Topics トピックス

新型コロナウィルス関連 カンボジア入国時の防疫措置について

カンボジア入国に際しまして、カンボジアでは以下の通り新たな検査体制が導入されております。

(5月20日より発効)

 

1. カンボジアに入国する全ての渡航者(カンボジア人を含む)は,到着時に検査を受けるとともに、検査の結果が出るまでの間、カンボジア政府が指定する場所で待機する必要があります。

 

2. 検査の結果、同一フライト等の乗客の中に1人でも陽性者が確認された場合は、その乗客全員が、カンボジア当局が指定した施設での14日間の隔離対象となります。

 

3. 同一フライト等の乗客全員の陰性が確認された場合は、地元当局及び保健当局等の観察下において、自宅等での14日間の自主隔離が求められるとともに、隔離13日目に再度検査を受けなければなりません。

 

 

なお、これまで求められておりました以下の要件も、引き続き有効です。

 

・ カンボジアに向けての渡航の72時間前以内に日本の保健当局などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書を提示しなくてはならない。

 

・ 保険額が5万米ドル以上の保険証書を提示しなくてはならない。

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染拡大によるカンボジアへの入国制限が延長されました

既に当館ホームページにてお知らせしております以下の入国制限が、引き続き継続となる旨、在日本カンボジア王国大使館より通知がありました。

 

 

1.  イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、アメリカ、イランから入国を希望する外国人(日本人を含む)に対する一時入国禁止。

2.   観光ビザ,e-visa,アライバルビザの発行停止。

3.  カンボジアに向けての渡航の72時間前以内に、日本の保健当局から発行された新型コロナウィルスに感染していないことを証明する健康診断書(英文)の提示。

4.  保険額が5万米ドル以上の保険証書(英文)の提示。

5.  入国時に健康診断やスクリーニングの受診要。さらに、カンボジア保健省の指示による強制隔離、検疫、又はウイルスの予防と封じ込め のためのその他の措置の対象となる。

 

 

上記制限は、カンボジア保健省及びWHOが新型コロナウィルスの感染が収束したと評価するまでの期間有効となります。

 

 

 

Consular Annoucement

セミナーのご案内

セミナーのご案内です。

 

2020年01月23日 (14:00~16:30)にてアンコール・ワットで大変有名なシェムリアップ州のティア・セイハ知事が”シェムリアップ州 環境・観光ビジネスセミナーin 大阪”と題して、セミナーを行います。

本セミナーは大阪府とJETROとの共催となっております。

当館の山田名誉領事も開会の挨拶とカンボジアにおける観光に関するお話をさせて頂きます。

ご興味のある方は是非奮ってご参加ください。

 

場所:ジェトロ大阪本部 セミナールーム
大阪市中央区安土町2丁目3-13
大阪国際ビルディング29階

 

 

 

 

 

 

カンボジア・フンセン首相ご夫妻を迎えて

2013年12月14日、東京・赤坂の迎賓館において、安倍総理とボルキア・ブルネイ 国王との共同議長の下、日・ASEAN特別首脳会議が開催され、ASEANから10カ国の首 脳が参加しました(タイは副首相が代理出席)。

日・ASEAN友好協力40周年に当たる本年、東南アジア諸国との関係を重視する安倍 総理は対ASEAN外交5原則を発表し、11月に加盟10か国すべての訪問を終え、今回の 特別首脳会議はその集大成となりました。
首脳会談後、カンボジアのフンセン首相ご夫妻は12月16日(月)に関西入り。 京都ホテルオークラで催された経済産業省主催昼食会に、フンセン首相やホー・ナムホン 副首相兼外務国際協力大臣、ホー・モニロット駐日大使らとともに当館の山田英男名誉領 事が出席し、関西財界関係者との交流を深めました=写真。

 

SONY DSC