Topics トピックス

GO TO KHMER!

最近、「Go To」という言葉をよく耳にします。早くカンボジアへ「Go To」 したい!とお考えの皆さんに、2つのカンボジア観光関連のバーチャル活動をご紹介させていただきます。

 

1)Go To Khmer Channel! (クメチャン!)

在日本国カンボジア王国観光省の事務所が公式YouTubeチャンネル「クメチャン」の配信を開始いたしました。

カンボジアの現在の様子や魅力について紹介されていますので、是非ご覧ください!第一回の動画のテーマは、「アンコールワット」です!

 

URLはこちらです ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCIIdikcvy70qSogDgELUsaw

2)最新カンボジア観光ウェビナー

このたび国際機関日本アセアンセンターが、カンボジア王国政府観光省の協力を得て、2020年10月29日より4回シリーズでカンボジア現地の最新情報を伝えるウェビナーを開催いたします。

 

ウェビナーには、カンボジア王国政府観光省やAPEX Cambodia Travel Service Co., Ltdからのスペシャルゲストが登場し、自身の最近のカンボジア入国体験やカンボジアの現況及び観光地の最新情報を語られます。有益なウェビナーだと思いますので、ご興味のある方、是非ご参加ください!

 

第1回目 :2020年10月29日(木)14:00~14:45

 

ウェビナーの詳細とお申し込みについては、下記日本アセアンセンターのURLをご確認ください。

https://www.asean.or.jp/ja/tourism-info/2020103/

 

ANA成田~プノンペン便、運休再延長について

Further Suspension of ANA Narita~Phnom Penh Flight

全日本空輸 (ANA)は、今年4月以来新型コロナウイルスによる運休中の東京 (成田)~カンボジア (プノンペン)便について、2021年1月31日まで再延長を発表しました (2020年10月26日時点)。

 

詳細は下記ANAのホームページをご確認ください。

https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/

 


Direct flight from Tokyo (Narita) to Cambodia (Phnom Penh) has been further suspended until 31 January 2021, as updated by All Nippon Airways (ANA) on 26 October 2020.

 

For details, please check below ANA homepage link:

https://www.anahd.co.jp/en/jp/topics/notice200206/

 

アセアン文化都市2021-2022 ー シェムリアップ

ASEAN City of Culture 2021-2022 ー Siem Reap

(English report follows after Japanese)

2020年10月22日、第9回目アセアン文化芸術相会議がオンラインで開催されました。その会議において、カンボジアのシェムリアップが2021年-2022年アセアン文化都市として選定されました。

 

シェムリアップは、前クメール王国の首都であり、UNESCO世界遺産に認定されているアンコール遺跡群がある、歴史と文化が豊かな都市として広く知られています。この度、シェムリアップがアセアン文化都市として選定されたことは、非常に喜ばしことです。

 

なお、2010年にアセアン文化都市企画が始まって以来、シェムリアップは6番目に選ばれたアセアン都市となります。会議では強い団結の象徴として、アセアン諸国から一つの都市を指名し、その都市の文化や発展を促進しています。過去に選定されたことがある都市は以下の通りです。

  • セブ、フィリピン (2010-2011)
  • シンガポール (2012-2013)
  • フエ、ベトナム (2014-2015)
  • バンダルスリブガワン、ブルネイ・ダルサラーム (2016-2017)
  • ジョグジャカルタ、インドネシア (2018-2020)

 

この選定をきっかけにして、来年以降、コロナ禍で落ち込んでいるシェムリアップの観光ビジネスの復興に弾みがつくことを期待いたします。

 


On 22 September 2020, it was announced that Siem Reap city, Cambodia will be named as ASEAN City of Culture for 2021-2022, during the 9th AMCA (ASEAN Ministers Responsible for Culture and Arts) meeting via video conference. This is certainly a great news as we all know that Siem Reap is a city rich in history and culture, due to it being the former capital of the Khmer Empire and is home to Angkor, an UNESCO World Heritage Site.

 

For your info, Siem Reap city is the sixth ASEAN city being selected, since the ASEAN City of Culture initiative first started in 2010. In a bid to promote and strengthen ASEAN identity, an ASEAN city will be designated to showcase its cultural life and development for a period of two years. Past cities selected for ASEAN City of Culture include:

  • Cebu, Philippines (2010-2011)
  • Singapore (2012-2013)
  • Hue, Vietnam (2014-2015)
  • Bandar Seri Begawan, Brunei Darussalam (2016-2017)
  • Yogyakarta, Indonesia (2018-2020)

 

We certainly do look forward and hope this appointment of ASEAN City of Culture can help revive the tourism business in Siem Reap next year, and once the pandemic subsides.


参考文献・Reference(s):

ASEAN, 22 October 2020, https://asean.org/joint-media-statement-9th-meeting-asean-ministers-responsible-culture-arts/

Smart Action, Buy Local CAMBODIA @ 京都

2020年10月23日 (金) ~ 25日(日)

このたび、「Smart Action, Buy Local CAMBODIA」というイベントが本日から京都であると聞き、早速会場に行ってまいりました!

 

イベントは、京都・京阪出町柳駅から徒歩5分ぐらいのビルの2階、「Powder Plant」で開催されています。「Powder Plant」は、展覧会やワークショップに使えるレンタルスペースです。

「Powder Plant」ビルの入り口にイベントの看板

「Smart Action, Buy Local CAMBODIA」は今年初めて京都で開催されています。カンボジアで活動している11団体(国境食堂HARU、SuiJoh、Orkun Tourなど)から商品を集め、販売しています。取り扱っている商品は、カンボジアでお馴染みの雑貨、手作りアクセサリー、バッグ、食品などです。

 

その中で、私の一番お気に入りは、Orkun Tourさん出品の「おたのしみ袋」です。可愛いクロマーデザインの袋(500円と1,000円)があり、中に何が入っているか開けてみるまで分かりません。めっちゃ楽しみ~!

Orkun Tourの「おたのしみ袋」

本日の収穫

イベントは日曜日までです!週末のお天気も良さそうですし、是非足を運んでみてください!

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

イベント詳細は、下記の通りです。

営業時間
23日(金)/ 13:00〜19:30
24日(土)/ 11 : 00〜19:30
25日(日)/ 11 : 00〜18:30

会場
POWDER PLANT
〒602-0841 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448清和テナントハウス2F
京阪電車 ①番出口から徒歩5分

 

What’s On In カンボジア Cambodia

パリ和平協定の日・Paris Peace Agreement Day

Photo credit: Sacombank Cambodia

29年前の今日、パリ和平協定が結ばれ、長年続いていたカンボジアの内戦がついに終結しました。

 

パリ和平協定は、フランス・パリにおいて、カンボジア、フランス、日本、中国、シンガポールなど19カ国が署名し、締結されました。この協定により、翌年カンボジアにPKO(国連平和維持活動)部隊が派遣され、カンボジアの復興・開発を推進した結果、現在の平和と経済の安定がもたらされました。

 

もともと「パリ和平協定の日」は祝日でしたが、今年からカンボジア政府の意向で廃止されました。


 

On this day 29 years ago, the Paris Peace Agreement was first signed, and it marked the end of the Civil War in Cambodia, which had troubled the country for decades.

 

The peace treaty, held in Paris, France (and hence the name), was signed and witnessed by 19 countries, including Cambodia, France, Japan, China, Singapore and so on. The peace agreement eventually led to the deployment of U.N. peacekeepers in Cambodia the following year, and it paved a way for the recovery and redevelopment of Cambodia, bringing about peace and stability since then.

 

Originally, the Paris Peace Agreement Day was supposed to be a national holiday, however it was removed by the Cambodian government from this year onwards.


参考文献・Reference(s):

  1. Wikipedia, “Paris Peace Agreement”, 1 July 2020, https://en.wikipedia.org/wiki/1991_Paris_Peace_Agreements
  2. CIESF, 「2020年からの年間祝日数の削減」, 2020年12月27日, https://www.ciesf.org/sp/pickup/report/?p=10

SPOOKTOBER!

カンボジアの「かかし」Cambodia’s Scarecrow

(English report follows after Japanese)

日本では、作物を守るため、畑や田んぼに鳥や動物を追い払うための「かかし」を設置します。しかし、カンボジアの「かかし」には全く違う意味があるようです。カンボジアでは、鳥や動物対策ではなく、悪魔や幽霊、あるいは災害や病気などを追い払うために「かかし」を置きます。しかも、「かかし」がいるのは畑や田んぼではなく、民家の前なのです。

 

カンボジアでは「かかし」は「ティン・モン(Ting Mong)」と呼ばれ、主に田舎で見られます。軍服を着てライフル銃を持っていたり、華やかな服装でヘルメットをかぶったりしている人間の顔を持つ「ティン・モン」もあります。また、日本の一般的な「かかし」と違い、二本足が付けられており、家の前でしっかりと立っています。知らない人が「テイン・モン」を見ると、不気味に感じるかもしれません。

 

もし夜中に田舎を歩く機会があり、「テイン・モン」を見つけても、決して驚かないでください。そして、絶対に触ってはいけません!「テイン・モン」に何が憑りついているか分からないのですから・・・。

Beware, Ting Mong is watching you. Photo credit: Scott Sharick.

In Japan, scarecrows are placed in farm plantations or rice fields to scare off birds or other animals from destroying crops. However, in Cambodia, usage of scarecrows has a different meaning to it. Instead of to chase away birds or animals, scarecrows are used to ward off evil spirits and ghosts, or as a protection against disasters and diseases. Furthermore, they are placed, not in plantations or rice fields, but in the front of houses.

 

In Cambodia, scarecrows are known as “Ting Mong”, and they are usually found in rural village areas. “Ting Mong” can be found in all kinds of designs; from one who carries a rifle in military uniform, to one that wears a helmet and dressed up in vibrant colours. And even “Ting Mong” with human-like faces can be seen. Unlike normal scarecrows in Japan, “Ting Mong” have a pair of legs attached to them, allowing them to stand upright in front of houses. People who did not know about “Ting Mong” may find them creepy.

 

So if you do happen to have a chance to walk in the rural areas of Cambodia at night, do not be alarmed by the existence of “Ting Mong”. Also, we advise against touching the “Ting Mong”, for you do not know what might be attaching to it・・・


参考文献・Reference(s):

  1. Khmer Times, “Cambodian Farmers Deploy Scarecrows to Ward Off Virus”, 14 October 2020, https://www.khmertimeskh.com/50773061/cambodian-farmers-deploy-scarecrows-to-ward-off-virus/
  2. Yahoo Japan News, 「コロナ追い払う見張り役、カンボジア農村部のかかし」, 2020年10月12日, https://news.yahoo.co.jp/articles/6e32197762d7d50a62fd09cb795ffe8236e013b8
  3. Cheerful Smile, 「カンボジアの人々に伝わる迷信」, 2020年5月20日, https://cheerfulsmile.org/life/cambodian-superstition/

 

大韓航空が11月関空~プノンペン便 (仁川経由) の運行を決定

Confirmation of Korean Air (KIX-ICN-PNH) November Flight

このたび大韓航空が、大阪(関空)~カンボジア(プノンペン空港)【ソウル(仁川空港)経由】便の運航を決定いたしましたので、ご案内させて頂きます。運行スケジュールは下記の通りです。

 

運航日:11月 毎週水曜日・木曜日

大阪 (関空) → ソウル (仁川)

  • KE724 関空 11:55発 - 仁川 14:00着

乗継便:ソウル (仁川) → プノンペン

  • KE689 仁川 18:30発 - プノンペン 22:25着

※ 仁川空港にて当日乗継、当日カンボジア・プノンペン空港に到着が可能です。

 

また、ご参考までに、復路【プノンペン~関空(仁川経由)】の運行スケジュールについて記載させて頂きます。

 

運航日:11月 毎週水曜日・木曜日

プノンペン → ソウル (仁川)

  • KE690 プノンペン 23:45発 - 仁川 06:45着(次の日)

乗継便:ソウル(仁川) → 大阪 (関空)

  • KE723 仁川 09:00発 - 関空 10:45着

※ プノンペン現地水曜日の出発のみ、仁川空港同日乗継が可能です。

 

詳細につきましては、下記より確認をお願い致します。

https://www.koreanair.com/global/ja/about/news/travel_info/2020_06_26J.html

(大韓航空ホームページ)

 


Korean Air announces its confirmed flight schedule for Osaka Kansai International Airport to Phnom Penh, via Seoul Incheon International Airport for November 2020. Flight schedule as per below:

 

Flight dates:Every Wed and Thu in November

Osaka (KIX) → Seoul (ICN)

  • KE724 KIX 11:55 - ICN 14:00

Transit: Seoul (ICN) → Phnom Penh (PNH)

  • KE689 ICN 18:30 - PNH 22:25

※ Same day transit in Incheon Airport and same day arrival in Phnom Penh Airport

 

Please be also informed of return flight schedule from Phnom Penh to Osaka, as per below:

Flight Dates:Every Wed and Thu in November

Phnom Penh (PNH) → Seoul (ICN)

  • KE690 PNH 23:45 - ICN 06:45(next day arrival)

Transit: Seoul (ICN) → Osaka (KIX)

  • KE723 ICN 09:00 - KIX 10:45

※ Same day transit in Seoul and same day arrival in Osaka is possible on Wednesday Phnom Penh departure flights only.

 

For more details, please refer to Korean Air homepage:

https://www.koreanair.com/global/en.html

 

コロナ下でのカンボジアへの渡航について

Travelling to Cambodia During Covid-19

Photo credit: Megson FitzPatrick

残念ながら、カンボジアへ観光目的で渡航することはまだ出来ません。ですので、これから提供する情報は、カンボジアへ渡航される外国人ビジネスマン向けの情報です。カンボジアへの入国制限が度々変更されることにイライラしたりし、手元にある情報が正しいか不安に感じられるかもしれませんが、そのような問題を解決するための一助として、重要な注意事項・やるべきことを以下に紹介しようと思います。

Don’t get us wrong but travelling to Cambodia for sightseeing is still not possible. Hence, the following information that we are going to provide is for Foreign Business Travellers to Cambodia only. We understand how some of you might be feeling frustrated over the frequent changes to entry requirement, and perhaps get confused over the accuracy of the information received. That’s why we are here to provide some important Dos & Don’ts and tips that may be able to help make your business trip to Cambodia a smooth and trouble-free one.

 

 

SPOOKTOBER!

カンボジアブギーマン・Cambodia Bogeyman

(English report follows after Japanese)

世界中に子供をさらう怪物は存在します。日本には「なまはげ」、西洋には「ブギーマン」、そしてカンボジアには「Bro Mat Bro Mong」がいます。

 

「Bro Mat Bro Mong」は、群れから離れたひよこを捕まえる鷹の名前に由来します。それが転じて、子どもが怪物に連れ去られることを指すようになりました。カンボジアの田舎に住んでいる子どもたちは、よく両親から「遅くまで外で遊んじゃダメ!Bro Mat Bro Mongにさらわれるよ!」と脅かされているようです。

 

しかし、実は「Bro Mat Bro Mong」の名を借りて、大人たちは子どもたちに、悪意ある人さらいのことを警告しているのです。

Superstitious beliefs of monsters that capture children exist everywhere in the world. In Japan, there is the “Namahage”. In the West, there is the “Bogeyman”. And in Cambodia, they have the “Bro Mat Bro Mong”.

 

“Bro Mat Bro Mong” was originally the name of a hawk species, that prey on little chickens which stray away from the flock. It then became a term used to describe children being taken away by monsters. As a result, especially in rural areas in Cambodia, parents telling their children, “Do not stay out too late or the Bro Mat Bro Mong will come and catch you!” are often being heard.

 

However, what we think is, adults are just trying to make use of “Bro Mat Bro Mong” as a reason to warn their children of real-life child-kidnappers around.

 


参考文献・Reference(s):

  1. Khmer 440, “Tales of the Superstitions”, 27 April 2014, https://www.khmer440.com/k/2014/04/tales-of-the-superstitious/
  2. Cambodia News English, “Dark History: Human Sacrifice, Black Magic & Cannibals”, 22 February 2020, https://cne.wtf/2020/02/22/dark-history-human-sacrifice-black-magic-cannibals/

 

What’s On In カンボジア Cambodia

ノロドム・シハヌーク前国王記念日 Commemoration Day of King’s Father

(English report follows after Japanese)

Photo of a young King Norodom Sihanouk . Photo credit: The Telegraph.

 

本日2020年10月15日は、カンボジアでは「ノロドム・シハヌーク前国王記念日」であり、祝日となっています。

 

この日をカンボジア国民は、2012年10月15日に崩御された前国王「His Majesty Preah Bat Samdech Preah Norodom Sihanouk」の記念日とし、敬意を表します。多くのカンボジアの人々にとって、故ノロドム・シハヌーク前国王はカンボジア王国の大切なシンボルであり、「独立、主権、統一及び国家和睦に活躍した国の父」として深く敬われています。

 

1941年に即位して以来、故ノロドム・シハヌーク前国王はカンボジア王国の発展に尽力され、また国の平和に対して強い信念を持ち続けておられました。

 

この度のカンボジア大洪水により被災された方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。カンボジア国民の皆様は、故ノロドム・シハヌーク前国王によって育まれた強い団結力をもって、力強く災難から立ち直られると信じております。皆様の安全と一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。


 

Today, 15th October 2020, is Commemoration Day of King’s Father, and is also a public holiday in Cambodia.

 

On this day, Cambodians commemorate and pay their respect to the late King, His Majesty Preah Bat Samdech Preah Norodom Sihanouk, who passed away on 15th October 2012. To many Cambodians, the late King Norodom Sihanouk is an important symbol of the nation, and is known as the “Father of Independence, Sovereignty, Unity and National Reconciliation.”

 

Since taking the throne in 1941, King Norodom Sihanouk dedicated his life to the country and held strong beliefs in maintaining peace for Cambodia during his reign.

 

Through here, we wanted to take this opportunity as well to offer our condolences to the victims of the flash floods in Cambodia currently. We are confident that the people of Cambodia, with resilience and unity like the late King Norodom Sihanouk, can recover from this disaster quickly.