Topics トピックス

新型コロナウィルス関連 カンボジア入国時の防疫措置について

カンボジア入国に際しまして、カンボジアでは以下の通り新たな検査体制が導入されております。

(5月20日より発効)

 

1. カンボジアに入国する全ての渡航者(カンボジア人を含む)は,到着時に検査を受けるとともに、検査の結果が出るまでの間、カンボジア政府が指定する場所で待機する必要があります。

 

2. 検査の結果、同一フライト等の乗客の中に1人でも陽性者が確認された場合は、その乗客全員が、カンボジア当局が指定した施設での14日間の隔離対象となります。

 

3. 同一フライト等の乗客全員の陰性が確認された場合は、地元当局及び保健当局等の観察下において、自宅等での14日間の自主隔離が求められるとともに、隔離13日目に再度検査を受けなければなりません。

 

 

なお、これまで求められておりました以下の要件も、引き続き有効です。

 

・ カンボジアに向けての渡航の72時間前以内に日本の保健当局などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書を提示しなくてはならない。

 

・ 保険額が5万米ドル以上の保険証書を提示しなくてはならない。

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染拡大によるカンボジアへの入国制限が延長されました

既に当館ホームページにてお知らせしております以下の入国制限が、引き続き継続となる旨、在日本カンボジア王国大使館より通知がありました。

 

 

1.  イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、アメリカ、イランから入国を希望する外国人(日本人を含む)に対する一時入国禁止。

2.   観光ビザ,e-visa,アライバルビザの発行停止。

3.  カンボジアに向けての渡航の72時間前以内に、日本の保健当局から発行された新型コロナウィルスに感染していないことを証明する健康診断書(英文)の提示。

4.  保険額が5万米ドル以上の保険証書(英文)の提示。

5.  入国時に健康診断やスクリーニングの受診要。さらに、カンボジア保健省の指示による強制隔離、検疫、又はウイルスの予防と封じ込め のためのその他の措置の対象となる。

 

 

上記制限は、カンボジア保健省及びWHOが新型コロナウィルスの感染が収束したと評価するまでの期間有効となります。

 

 

 

JAPF春期インターンシップの修了式が当館にて行われました

2020年3月27日、当館にて、JAPF(日本アジア振興財団)主催の春期インターンシップ修了式が行われました。

今回は22名の大学生の皆様がカンボディアやベトナムを訪れ、提携施設や学校でのインターンシップを通して、カンボディアについての見聞を広めて来られました。

 

修了式は、引率担当者の方からのツアー報告、JAPFの松岡代表理事からの挨拶、そして参加学生の代表者の方々からのツアーに対する感想へと続きました。松岡理事からの修了証書授与後には、当館山田名誉領事からも学生皆様に対し、「今回学んだことを糧に将来ますます活躍されることを期待します」との言葉を贈らせていただきました。

 

当館は、今後ともJAPFの活動に協力し、日本・カンボディアの友好関係の発展に寄与させていただけるよう活動してまいります。

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染拡大によるカンボジアへの入国制限について

今般の新型コロナウィルスの感染拡大を受け、カンボジアでも以下の通り、全ての外国人を対象とした入国制限が実施されます。(3月30日23時59分より発効)

 

・観光ビザ、e-visa、アライバルビザ(到着時に空港で入手できるビザ)の発行を1か月間停止。
・カンボジアへの渡航を希望される方は、在日カンボジア大使館もしくは領事館で、事前にビザを取得していただく必要があります。
・カンボジア入国72時間前以内に日本の保健当局から発行された新型コロナウィルスに感染していないことを証明する健康診断書の提出が必要になります。
・カンボジア滞在期間中有効の、医療費の補償額が5万米ドル以上の海外旅行保険証書の提出が必要になります。
・入国の際には、健康診断やスクリーニングの受診が必要です。強制隔離や検疫、その他のウィルス封じ込めのための方策等、カンボジア保健省の指示に従う必要があります。

 

上記の渡航制限措置は一時的なものであり、世界的な新型コロナウィルスの感染拡大状況を踏まえ、定期的に見直しが行われる予定です。

見直しがございました場合、当館ホームページにても随時お知らせいたします。

 

なお、すでに申請いただいておりますビザ及びパスポートのお渡しは、平日9:00~12:00で引き続き行っております。

 

 

 

Consular Annoucement

当館が協力をしておりますインド舞踏の紹介です。

2020年03月06日、当館の山田名誉領事が協力をしております櫻井暁美女史が行っている『インド舞踏へのいざないPart46』にて掲載された広告を紹介致します。

 

櫻井女史は長年インド文化を紹介なさっており、その道では大変著名な方です。

 

先月23日のご公演も大変盛況でした。在大阪・神戸インド総領事のB.シャム閣下からも推薦を受けており、当館も応援をさせて頂いております。

 

カンボディアはヒンズー教の影響も大きく受けており、その文化に精通する活動を、当館としても今後も応援していきたいと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当館の山田名誉領事が芦屋大学の理事長に就任致しました。

2020年02月18日付にて、在大阪カンボディア王国名誉領事館の山田名誉領事が芦屋大学の理事長に就任致しました。

 

以下URLにて、山田名誉領事の挨拶を掲載致しておりますので、ご確認頂けますと幸いです。

 

また日頃よりご協力頂いております皆様、今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

芦屋大学URL:

https://www.ashiya-u.ac.jp/outline/greeting02/

 

 

当館が支援しているJAPF春期インターンシップにかかる勉強会が当館にて開かれました。

2020年02月07日、当館が支援しているJAPF(日本アジア振興財団)主催の春期インターンシップにかかる勉強会が在大阪カンボディア王国名誉領事館にて開かれました。

 

今回のインターンシップに参加する学生の皆様にご来館頂き、当館スタッフに対してカンボディアへ訪問する前に疑問に思っている事、心配に思っている事等に関して質問して頂きました。また勉強会の進行形式も昨年とは変更し、当館スタッフへのインタビュー形式にしたことで、前回よりも更に学生の皆様から積極的に質問して頂きました。カンボディア在住経験のある当館スタッフが丁寧に皆様の質問に回答させて頂き、学生の皆様は真剣に聞き入っておられました。

 

インターンシップは2つのコースに分かれており、カンボディアとベトナムを訪問する2カ国コースは02月16~27日(12日間)の日程を予定しております。もう一つの1カ国コースは03月01~08日(8日間)の日程で、カンボディアのみを訪問する予定です。

今回のコロナウィルスの影響も懸念されておりましたが、JAPF皆様の献身的な調査と関係機関との調整により、無事にこのインターンシップを実施する事が出来るようです。

 

学生の皆様には将来国際的に活躍して頂くためにも、たくさんの事をカンボディアとベトナムにて経験して頂き、知見を増やして頂きたいと思います。

 

3月に予定している修了式にて、成長した学生皆様のお顔を拝見出来ることを当館一同心よりお待ち致しております。

 

 

 

写真:勉強会の様子

インドカルナタカ州政府不動産管理協会カムレ会長にご来館頂きました。

2020年01月26日、カルナタカ州政府不動産管理協会カムレ会長に表敬訪問頂きました。今般、アジア域内にて初めてとなる民間だけのファウンデーション機関設立に向け、そのメンバー募集も兼ねたゴルフイベントをタイ国バンコクにて開催するプロモーションのために来日なさいました。

 

山田名誉領事はロータリーメンバーであるために、そのゴルフイベントに参加させて頂く予定でございます。

 

今回、そのゴルフイベントの発起人であるカムレ会長が同イベントの説明にお越しくださいました。

 

 

 

写真:カムレ会長を囲んで

明治学園高校の生徒様がご来館されました。

2020年01月22日、明治学園高校の2年生 5名様と担当の先生にご来館頂きました。

 

明治学園高校の生徒様は授業の一環として、カンボディアを訪問し、現地の孤児院の状況や孤児を取りまく社会状況を研究なされました。皆様の研究内容は大変素晴らしいもので、真剣に研究なさった成果が表れているものでした。

 

発表後、生徒様から質問を頂き、当館山田名誉領事が回答を致しました。生徒様の質問は自己研究の結果から、鋭い質問も飛び交い、白熱した議論が繰り広げられました。

 

今後とも当館と致しまして、学生の皆様のカンボディアへの研修や修学旅行等、可能な限り支援させて頂き、カンボディアに関してもっと知って頂ける機会を作っていきたいと考えております。

 

 

写真:発表の様子