Topics トピックス

新型コロナウイルス関連 カンボジアへの入国制限の改定について (2020年11月18日発効)

Revision to Cambodia’s Entry Requirement During Covid-19 (Effective 18 Nov 2020)

標題につきまして、新しい情報を追加いたしましたので、下記のPDFをご参考ください。

With regards to subject mentioned, we have add on new information. Please refer to below updated PDF.

改定のポイント・Revision Pointer(s):

⇒ お支払保証証明書の申請に関しては、カンボジアで14日間以内滞在の外国人ビジネス渡航者のみとなります。

⇒ Sponsorship application only for foreign business travellers with stay of 14 days or less in Cambodia.

 


2020年11月11日、カンボジア保健省より、コロナ下でのカンボジアへの渡航ついて、一部の入国制限及び「支払い保証」を改定する旨通知がありました。2020年11月18日より有効です。詳しくは、下記のPDFをご確認ください。

 

On 11 November 2020, Cambodia’s Ministry of Health has announced of a new revision made to some of the entry requirements and the implementation of the Sponsorship Mechanism, for travellers going into Cambodia during Covid-19 period. The revision will go into effect from 18 November 2020. Please refer to below PDF for more information.

 


改定のポイント:

  1. 外国人渡航者に関しましては、以前の4つカテゴリーから、「支払保証のある外国人ビジネス渡航者」及び「一般的な外国人ビジネス渡航者」の2つカテゴリーとなります。
  2. 支払保証者となるカンボジアの会社は、申請する際、同時に外国人渡航者の14日間滞在活動計画書を登録する必要があります。
  3. カンボジア入国前のホテル予約(PCR検査結果待機のため)が必要なくなります。
  4. 支払保証のある外国人渡航者は、カンボジア到着後のPCR検査で結果が陰性、かつ同じ飛行機で到着した渡航者に陽性者がいない場合、強制隔離なしで、事前に申請した14日間の活動計画書に従い行動することが可能です。
  5. 一般的な外国人渡航者は、カンボジア到着後のPCR検査の結果が陰性・陽性に関わらず、14日間の強制隔離が必要となります。

Revision pointers

  1. With regards to Foreign Business Travellers, from the 4 categories previously, it has been reduced to 2 categories ー “Foreign business travellers with sponsorship” and “General foreign business travellers”.
  2. The sponsor company in Cambodia, is required to submit a 14-day activity schedule of the business traveller, during sponsorship application.
  3. Hotel reservation (to await PCR test result) before departure is no longer required.
  4. Business travellers who are sponsored, can carry out activities as per their 14-day activity schedule submitted without mandatory quarantine, if tested negative and have no same flight passengers tested negative.
  5. General business travellers are subjected to 14-day mandatory quarantine after arrival, regardless if tested negative or positive.

 

カンボジア「11.3事件」について

昨日、現在自主隔離中のフン・セン首相が、自身のフェイスブックページで「11.3(11月3日)事件」について言及されました。

「11.3事件」とはどういった事件なのか、まだご存知ない方のために、経緯についてご説明いたします。


 

2020年11月3日(火)

ハンガリーのピーター・シーヤールトー外務大臣が、ハンガリー大使館の開設式に出席するため、カンボジアを訪問しました。会場で、フン・セン首相、プラック・ソコン外務大臣をはじめとする高官と会談しました。

 

2020年11月4日(水)

ピーター・シーヤールトー外務大臣がタイを訪れた際に、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

そのニュースが発表された後、カンボジア外務省は、前日ピーター・シーヤールトー外務大臣と接触したすべての人々(カンボジア首相や外務大臣を含む)及び開設式の出席者などに対し、PCR検査と自主隔離を要請しました。直接または間接の接触者数はおよそ900人以上にのぼるとのことです。

 

2020年11月8日(日)

ハンガリー外務大臣の警護として派遣されていたカンボジア人男性1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。同日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、カンボジア教育・青年・スポーツ省は、プノンペンとカンダル州にあるすべての公立・私立学校を2週間閉鎖すると発表しました。また、カンボジア保健省も、全国の娯楽施設(カラオケ、バー、クラブ、映画館、博物館など)を一時的に閉鎖すると発表しました。

 

2020年11月9日(月)

カンボジア保健省は、在カンボジアハンガリー大使館の大使とカンボジア高官2名が新型コロナウイルスに感染していることを発表しました。結果、本日現在のカンボジアの新型コロナウイルス感染者数は300人となりました。


 

今回の事件の経緯はご理解いただけましたでしょうか。今後、カンボジアへ渡航予定のビジネスマン、そしてカンボジア在住の日本人の皆様方には、改めてしっかりとした新型コロナウイルスの感染予防策を講じていただくようお願いいたします。マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを遵守し、そして密になる場所への不要不急の外出はお控えください。やむを得ず外出をされる場合には、念のため、訪問先及び接触した方の情報を記録しておかれることをおすすめいたします。

 

新型コロナウイルスに感染された方の一日も早いご回復とともに、新型コロナウィルスの早期の終息を心よりお祈り申し上げます。

 


参考文献:

 

コロナ下でのカンボジアへの渡航について (更新)

Travelling to Cambodia During Covid-19 (Revised)

このたび、以前お知らせいたしました情報に一部変更がございました。変更詳細は以下の通りとなります。ご参考まで、新旧PDFも併せてご確認ください。

隔離期間の第13日目に、2回目のPCR検査を受けなければなりません。(カンボジア到着日が第1日目 0日目となります)

This is to inform of the below change and PDF document has been updated accordingly.

Undertake a second PCR test on the 13th day of quarantine period (Arrival date in Cambodia is counted as Day 1 Day 0)

 


Photo credit: Megson FitzPatrick

残念ながら、カンボジアへ観光目的で渡航することはまだ出来ません。ですので、これから提供する情報は、カンボジアへ渡航される外国人ビジネスマン向けの情報です。カンボジアへの入国制限が度々変更されることにイライラしたりし、手元にある情報が正しいか不安に感じられるかもしれませんが、そのような問題を解決するための一助として、重要な注意事項・やるべきことを以下に紹介しようと思います。

Don’t get us wrong but travelling to Cambodia for sightseeing is still not possible. Hence, the following information that we are going to provide is for Foreign Business Travellers to Cambodia only. We understand how some of you might be feeling frustrated over the frequent changes to entry requirement, and perhaps get confused over the accuracy of the information received. That’s why we are here to provide some important Dos & Don’ts and tips that may be able to help make your business trip to Cambodia a smooth and trouble-free one.

 

 

在外カンボジア国民の帰国について

About Requirement for Cambodian Citizens Returning To Cambodia

(English report follows after Japanese)

下記内容は、カンボジア外務省及び在日本カンボジア王国大使館に確認済みの情報です。

 

① 在外カンボジア国民(カンボジアのパスポートをお持ちの方)がカンボジアへ帰国する際には、「出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書」、「Forte新型コロナウイルス保険のオンライン購入」及び「USD2,000のデポジット」は必要ないとのことです。しかし、カンボジア入国後は、海外からの渡航者と同じく、PCR検査そしてPCR検査の結果による隔離(強制・自主)が必要となります。

 

② カンボジア国民ではありますが、他国のパスポート(と共に”K”ビザ)をお持ちの方は、「Forte新型コロナウイルス保険のオンライン購入」及び「USD2,000のデポジット」は必要ないですが、「出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書」は必要となります。カンボジア入国後は、海外からの渡航者と同じく、PCR検査そしてPCR検査の結果による隔離(強制・自主)が必要となります

 

※情報は現地の状況により随時変更となりますので、大使館や各名誉領事のHPをご覧いただくか、直接お問い合わせ下さいますようお願いいたします。

※航空会社が独自の基準を設けている場合もございます。詳細については各自でご確認をお願いいたします。

 

なお、下記にカンボジア人留学生が記した、マレーシアからカンボジアへの帰国経緯の記事があります。ご参考まで。

My Experience in a Quarantine Camp in Cambodia

※上記情報は、必ず皆様に当てはまる訳ではなく、一例となっておりますことをご了承ください。


 

Below is the information gathered from Cambodia’s Ministry of Foreign Affairs & International Cooperation (MFAIC) and Royal Embassy of Cambodia in Japan.

 

① For Cambodian citizens (Cambodia passport holders) returning to Cambodia, “Pre-flight Covid-19 Test/Medical Certificate Issued Within 72 Hours Prior to Departure”, “Online Purchase of Forte Covid-19 Insurance” and “USD2,000 Deposit” are not required. However, like foreigners entering Cambodia, after arrival, the taking of PCR Test and 14-day quarantine (self/compulsory) depending on PCR test result are required.

 

② For Cambodian citizens (Holders of a foreign passport or “K” Visa), “Online Purchase of Forte Covid-19 Insurance” and “USD2,000 Deposit” are not required. However, “Pre-flight Covid-19 Test/Medical Certificate Issued Within 72 Hours Prior to Departure” is required. As like foreigners entering Cambodia, after arrival, the taking of PCR Test and 14-day quarantine (self/compulsory) depending on PCR test result are required.

※Above information may be subjected to changes. We advise to check the webpage of Embassy/Honorary Consulates for updates and contact directly if necessary.

※Certain airlines may have their own set of requirement as well, hence we advise to do a check with them before booking.

 

Do also check out the below blog post by a Cambodian student about his experiences when returning to Cambodia from Malaysia.

My Experience in a Quarantine Camp in Cambodia

※The same case may not applies to everyone and just an example for referencing. We seek for your kind understanding in this.

 


参考文献・Reference:

  1. カンボジア外務省 Ministry of Foreign Affairs & International Cooperation in Cambodia, https://www.mfaic.gov.kh/covid-19
  2. 在日本カンボジア王国大使館 Royal Embassy of Cambodia in Japan, http://www.cambodianembassy.jp/
  3. R.S, “My Experience In A Quarantine Camp In Cambodia”, 19 July 2020, https://sratanakh.wordpress.com/
  4. The Cambodia Daily, “Cambodians Allowed To Return Home Without Covid-19 Free Certificates”, 28 May 2020, https://english.cambodiadaily.com/health/cambodians-allowed-to-return-home-without-covid-19-free-certificates-164702/

 

PCR検査のWEB予約開始(経済産業省より)

本日、2020年10月8日より、海外へビジネス目的の渡航者を対象に、WEBにてPCR検査の予約システムが開始されました。

 

詳細は、下記日本経済産業省の特定サイトをご覧ください。https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/top.html

 

参考文献:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201008/k10012652851000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

 

新型コロナウィルスの陰性証明書について (出発前)

About Health Certificate Indicating Covid-19 Negative Status (Pre-departure)

(Notice in English follows after Japanese)

2020年9月7日、カンボジア民間航空庁より、新型コロナウィルスの陰性証明書について、下記の通り新しい条件となる旨通知がありました。

 

A) すべての外国人渡航者は、出国72時間以内に自国の病院等から、唾液を用いたPCR検査ではなく、鼻咽頭スワブによるPCR検査の陰性証明書の発行を受けなければなりません。

 

B) カンボジア入国時に、自国の病院等で発行された署名及び病院印が押印された有効な陰性証明書原本を検疫官に提示しなければなりません。

 

C) 上記 (A)、(B)の要件を満たさない場合は、自己及び航空会社の責任において、強制送還の対象となります。


 

On 7 September 2020, the State Secretariat of Civil Aviation (SSCA) of the Kingdom of Cambodia announces a new change to the requirement for Health Certificate indicating Covid-19 negative status, as per below notice.

 

 

 

大韓航空、関空~仁川便9月9日より再運航

Reinstatement of Korean Air Flight From Osaka KIX to Seoul Incheon

大韓航空は、今年4月以来新型コロナウイルスによる運休中の関空~ソウル(仁川空港)便について、2020年9月9日より再運航を発表しました。それに伴い、ソウル(仁川空港)を経由して、カンボジア・プノンペン空港へ渡航することも可能になりました。

運行スケジュールは下記の通りです。

 

大阪 (関空) → ソウル(仁川)

  • 9月9日 KE724 関空12:25発 - ソウル 14:15 着
  • 9月16日 KE724 関空 12:25発 - ソウル 14:15 着

乗継便:ソウル (仁川) → プノンペン

  • KE689 仁川 18:40発 - プノンペン22:10着

※ 仁川空港にて当日乗継、当日カンボジア・プノンペン空港に到着が可能です。

 

詳細につきましては、下記よりご確認ください。

https://www.koreanair.com/global/ja/about/news/travel_info/2020_06_26J.html

(大韓航空ホームページ)

 


Flight from Osaka Kansai International Airport to Seoul Incheon International Airport will be reinstated from 9 September 2020, as announced by Korean Air. The Osaka-Seoul flight was suspended from April this year due to the outbreak of Covid-19 pandemic.

 

With that, travellers will be able to use Incheon Airport as a transit point to travel to Phnom Penh, Cambodia.

Flight schedule as per below:

Osaka (KIX) → Seoul (ICN)

  • 9 Sep 2020, KE724, KIX 12:25 - ICN 14:15
  • 16 Sep 2020, KE724, KIX 12:25 - ICN 14:15

Transit Flight:Seoul (ICN) → Phnom Penh (PNH)

  • KE689, ICN 18:40 - PNH 22:10

※ Same day transit in Incheon Airport and same day arrival in Phnom Penh Airport.

 

For more details , please refer to Korean Air website.

https://www.koreanair.com/global/ja/about/news/travel_info/2020_06_26J.html

 


参考文献・Reference(s):

 

東南アジア5カ国に対しシンガポールでの乗り継ぎ規制が緩和

2020年9月1日より、カンボジアを含め、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムの5カ国は、シンガポールを経由して渡航することが可能になります。ただし、乗り継ぎはSIAグループ(シンガポール航空、シルクエアー、スクート)間のみです。他の航空会社のフライトとの乗り継ぎは不可です。

 

また、往復フライトを予約する際、出国地及び入国地は、承認されている国・地域のみとなりますので、ご注意ください。※大阪(KIX)とプノンペン(PNH)は承認リストに入っています。

 

承認される国・地域については、以下のリンクでご確認ください。

https://www.singaporeair.com/saar5/pdf/media-centre/200818TableforCitiesApprovedforTransit.pdf

 

なお、シンガポール・チャンギ国際空港では乗り継ぎで利用する乗客とそれ以外の乗客で手順が異なります。詳細は、下記シンガポール航空会社のホームページでご確認ください。

https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/travel-info/transit-through-singapore/


参考文献:

  1. Khmer Times https://www.khmertimeskh.com/50755774/cambodia-among-five-sea-nations-allowed-transit-in-singapore/
  2. Singapore Airlines https://www.singaporeair.com/en_UK/sg/media-centre/news-alert/?id=kataac8r

新型コロナウイルス関連 カンボジアへの入国制限の変更について

Revision of Entry Requirements for Foreign Travellers to Cambodia

(Notice in English follows after Japanese)

カンボジアへの外国人渡航者に対して、入国手続を簡易にするため、カンボジア政府(Royal Government of Cambodia、以下RGC)は入国手続についてSponsorship Mechanismを導入するとカンボジア保健省(the Ministry of Health、以下MOH)が発表しました。対象者は以下の4つのカテゴリーに分けられます。

 

(A) 外国人渡航者のうち、投資家・ビジネスパーソン・会社員・専門職・熟練労働者・技術者及び家族であり、入国に関する支払いについて会社の保証がある場合

 

(B) 外国人渡航者のうち、投資家・ビジネスパーソン・会社員・専門職・熟練労働者・技術者及び家族であり、入国に関する支払いについて会社の保証はないが、招へいがある場合

 

(C) 外国人渡航者のうち、投資家・ビジネスパーソン・会社員・専門職・熟練労働者・技術者及び家族であり、入国に関する支払いについて会社の保証も、招へいもない場合

 

(D) 繰り返しカンボジアを訪問している外国人渡航者

 


(A) 入国に係る支払いに対して会社からの保証がある場合

 

  • カンボジアに向けて出発前

以下の書類の取得が必要となります:

 

1) RGC発行の「支払い保証証明書」(Validation Certificate on Payment Guarantee)

→「支払い保証証明書」の発行には、現在カンボジアで運営している会社の最高経営責任者、あるいは出資者などからの保証が必要です。保証者となる会社はRGCのビジネス登録ウェブサイト(www.registrationservices.gov.kh)、 カンボジア開発評議会のウェブサイトに掲載されているURL(www.cdc.gov.kh)、またはMOHのウェブサイト(www.cdcmoh.gov.kh)を通じて、オンラインで資格申請をする必要があります(審査所要期間:1日程度)。許可が下り次第、RGCは「支払い保証証明書」を発行します。在外カンボジア大使館、もしくは名誉領事館にてビザを申請する際及びカンボジア入国の際に提出して下さい。

 

2) ホテルのオンライン予約票 (Proof of Online Booking)

カンボジア到着後、PCR検査の結果が出るまで待機するホテルを予約する必要があります。カンボジアへ渡航する少なくとも3日前までに2泊の宿泊予約をして下さい。ホテルの料金には、2泊分の宿泊費、2日分の食事代、最初のPCR検査費、空港からホテルまでの交通費が含まれています。

MOH指定のホテルとホテル料金は以下の通り。

 

<Sokha Hotel Phnom Penh>

費用合計:USD385(USD220の宿泊費、USD60の食事費、USD105のPCR検査費と交通費)

住所:Keo Chenda (St.), Sangkat Chroy Changva, Khan Chroy Changva, Phnom Penh

電話番号:(+855)(0)23 685 8888

ウェブサイト: www.sokhahotels.com

 

<TIAN YI international Hotel>

費用合計:USD315(USD150の宿泊費、USD60の食事費、USD105のPCR検査費と交通費)

住所:112, Russian Blvd, Sangkar Teuk Thla, Khan Sen Sok Phnom Penh, Cambodia, Sen Sok, Phnom Penh, Cambodia

電話番号:(+855)(0)88 338 2333

ウェブサイト: www.tianyihotels.com

 

3) 在外カンボジア大使館、もしくは領事館で発給された有効なビザ。

 

4) カンボジアに向けて出発の72時間以内に自国の保健局などから発行された新型コロナウイルスの陰性証明書(英文)。

 

  • カンボジア到着後

 

1) 有効なビザ、出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書、支払い保証証明書、ホテルのオンライン予約票を提出して下さい。

2) 上記書類の確認後、PCR検査を受けていただきます。特別に設置された「優先レーン」(Special Priority Lane)が利用できます。その後、予約されたホテルまで送迎いたします。

 

  • その他

1) 渡航者が「14日間の強制隔離」を必要となった場合、すべての費用は保証会社が支払うことになります。保証会社がするべきことは

- 滞在7日目までに、ホテルに対して請求書に基づき14日間の滞在にかかる費用すべてを支払わなければならない。

- MOHに対して、隔離14日目に実施されるPCR検査費用を支払わなければならない。

 

2) カンボジア滞在中、渡航者が新型コロナウイルスに感染した場合、保証会社は、渡航者が完全に回復するまですべての医療費を支払わなければなりません。

 

3) 保証会社は、カンボジアの法律に則り、MOHと協力の上、渡航者の滞在を援助しなければなりません。


(B) 外国人渡航者のうち、投資家・ビジネスパーソン・会社員・専門職・熟練労働者・技術者及び家族であり、入国に関する支払いについて会社の保証はないが、招へいがある場合

 

  • カンボジアに向けて出発前

以下の書類の取得が必要となります:

 

1) RGC発行の「招へい証明書」(Validation Certificate of Invitation)

→「招へい証明書」の発行には、現在カンボジアで運営している会社の最高経営責任者、あるいは出資者などからの招へいが必要です。招へいする会社はRGCのビジネス登録ウェブサイト(www.registrationservices.gov.kh)、 カンボジア開発評議会のウェブサイト(www.cdc.gov.kh)、またはMOHのウェブサイト(www.cdcmoh.gov.kh)を通じて、オンラインで資格申請をする必要があります(審査所要期間:1日程度)。許可が下り次第、RGCは「招へい証明書」を発行します。在外カンボジア大使館、もしくは名誉領事館にてビザを申請する際及びカンボジア入国の際に提出して下さい。

 

2) ホテルのオンライン予約票 (Proof of Online Booking)

カンボジア到着後、PCR検査の結果が出るまで待機するホテルを予約する必要があります。カンボジアへ渡航する少なくとも3日前までに2泊の宿泊予約をして下さい。ホテルの料金には、2泊分の宿泊費、2日分の食事代、最初のPCR検査費、空港からホテルまでの交通費が含まれています。

MOH指定のホテルとホテル料金は以下の通り。

 

<Sokha Hotel Phnom Penh>

費用合計:USD385(USD220の宿泊費、USD60の食事費、USD105のPCR検査費と交通費)

住所:Keo Chenda (St.), Sangkat Chroy Changva, Khan Chroy Changva, Phnom Penh

電話番号:(+855)(0)23 685 8888

ウェブサイト: www.sokhahotels.com

 

<TIAN YI international Hotel>

費用合計:USD315(USD150の宿泊費、USD60の食事費、USD105のPCR検査費と交通費)

住所:112, Russian Blvd, Sangkar Teuk Thla, Khan Sen Sok Phnom Penh, Cambodia, Sen Sok, Phnom Penh, Cambodia

電話番号:(+855)(0)88 338 2333

ウェブサイト: www.tianyihotels.com

 

3) 新型コロナウイルス保険購入の証明書

渡航者は新型コロナウイルス保険のオンライン購入が必要です。USD90の保険料で、20日間有効です。FORTE Insurance Companyにて購入可能です。https://www.forteinsurance.com/covid-19-insurance/

 

4) 在外カンボジア大使館、もしくは領事館で発給された有効なビザ

 

5) カンボジアに向けて出発の72時間以内に自国の保健局などから発行された新型コロナウイルスの陰性証明書(英文)。

 

  • カンボジア到着後

1) 有効なビザ、出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書、招へい証明書、ホテルのオンライン予約票、新型コロナウィルス保険証明書を提出して下さい。

 

2) USD2,000のデポジットが必要です。デポジットからホテル滞在費用・PCR検査費用・空港からホテルまでの交通費・14日間の強制隔離になった場合の費用が支払われます。

 

3) 上記書類の確認後、PCR検査を受けていただきます。特別に設置された「優先レーン」(Special Priority Lane)が利用できます。その後、予約されたホテルまで送迎いたします。


(C) 外国人渡航者のうち、投資家・ビジネスパーソン・会社員・専門職・熟練労働者・技術者及び家族であり、入国に関する支払いについて会社の保証も、招へいもない場合

 

  • カンボジアに向けて出発前

以下の書類の取得が必要となります:

 

1) 新型コロナウイルス保険購入の証明書

渡航者は新型コロナウイルス保険のオンライン購入が必要です。USD90の保険料で、20日間有効です。FORTE Insurance Companyにて購入可能です。https://www.forteinsurance.com/covid-19-insurance/

 

2) 在外カンボジア大使館、もしくは領事館で発給された有効なビザ

 

3) カンボジアに向けて出発72時間以内に自国の保健局などから発行された新型コロナウイルスの陰性証明書(英文)。

 

  • カンボジア到着後

1) 有効なビザ、出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書、新型コロナウイルス保険証明書を提出することが必要です。

 

2) USD2,000のデポジットが必要です。デポジットからホテル滞在費用・PCR検査費用・空港からホテルまでの交通費・14日間の強制隔離になった場合の費用が支払われます。


(D) 繰り返しカンボジアを訪問している外国人渡航者

 

  • カンボジアに向けて出発前

以下の書類の取得が必要となります:

 

1) 新型コロナウイルス保険購入の証明書

渡航者は新型コロナウイルス保険の購入が必要です。USD90の保険料で、20日間有効です。FORTE Insurance Companyにて購入可能です。https://www.forteinsurance.com/covid-19-insurance/

 

2) 在外カンボジア大使館、もしくは領事館で発給された有効なビザ

 

3) カンボジアに向けて出発の72時間以内に自国の保健局などから発行された新型コロナウイルスの陰性証明書(英文)。

 

  • カンボジア到着後

1) 有効なビザ、出発72時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書、新型コロナウイルス保険証明書を提出することが必要です。

 

2) USD2,000のデポジットが必要です。デポジットからホテル滞在費用・PCR検査費用・空港からホテルまでの交通費・14日間の強制隔離になった場合の費用が支払われます。

 


With effect from 4 August 2020, there has been a revision to entry requirement for foreign travellers to Cambodia. Kindly refer to below link for more information:

Royal Embassy of Cambodia in Japan

ថ្ងៃទី ០៤ ខែសីហា ឆ្នាំ២០២០៖ ការកែសម្រួលលក្ខខណ្ឌធ្វើដំណើររបស់ជនបរទេសមកកាន់ប្រទេសកម្ពុជា

新型コロナウィルス関連 カンボジア入国時の防疫措置で生じる費用の自己負担について

カンボジア保健省より、6月11日以降カンボジアに到着する外国人渡航者を対象に、防疫措置で生じる費用を自己負担とする旨通告がありました。

 

費用の支払いに充てるため、カンボジア到着時に指定された銀行に最低3,000米ドルをデポジットとして預け入れなければならないとのことです(現金、クレジットカード、デビッドカードにて支払い)。費用詳細は下記のとおりです。

 

 

Ⅰ. COVID-19の検査結果を待機センターで待つ渡航者に対する費用
項目 詳細 費用
1 空港から待機センターへの移動費 1人5米ドル(片道)
2 検査費 1人1回100米ドル
3 政府指定待機施設やホテルでの滞在費 1人1日30米ドル
4 食費(3食分) 1人1日30米ドル
Ⅱ.陽性が確認された乗客と同一フライトに搭乗し、かつ陰性と判定された渡航者に対する費用
項目 詳細 費用
1 移動費 1人5米ドル(片道)
2 ホテル又は隔離センターの滞在費 1人1日30米ドル
3 検査費 1人1回100米ドル
4 食費(3食分) 1人1日30米ドル
5 洗濯・清掃費 1人1日15米ドル
6 医療スタッフ待機費 1人1日6米ドル
7 警備費 1人1日3米ドル
Ⅲ.国立病院でのCOVID-19陽性患者の治療費
項目 詳細 費用
1 移動費 1人5米ドル(片道)
2 検査費(最低4回) 1人1回100米ドル
3 入院滞在費 1人1日30米ドル
4 治療・薬剤費 1人1日150米ドル(最高)
5 食費(3食分) 1人1日30米ドル
6 洗濯・清掃費 1人1日15米ドル
7 救急医療費 病院の既存費用のとおり
8 その他既存の慢性疾患に関する治療費 病院の既存費用のとおり
9 火葬費 1人1,500米ドル
Ⅳ.COVID-19に関連する健康診断書の発行費用
項目 詳細 費用
1 検査費 1人1回100米ドル
2 健康証明書発行費 1人1回30米ドル

 

 

なお、カンボジアでの滞在期間有効な医療保障が5万米ドル以上の保険証書の提示は引き続き求められておりますので、必ずご用意ください。

 

 

Please refer to the Notice in English at the website of Royal Embassy of Cambodia in Japan.

 

 http://www.cambodianembassy.jp/web2/?page_id=4377&lang=en