Topics トピックス

関西3府県、再び緊急事態宣言

Second State of Emergency for 3 Prefectures in Kansai

(English notice follows after Japanese)

本日1月14日より来月7日まで、大阪、京都、兵庫の関西3府県に、再び緊急事態宣言が出されました。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、当館にご来館の際には、マスクの着用及び手指消毒をよろしくお願いいたします。

併せて、皆様の不要不急の外出・移動の自粛へのご協力をお願い申し上げます。

いつもありがとうございます!ORKUN!

 


The Japan government has announced a second State of Emergency for three prefectures in the Kansai area – Osaka, Kyoto and Hyogo, with effect from today until 7 February next month.

To stop the further spread of Covid-19 and to protect yourself and others, we ask all visitors to our Honorary Consulate office to put on mask and disinfect your hands with the hand sanitizer available.

We also urge everyone to avoid any unnecessary outdoor movement and stay home where possible.

Please stay safe and we thank you for your kind cooperation! ORKUN!

 

HAPPY NEW YEAR! あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年は丑年ということで、カンボジアの田舎でよく見かける牛さんの写真を一枚投稿させていただきます!

2020年は大変な一年でした。2021年は、世界中のコロナウィルスのパンデミックが早く終息し良い一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。その日が来るまで、引き続き必要な感染拡大防止対策を徹底して参りましょう。皆様の益々のご健勝とご繁栄を祈念いたしております。

 

Happy New Year!

As you may know 2021 is Year of the Ox, and so we’d like to specially share a picture of a Cambodian ox commonly seen in the countryside of Cambodia.

While 2020 had been a year full of unprecedented challenges, we pray that 2021 will be a better year ahead, and that the world can recover from the Covid-19 pandemic soonest. Until then, taking prevention against the spread of Covid-19 is still necessary, and we wish everyone good health and prosperity for the new year!

 

MERRY CHRISTMAS! メリークリスマス!

Here’s wishing all our Christian friends and everyone celebrating this joyous occasion, a Merry Christmas and a Happy New Year!

With the pandemic still going on, please stay safe and avoid the 3Cs (Crowded places, Close contact, and Confined spaces) as you are enjoying the Christmas festivities.

 

クリスト教徒の皆様方、及びクリスマスをお祝いする皆様方、メリークリスマス!そして、良いお年を!

新型コロナウイルスの厳しい状況がまだ続いているとのことで、お身体を大切にし、「密」を避けながら、ステキなクリスマスをお過ごしください!

 

新型コロナウイルス関連 カンボジアへの入国制限の改定について (2020年12月12日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement During Covid-19 (Effective 12 Dec 2020)

標題につきまして、新しい情報を追加いたしましたので、下記のPDFをご確認ください。

With regards to subject mentioned, we have add on new information. Please refer to below updated PDF.

カンボジア入国制限改定について 「2020年12月12日発効」_20201210更新

Revision to Cambodia’s Entry Requirement (w.e.f. 12 December 2020)_edited on 10 Dec 2020 

 

追加・Update:

  • 2020年12月12日より、すべてのカンボジア国民も、カンボジア帰国の際、出発の72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書(英文)の取得が必要となります。
  • From 12 Dec 2020 onwards, all Cambodian nationals returning to Cambodia are required to have Covid-19 testing certificate (in English), indicating negative result and issued within 72 hours prior to departure.

 


このたび、カンボジアにて新型コロナウイルスの市中感染者が急増していることに伴い、感染拡大予防のため、カンボジア保健省は、2020年12月12日より、カンボジア入国に際し、下記の予防・隔離対策を実施すると発表しました。

 

a) カンボジア短期滞在者への「支払い保証」(Sponsorship Mechanism)の発給を一時に停止します。

b) 下記に該当する、すべてのカンボジア渡航者は、カンボジア入国後、14日間の強制隔離となります。

  • すべての外国人ビジネス渡航者
  • カンボジア王国発行のパスポート、または他国のパスポートを所持するカンボジア国民

c) PCR検査によって、新型コロナウイル陽性者であると判明した場合、陽性者と接触確認を迅速かつ確実にするため、MOHのホームページやSNSにて陽性者の身元が公開されます。

 

詳しくは、下記のPDFをご確認ください。

カンボジア入国制限改定について 「2020年12月12日発効」

Press Release from Cambodia MOH

 


Due to the recent increase in Covid-19 cases in Cambodia and to curb the spread of Covid-19, Cambodia’s Ministry of Health (MOH) announced the following measures for entry into Cambodia, effective from 12 December 2020.

 

a) Temporary suspension of Sponsorship Mechanism for short-term travellers to Cambodia.

b) All travellers to Cambodia, as per below, will be subjected to 14-day compulsory quarantine upon arrival.

  • All foreign business travellers
  • Cambodian nationals, who hold a Cambodian passport or a foreign passport

c) To facilitate faster tracing of individuals who have been in contact with Covid-19 patients, details of travellers who are tested positive for Covid-19 will be immediately made known on MOH website or social media site.

 

For more details, please refer to the below PDF:

Revision to Cambodia’s Entry Requirement (w.e.f. 12 December 2020)

Press Release from Cambodia MOH

 

‘Tis The Season Of Giving「善を行う季節」

クリスマスまで、あと3週間です!

 

クリスマスプレゼントに何を買えばいいか、まだお悩み中ですか。

 

それならば!カンボジア関連の本を、大切な方にプレゼントされてはいかがでしょうか。

 

現在当館では、「Buy A Book, Give A Book」のキャンペーン中で、2種類の本、「旅の指さし会話帳・カンボジア語」(1,700円 税込)と「幻都バンティアイ・チュマ―ルの神々 写真集」(3,000円 税込)を販売しております。一冊につき1,000円をカンボジアの2つの子ども慈善団体、「Cambodian Children’s Fund」と「グローブジャングル・くっくま孤児院」へ寄付させて頂きます。

 

ご存知のとおり、クリスマスシーズンは、「善を行う季節」です。本を購入し大切な方にプレゼントしていただくだけで、カンボジアの経済的に困難な状況にある子ども達に大きな幸せを届けることができるのです!

 

是非「Buy A Book, Give A Book」キャンペーンへのご参加をよろしくお願い致します!

 

※本の代金納入方法や発送についてご質問がございましたら、お電話(06-6376-2305)、もしくはEメール(meiyoryojikan@cambodia-osaka.com)にて当館へお問い合わせください。


 

Another three more weeks to go before Christmas arrives!

Are you still racking your brains on what to buy for Christmas presents?

 

If so, how about some Cambodia-related books as presents for your loved ones then?

 

As part of our “Buy A Book, Give A Book” charity campaign, we are selling the following two books at our Honorary Consulate Osaka office ー “The Original Point-And-Speak Khmer Phrasebook” (JPY1,700 tax included) and “The Face Towers of Banteay Chmar Photobook” (JPY3,000 tax included). For every book purchase, we will donate JPY1,000 to two children charities in Cambodia ー “Cambodian Children’s Fund” and “Globe Jungle/CCMA (Cambodia’s Children Make The Heaven Association)”.

 

As you may know, Christmas is the Season of Giving. With your kind purchase of the books as Christmas gifts, you are doing a good deed of bringing happiness to the impoverished children in Cambodia at the same time!

 

Hence, we look forward to your kind support to our “Buy A Book, Give A Book” campaign!

 

※For any further inquiries on the book purchase, please contact us via phone (06-6376-2305), or email (meiyoryojikan@cambodia-osaka.com).

 

Globe Jungleの森 絵美子様が来館!

2020年12月1日、特定非営利活動法人 Globe Jungle(グローブジャングル)の森 絵美子様にご来館いただきました。

 

Globe Jungleは主にカンボジアで活動しておられる日系のNPO団体であり、2005年に代表理事の森様によって設立されました。カンボジアにおいて学校建設や孤児院支援、経済的困難を抱える家族への就労支援など、様々なプロジェクトに取り組んでおられます。今回当館が実施しております「Buy A Book Give A Book」キャンペーン(キャンペーンの詳細につきましては、11月20日の記事をご覧ください!)で得られる収益の一部は、Globe Jungleのプロジェクトの一つである「くっくま孤児院」へ寄付させていただく予定です。

 

ごあいさつの後、当館係員からはキャンペーンについてご説明させていただき、森様からはGlobe Jungleの活動について色々とお話いただきました。中でも、コロナ禍の影響で学校が休校になり、授業が滞っている状況下でも、ZOOMや学校から配られたプリントを最大限に活用して勉強に励む子ども達の話に、とても感銘を受けました。

 

カンボジアの経済的に恵まれない子ども達は、質の高い教育が受けられない、新しい本や教科書が買えないなど、いまだに多くの問題を抱えています。今年は状況が更に厳しくなっているため、当館といたしましても、少しでも状況の改善に貢献できればと思っております。

 

今回のキャンペーンを通じて、当館とGlobe Jungleとの繋がりが始まりましたことを、とても光栄に思っております。Globe Jungleも先週めでたく15周年を迎えられたとのことで、これからもGlobe Jungleの皆様の益々のご健勝とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

 

Globe Jungleの森様、本日はお越しいただき、オークン!

 

「Buy A Book, Give A Book」 Campaign キャンペーン実施中 (11/20~)

(English notice follows after Japanese)

「子ども達は未来だと信じている / しっかりと教えて、正しい道を進んでもらいたいの / 彼らの中にある全ての美しさを見せてあげたい」

アメリカ歌手のホイットニーヒューストンが「Greatest Love Of All」で歌ったように、私たちも、全ての子ども達には、「教育を受ける」、「才能を伸ばす」、そして「未来のリーダーになる」権利があると信じております。

今年の「世界こどもの日」と共に、カンボジアの経済的に困難な状況にある子ども達が、学校で質の高い教育を受けられるように、2020年11月20日(金)より、「Buy A Book, Give A Book」キャンペーンを実施いたします。

当館で販売しております、「旅の指さし会話帳・カンボジア語」(1,700円 税込)、または「幻都バンティアイ・チュマ―ルの神々 写真集」(3,000円 税込)のご購入で、一冊につき1,000円を2つカンボジアの子ども慈善団体「Cambodian Children’s Fund」と「グローブジャングル・くっくま孤児院」へ寄付させて頂きます。

本のご購入で、あなたの優しさが、カンボジアの子ども達に新しい本を読み、勉強する機会を与え、将来の夢を描くきっかけとなるのです!

お支払いは現金でお願い致します。在庫が無くなり次第終了となります。


I believe that children are our future / Teach them well and let them lead the way / Show them all the beauty they possess inside…

As what Whitney Houston had sung, we definitely believe that all children have the right to receive education, develop their talents, and be transformed into leaders of tomorrow.

 

In a bid to help impoverished children in Cambodia to be able to go to school and receive quality education, and in conjunction with World Children’s Day this year, we have set up a campaign called, “Buy A Book, Give A Book”, starting Friday, 20 November 2020.

 

For every purchase of “The Original Point-And-Speak Khmer Phrasebook” (JPY1,700 tax included) or “The Face Towers of Banteay Chmar Photobook” (JPY3,000 tax included) at our Osaka Honorary Consulate, we will donate JPY1,000 to two children charities in Cambodia ー “Cambodian Children’s Fund” and “Globe Jungle/CCMA (Cambodia’s Children Make The Heaven Association)” for a good cause.

With your kindness, Buy A Book from us and you will be able to Give the impoverished children in Cambodia a chance to have new Books to read and study!

 

※Only cash payment accepted. While stocks last.


 

「Cambodian Children’s Fund (CCF)」について

カンボジア外資系NPO団体であり、2004年にスコットランド出身のScott Neeson氏によって設立されました。カンボジアの首都プノンペンにあるSteung Meancheyという貧困率が高い地域の子ども達を支援する団体です。CCFのミッションは、「カンボジアの最も経済的に恵まれていない子ども達を未来の優秀なリーダーに育てていく」です。

 

「グローブジャングル・くっくま孤児院」について

カンボジア日系NPO団体であり、2005年に代表理事の森 絵美子氏によって設立されました。孤児院支援や学校建設、貧困家族への就労支援を行う団体です。

 

About Cambodian Children’s Fund (CCF)

Cambodian Children’s Fund is a non-profit organization, founded in 2004 by Scott Neeson to aid children in Steung Meanchey, one of the poorest areas in Cambodia’s capital Phnom Penh. Its mission is, “Transforming the most impoverished children into tomorrow’s leader.”

 

About Globe Jungle/CCMA (Cambodia’s Children Make The Heaven Association)

Globe Jungle is a non-profit organization, founded in 2005 by Emiko Mori, to provide support to orphanages, impoverished children and families in Cambodia through building of schools and employment support.

 

Link・リンク

 

新型コロナウイルス関連 カンボジアへの入国制限の改定について (2020年11月18日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement During Covid-19 (Effective 18 Nov 2020)

標題につきまして、新しい情報を追加いたしましたので、下記のPDFをご参考ください。

With regards to subject mentioned, we have add on new information. Please refer to below updated PDF.

改定のポイント・Revision Pointer(s):

⇒ お支払保証証明書の申請に関しては、カンボジアで14日間以内滞在の外国人ビジネス渡航者のみとなります。

⇒ Sponsorship application only for foreign business travellers with stay of 14 days or less in Cambodia.

 


2020年11月11日、カンボジア保健省より、コロナ下でのカンボジアへの渡航ついて、一部の入国制限及び「支払い保証」を改定する旨通知がありました。2020年11月18日より有効です。詳しくは、下記のPDFをご確認ください。

 

On 11 November 2020, Cambodia’s Ministry of Health has announced of a new revision made to some of the entry requirements and the implementation of the Sponsorship Mechanism, for travellers going into Cambodia during Covid-19 period. The revision will go into effect from 18 November 2020. Please refer to below PDF for more information.

 


改定のポイント:

  1. 外国人渡航者に関しましては、以前の4つカテゴリーから、「支払保証のある外国人ビジネス渡航者」及び「一般的な外国人ビジネス渡航者」の2つカテゴリーとなります。
  2. 支払保証者となるカンボジアの会社は、申請する際、同時に外国人渡航者の14日間滞在活動計画書を登録する必要があります。
  3. カンボジア入国前のホテル予約(PCR検査結果待機のため)が必要なくなります。
  4. 支払保証のある外国人渡航者は、カンボジア到着後のPCR検査で結果が陰性、かつ同じ飛行機で到着した渡航者に陽性者がいない場合、強制隔離なしで、事前に申請した14日間の活動計画書に従い行動することが可能です。
  5. 一般的な外国人渡航者は、カンボジア到着後のPCR検査の結果が陰性・陽性に関わらず、14日間の強制隔離が必要となります。

Revision pointers

  1. With regards to Foreign Business Travellers, from the 4 categories previously, it has been reduced to 2 categories ー “Foreign business travellers with sponsorship” and “General foreign business travellers”.
  2. The sponsor company in Cambodia, is required to submit a 14-day activity schedule of the business traveller, during sponsorship application.
  3. Hotel reservation (to await PCR test result) before departure is no longer required.
  4. Business travellers who are sponsored, can carry out activities as per their 14-day activity schedule submitted without mandatory quarantine, if tested negative and have no same flight passengers tested negative.
  5. General business travellers are subjected to 14-day mandatory quarantine after arrival, regardless if tested negative or positive.

 

11/18「Withコロナ時代のカンボジアの最新政治・経済情勢とビジネス環境」講演会

2020年11月18日(水)、当館スタッフが、東京の衆議院第一議員会館・大会議室で開催されました「Withコロナ時代のカンボジアの最新政治・経済情勢とビジネス環境」講演会に出席いたしました。

 

元々の会場定員は300名ですが、新型コロナウイルス感染防止のための人数制限を設けたため、100名のみの参加となりました。講演会は、一般社団法人日本カンボジア協会の高橋文明会長のご挨拶から始まりました。その後、在日本カンボジア王国大使館のウン・ラチャナ特命全権大使と、日本カンボジア友好議員連盟の今村雅弘会長がそれぞれ登壇され、挨拶されました。

 

その後の講演会では、4名の講師(カンボジア人1名、日本人3名)の方々が、「カンボジアの現状と未来」、「コロナ禍のカンボジア経済状況」、「カンボジア投資・ビジネスチャンス」などのテーマについて講演されました。カンボジアと日本の友好関係は、およそ400年前から始まりました。1953年の外交関係樹立以降、カンボジアの経済は目覚ましい成長を遂げてきました。今般のコロナ禍でカンボジアの経済状況は厳しくなりましたが、来年以降はV字回復が期待されています。また、今後のカンボジアでの新規ビジネスの開発に関しましては、メリット・デメリットはありますが、カンボジアの市場規模を鑑みると、ビジネス設立には中小企業のほうが有利である、とのことでした。

 

現在、世界中で新型コロナウィルスが感染拡大しており、経済の先行きは依然不透明です。早期の経済回復を目指し、日本・カンボジア間のビジネストラックが一刻も早く運用開始できるよう、引き続き感染防止策を徹底していく必要があります。

Photo credit: Royal Embassy of Cambodia in Tokyo

在外カンボジア国民の帰国について

About Requirement for Cambodian Citizens Returning To Cambodia

(English report follows after Japanese)

下記内容は、カンボジア外務省及び在日本カンボジア王国大使館に確認済みの情報です。

 

① 在外カンボジア国民(カンボジアのパスポートをお持ちの方)がカンボジアへ帰国する際には、「出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書」、「Forte新型コロナウイルス保険のオンライン購入」及び「USD2,000のデポジット」は必要ないとのことです。しかし、カンボジア入国後は、海外からの渡航者と同じく、PCR検査そしてPCR検査の結果による隔離(強制・自主)が必要となります。

 

② カンボジア国民ではありますが、他国のパスポート(と共に”K”ビザ)をお持ちの方は、「Forte新型コロナウイルス保険のオンライン購入」及び「USD2,000のデポジット」は必要ないですが、「出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書」は必要となります。カンボジア入国後は、海外からの渡航者と同じく、PCR検査そしてPCR検査の結果による隔離(強制・自主)が必要となります

 

※情報は現地の状況により随時変更となりますので、大使館や各名誉領事のHPをご覧いただくか、直接お問い合わせ下さいますようお願いいたします。

※航空会社が独自の基準を設けている場合もございます。詳細については各自でご確認をお願いいたします。

 

なお、下記にカンボジア人留学生が記した、マレーシアからカンボジアへの帰国経緯の記事があります。ご参考まで。

My Experience in a Quarantine Camp in Cambodia

※上記情報は、必ず皆様に当てはまる訳ではなく、一例となっておりますことをご了承ください。


 

Below is the information gathered from Cambodia’s Ministry of Foreign Affairs & International Cooperation (MFAIC) and Royal Embassy of Cambodia in Japan.

 

① For Cambodian citizens (Cambodia passport holders) returning to Cambodia, “Pre-flight Covid-19 Test/Medical Certificate Issued Within 72 Hours Prior to Departure”, “Online Purchase of Forte Covid-19 Insurance” and “USD2,000 Deposit” are not required. However, like foreigners entering Cambodia, after arrival, the taking of PCR Test and 14-day quarantine (self/compulsory) depending on PCR test result are required.

 

② For Cambodian citizens (Holders of a foreign passport or “K” Visa), “Online Purchase of Forte Covid-19 Insurance” and “USD2,000 Deposit” are not required. However, “Pre-flight Covid-19 Test/Medical Certificate Issued Within 72 Hours Prior to Departure” is required. As like foreigners entering Cambodia, after arrival, the taking of PCR Test and 14-day quarantine (self/compulsory) depending on PCR test result are required.

※Above information may be subjected to changes. We advise to check the webpage of Embassy/Honorary Consulates for updates and contact directly if necessary.

※Certain airlines may have their own set of requirement as well, hence we advise to do a check with them before booking.

 

Do also check out the below blog post by a Cambodian student about his experiences when returning to Cambodia from Malaysia.

My Experience in a Quarantine Camp in Cambodia

※The same case may not applies to everyone and just an example for referencing. We seek for your kind understanding in this.

 


参考文献・Reference:

  1. カンボジア外務省 Ministry of Foreign Affairs & International Cooperation in Cambodia, https://www.mfaic.gov.kh/covid-19
  2. 在日本カンボジア王国大使館 Royal Embassy of Cambodia in Japan, http://www.cambodianembassy.jp/
  3. R.S, “My Experience In A Quarantine Camp In Cambodia”, 19 July 2020, https://sratanakh.wordpress.com/
  4. The Cambodia Daily, “Cambodians Allowed To Return Home Without Covid-19 Free Certificates”, 28 May 2020, https://english.cambodiadaily.com/health/cambodians-allowed-to-return-home-without-covid-19-free-certificates-164702/