール・ルージュの歴史や、クメール・ルージュ統治下でカンボジア国民の皆さんがどのような経験をされたのかをより深く知りたい方は、是非映画「フナン」をご覧ください。

 

映画は、下記の劇場(関西地方)で上映予定です。

  • シネ・ヌーヴォX劇場(大阪):2月27日~3月19日
  • 出町座劇場(京都):3月5日~3月18日
  • 塚口サンサン劇場(兵庫):3月5日~11日

 

上映スケジュール等の詳細については、下記のURLからご確認いただけます。

https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=funan#area03

 

<映画予告編>


参考文献:

 

What’s On? In カンボジア Cambodia

#AngkorLikeNeverBefore キャンペーン

コロナ禍で落ち込んだシェムリアップ州の観光ビジネスを振興するため、カンボジアホテル協会(Cambodia Hotel Association)が「#AngkorLikeNeverBefore」というSNSキャンペーンを始めました。

 

多くの観光客の方々に「シェムリアップ・アンコール遺跡群」を訪れていただくため、キャンペーンにはプロモーションビデオが導入されています。ビデオは、シェムリアップの観光目玉スポットのアンコールワット、サーカス団「ファー」、トンレサップ湖、アプサラダンス、スバエクトーイ(影絵芝居)などを特集しています。ビデオを通じて、「観光客が少ない現在、落ち着いた雰囲気の中で、アンコール遺跡群の観光を堪能することができますよ!」ということもアピールしていきたいそうです。以前とは違った、アンコール遺跡群の魅力が味わえるようです!

 

プロモーションビデオは、下記からご覧いただけます。

 

昨年来の世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響により、カンボジアを訪れる外国人観光客の数は激減しています。カンボジア観光省が発表した2020年度旅行者数統計によりますと、2019年度の661万人から、約80%の減少があったそうです。なかでも、毎年およそ200万人もの外国人観光客が訪れていた、世界有数の世界遺産観光地「シェムリアップ・アンコール遺跡群」は、2020年度には約40万人にまで落ち込んでしまいました。

 

ワクチン接種が各国で始まっており、早期の感染収束が期待されます。以前のように海外旅行が楽しめるようになったあかつきには、アンコール遺跡群をはじめとするシェムリアップの新たな魅力に触れるため、ぜひカンボジアを訪れていただきたいと思っております。

 


参考文献:

  • Seishiron, 「カンボジア観光省旅行者数統計2003年~最新版」, https://seishiron.com/wp-content/uploads/2020/12/CAM122020.pdf
  • B2B-Cambodia, “International Travellers To Cambodia Dropped By 80% in 2020”, 21 January 2021, https://www.b2b-cambodia.com/news/international-travellers-to-cambodia-dropped-by-80-in-2020/
  • Khmer Times, “Angkor Like Never Before Campaign To Revive Siem Reap”, Taing Rinith, 18 February 2021, https://www.khmertimeskh.com/50815304/angkor-wat-like-never-before-campaign-to-revive-siem-reap/